2019年2月13日

Moris iha Timor🇹🇱21

Bondia~~~~~~

東ティモールには(というか途上国にはなのかな?)

職場での報告・連絡・相談、いわゆる「ほう・れん・そう」が

皆無なのはこっちに来てすぐ分かったし

それを念頭に置いた上で活動を行っていたので

多少予定が狂おうが事前に言われていたことと違おうが

あまり気にしてませんでしたが

 

昨日、ちょっとそれはあんまりだぜ!!と思うことがありました。

 

配属されてこのかた

「今は予算が無くてロケにも出られない、新番組を作るなんて無理」

私は常々こう聞かされていました。

それでもいつか必ずと思って少しづつ番組の企画書を書いていました。

まずアイディアを出して日本語で書き起こして、

実現可能性を探っているところでした。

 

そんなとき急に。ほんと急に。

「新番組について明日部長と局長にプレゼンして。

明日しないと今年はもう番組作れないから」

って言われました。

 

「え????????????唐突すぎん??????」ってなりました。笑

 

全く聞いてない。何その情報。

 

日本語で書き起こしてはいるけど(2〜3案)

それを全て一晩でテトゥン語に訳してパワポを作って

テトゥン語でプレゼンできるようにするなんて途方もなさ過ぎる…

 

上司はどうして言ってくれなかったのだろう。

ここに来たからには何かを少しでも変えたいと思って

自分なりに考えて来たのだけれど

こんな形であっけなくチャンス逃しちゃう感じ??????

明日プレゼンしないと2019年いっぱいは作れないとか

そんなシステムなの?????!

 

言葉を選ばずに言うと、正直モチベーションゼロの同僚たち。

日々感じる温度差。

昨日の一件でちょっとやさぐれそうになった私は

まだまだあまちゃんなのだろう。

 

結局上司にお願いしたら少し待ってくれることになった。

(それも信じていいのか分からないってゆう笑)

 

 

写真は午後3時くらいのスタジオ

- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る