2012年1月25日

後藤塗り♪

香川といえば・・・うどん!・・だけじゃない香川県です。

香川といえば・・・「漆器」です。

その技法の一つが「後藤塗」です。

今日は、ドリーマーズのロケで、

宗家 後藤盆 五代目 後藤孝子さんにお話を聴きました。

 

 

 

 

(↑左から、孝子さんのご主人と孝子さん、私、四代目昌基さんと奥様。とってもいいご家族です。)

後藤塗りは、渋みを帯びた朱の色が

時間が経つとともに光沢のある明るい色に変わっていくのが特徴で

使うことを第一の目的に作られてきました。

宗家としての伝統を受け継ぎ、五代目として修行中だという孝子さん。

笑顔がとても素敵で、気負うことなく伸びやかに自然体で取り組んでいます。

由緒ある後藤家でも孝子さんは、初めての女性後継者。

女性らしさを発揮して、コーヒーカップやパスタ皿、

デザイナーとコラボして新しいデザインの器など

新しい風を吹き込んでいます。

漆器は、もったいなくて使えない・・・と正直思っていました。

話を聴いて、そうではないことに気づきました。

器に感謝をして丁寧に扱えば、大丈夫。

丁寧に扱うようにすれば、自然と生活に品が生まれてくる。

品が生まれると生活が変わってくる。

ガサツではいけないのですねsweat01

初代の後藤太平氏は「品よく、角なく、面白く」と言って作品を作っていたそうで、

太平氏の作品は、品があって、丸みがある曲線が美しく、斬新なものばかり。

この言葉は、人生訓でもありますねconfident

品よく丸く穏やかにユーモアや遊び心を持って生きていきたいものです!

伝統を受け継ぐのは、大変なことですが、孝子さん、頑張って下さいね!

彼女がいるとパッと明るくなるような人を惹きつける魅力を持った女性です。

これからの活躍が大いに期待されますshine

今日は、大変、勉強になりました。

ありがとうございました!!

ドリーマーズtvでは、初代の貴重な作品も紹介しますよ!!

是非、ご覧下さいませ。confidentshine

 

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る