2012年6月17日

映画「百年の時計」撮影中

映画「百年の時計」の撮影が、香川県庁11階の知事応接室で行われました。

浜田知事は知事役。

私は、知事の秘書役coldsweats01

 

 

 

 

 

 

数十人という大勢のスタッフがいて、現場は、張り詰めた雰囲気。

映画の撮影現場は、初めてです。

何度もテスト・テスト・本番を繰り返して、映像を重ねていく大変な仕事です。

金子監督の「オッケー」の声が響くとホッとしますconfident

私は、チョイ役もチョイ役なのですが・・・

ダンディーで優しそうな金子監督から、とても穏やかに

「”これは、面白いことになってきたぞ!”という雰囲気を振りまいてから退室して下さい。」と言われ・・・

やっては、みたものの・・・演技するというのは、難しい!!

全然できずsweat01・・・・大根以下weep

地域に貢献できるとお受けしたのですが、貢献するよりも足を引っ張っていました。

改めて俳優さんや女優さんのすごさを感じました。

ちなみに浜田知事は、声がいい!私が言うのもなんですが、とてもお上手でした。

まるで本物!!

というか本物の知事ですcoldsweats01

知事も「いや~。あんなに何度も撮影するとは、思わなかったな~。」とおっしゃっていました。

最近、知事とご一緒することが多いような・・・。

(たまたまなのですが・・・ブログに知事の出演頻度が高いcoldsweats02)

知事の秘書とは、驚きましたが、いい経験をさせていただきました。

まだ、ことでんの中でのシーンが残っています。

放送の制作現場もそうですが、モノ作りの現場は、ワクワクします。

大勢の人が、同じ目的に向かって協力するというのは、いいですね~。

この「ときめき」に似たワクワクドキドキの感覚は、大好きです。

映画「百年の時計」については、随時、ご報告していきますねshine

お楽しみにconfidentnotes

 

 

 

 

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る