2013年8月9日

悪質商法にご用心

あすの青鬼くんのテーマのひとつです。

私は大学時代、横浜駅前を歩いていて

「アンケートにお答えいただければ無料体験!!」というエステに勧誘され、

それが終わると個室に呼ばれ

当時の私にとっては高額な化粧品を買うまで

なかなか帰らせてもらえないという事態に遭遇したことがあります。

「親に相談したいんで」というと

「あなた二十歳でしょ?もう大人なのに自分で決断できないの?」

などと言われたり、

「一人暮らし応援価格でさらに安くするから!」とそそのかされたり、

特殊な機械を使って10年後の肌状態を見せられ

「今真剣にお手入れしないとお先は真っ暗よ」などと

あの手この手で説得され、

ついには断り続けることに疲れ…

契約してしまいましたよ(-_-メ)

これも悪質商法の手口の一つに当てはまるそうです。

振り返ってみれば、自分が甘かったんだと思いますが、

私はどちらかというと断る勇気は持ち合わせているタイプだと思いますが、

そんな私も断る気持ちを削がれていくあの雰囲気…

ある種催眠や暗示のようなあの空間…

私のお財布事情を考えればかなりの痛手でした。

でももしみなさんがそんな商法に引っかかってしまったら

クーリングオフという手もあります。

まずは県の消費生活センターに相談してみてください!

 

- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る