2015年5月25日

朗読劇を終えて

高松国分寺ホールで23日に開催された、朗読劇「初恋 きれいをさがして」が終了しました。

主演の木内晶子さんと西山浩二さん、演奏担当シューベルツ.com 練習風景です。

朗読劇リハ

 

 

 

 

 

 

 

あまり宣伝ができていなかったのですが、それでもたくさんの方にお越しいただきお礼を申しあげます。

前半は、ラジオ番組のモデルとなった男性介護者の森寛昭さんをゲストに「認知症の人と家族の絆」のパネルでスカッションを行いました。

森さんの話はいつも前向きで、認知症の奥様への愛情があふれて、涙をさそわれました。(会場の方も泣いていた・・・)

そしていよいよ、演出家・野村精司さん渾身の作、朗読劇の上演です。 

さすがに女優と俳優さんです!ぐんぐん物語に引き込まれていっちゃうんです。 後半に泣きながら語るシーンがあったのですが、西山さん、本当に泣いているように見えたんですけど、、、(舞台にかぶりつきで見ていたラジオスタッフが、「本当に泣いていましたよ」って言ってました)

生演奏で歌が入ったのも、見ていて気持ちよかった!

7曲も歌ってくれて、最後はあの名曲「あの素晴らしい愛をもういちど」でエンディングです。

朗読劇1

 

 

 

 

 

 

 

なんと朗読劇舞台なのに、歌のアンコールの拍手が鳴りやまず・・・花嫁を会場と一体になって合唱しました。

すごくあったかい舞台でしたよ

 

- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る