2018年12月17日

moris iha Timor🇹🇱13

Bonoite~~~~

ご無沙汰しております。

何をしていたかというと

山籠りをしておりました。

話せば長くなる物語…

ざっくり言うと

山のてっぺんに出張に行くことになった私。

(ティモールでは一族ごとに山に集まり

伝統儀式を行うのだが、その取材ということで参加。)

 

行ってみると、機材を背負って2時間弱の山登り(ここまでは想定の範囲内)

しかし着いてみたら

なんか想像してたんとちゃう!!!!!!

と言う本格的な山の頂上でのテント暮らし

 

 

 

 

 

まず、日本の真冬より寒い(当然満足に寝られない)

飲み水がなく、シャワーが浴びられない

トイレはヤギと牛と豚の糞まみれになりながら

少し下山しないと使えない。

雨季の夕方は毎日大雨で、

夜中ぬかるみにはまりながら何度も転びトイレを目指す、

そしてコンセントがない!(スマホの充電ができない)と言う

衝撃的な事実を現地に着いてから知り、

その上「2泊3日だよ!」と言われ行ったものの

いつの間にか3泊4日に(何の説明もなし)

そしてようやく下山できると思った4日目

「帰るのは明日になったよ!」と言う無慈悲な宣告。

そもそも2泊3日のつもりで

帰ってからの予定を公私ともに詰め込んでいたため

全てキャンセル。

シャワーがまた一日遠のいたことに絶望感しかなかったあの日。

少し気が立っていた私は出張が伸びることをJICAに連絡しようと

スマホを開いた。(顔には生気が宿っていなかったであろう)

しかしそんな私にめちゃくちゃ陽気な感じで

「ヤギの肉は美味しかったか??」

「ティモールの伝統衣装着てみないか??」

と話しかけてくるティモール人たち しかも四方八方から。

あと少してで叫びそうだった

「ちょっと今静かにして!!!!!!!!!!」って笑

 

なんておっとりしているティモールの人たち。本当に憎めない。

 

収録で少し席を外して戻ってくると

同僚が勝手に私のパソコンで充電していたり

(しかも私の充電き引っこ抜いて)

なけなしの電気をーーーーーーーーーー!!!!

とまた叫びそうになった笑

 

そしてティモールではスマホはプリペイド式で

「プルサ」と呼ばれるプリペイドカードを買って使うのだが

同僚が「俺プルサ無くなったから売って」と毎日言ってくるので

まぁ明日帰れるし余ってるのをあげよう(帰れると思ってたから)と

渡したところ、出張が伸びた事で私のプルサも底をついた。

渡したことを後悔せど、時すでに遅し。

「ってか何で出張行くこと分かってて

(しかも出張伸びるのは彼らにとってはよくあることらしいのに)

ギリギリしかプルサ持って来てないんだよーーーーー!!!」と

また叫びそうになる。

でも、そんな私をよそにいつもニコニコニコニコしている彼らを

私はやっぱり憎めない。笑

カメラマンが撮影の時いなくてドライバーがカメラを回す

(もちろん上手に撮れてはいない)

とにかくツッコミどころ満載な出張でしたが、

滅多にできない経験ができたと思っています。

 

何より、その山で儀式を行った一族が

みんな本当に良くしてくれて、

家族のように受け入れてくれて、

私にティモールでの名前もつけてくれて、

忘れられない(うん、忘れたくてもね)思い出になりました^^

 

 

今パソコンの調子が悪いので写真は後日まとめてアップします!!

Ate aban♡

 

 

 

 

 

- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る