2018年11月13日

moris iha Timor🇹🇱3

Botardi‼︎‼︎

本日の気温33度

拭いても拭いても垂れる汗

生きてる!って感じで好きです。

さて、ティモールでの生活の足はこれ!

ミクロレット(ベモ)という名の小型バス。

なぜかどのミクロレットもライブハウスぐらいの音量でヒップホップなどが流れています。重低音が身体にズンズン響くほどです笑

この、ハイエースより小さいミクロレットに乗れるだけ乗ります。

 

ちなみに、スペースが無くなるとこんな風に入り口に掴まります。

ただしやっていいのは男性だけ!

女性は危ないからダメということで、

車内に入り席がない場合は人の膝の上に座ります。

ティモール人女性が膝をたたいて「ここに乗りな!」みたいな感じで言ってくれるのですが、

ティモールの女性は本当に華奢な人が多く、座るのがためらわれます。

その為いつもほぼ空気イスです。

しかし、なんと料金はどこまで乗っても25セント!!!!!今なら日本円で28円くらい!!!!

職場までもこれに乗って通勤しています♪

またティモールの暮らしや仕事について投稿しますね!da da!!!!!!!

 

- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

moris iha Timor🇹🇱2

Bondia~~~~~~!!!

 

東ティモールの首都ディリからおはようございます。

 

先週から国営放送に配属され、

ティモール人300人の中にポツンと日本人ひとりで、

早く打ち解けるぞー!!という意気込みはどこへやら…同僚たちの話すテトゥン語が早すぎて全く会話についていけず、孤独感しか感じない毎日です!!!!笑

 

でも、これぞ協力隊に与えられた第一の関門!!!!!!ここを乗り切れば少し楽になる!!!(はず)

 

さて、先週の出来事。

テトゥン語で会議は「エンコントル」というのですが、

上司に「明日10時からエンコントルだから」と言われ、

もちろん私は10時に会議室(と思いきや場所のソファーの辺り一帯という会議に似つかわしくない場)でスタンバイ!

 

しかしながら、誰も来ない。←途上国あるあるらしい

 

しばらくして同僚数人が合流。

続くこの状態

 

 

 

 

 

 

1時間経過…

 

2時間経過…

 

ソファを立ち部屋から出て行く同僚たち。

 

言葉は分からないがとりあえずついて行く私。

 

 

 

 

 

………((((;゚Д゚)))))))ラ、ランチ!!!?

 

 

か、会議は!!!!?

 

同僚曰く「Orsida (後で)」とのこと。

 

うーーーーーーん。

郷に入っては郷に従えというものの多少困惑。

 

そして来たるOrsida

待つ私。

 

 

 

 

始まらない会議。

 

 

そして迎えた終業時刻。

 

小御門「エンコントルは、いつですか?」

上司「aban(明日)」

 

来たる「明日」会議が無かったのは言うまでもない。

 

こうしてこの「エンコントル」は幻となったのだった。

- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る