2012年6月29日

百年の時計 2

オール香川ロケの映画「百年の時計」のロケ最終日です。

早朝に家を出て6時に三木町に集合!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑平木駅で、撮影の準備が進みます。

今日は、ことでんの電車の中のシーンを撮影しました。

私は、知事の秘書の役で、ことでんで通勤しているという設定。

ことでんに乗り込んで、電車が走っている間に撮影をします。

 

 

 

 

 

 

 

駅に停車すると休憩。 車内は、和やかなムードになります。

電車が走り始めて、

金子監督の「本番! はいっ!」movieと掛け声が掛かると

一瞬、緊張感が漂うものの・・・

あれあれ。

「ガタンゴトン~~ガタンゴトン~~」bus

何とも、長閑で、のんびりした懐かしい雰囲気に・・・。

そうそう。

これが香川らしさ。

県民に愛される「ことでん」なのですconfidentshine

この「さぬきタイム」なテンポが、なんとも素敵heart04心地いいheart01

 

 

 

 

 

 

 

撮影の合間に、お隣に座ったエキストラの男性と一緒にcamerashine

エキストラの方とも、たくさんお話できました。

「西日本放送大好き!」とおっしゃって下さった女性の方。

私のブログを読んで下さっていて、読み聞かせのアドバイスをして下さった方。

「ファンです!」とおっしゃって下さった方。

ありがとうございました!!

お名前を伺えませんでしたが、嬉しかったです!

エキストラ仲間で「百年の時計」をPRしていかなくっちゃねnotes

先日、香川食友会が開かれ、講演させていただいた折にも

私、しっかりと映画「百年の時計」のPRをさせていただきました。

10月に香川で先行公開、11月に全国公開というところでメモを取っている方もいました。

ぜひ、多くの方に見ていただきたいですね。

撮影にかかわったすべての皆様、お疲れ様でございましたconfidentheart02

大根以下でしたがcoldsweats01お世話になりました。

本当に貴重な経験をさせていただきました。

ありがとうございましたshine

では、今から夕方の「every.フライデー」のリハーサルに入りますhappy01paper

「every.フライデー」もご覧下さいね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る