2013年5月22日

足袋(たび)型シューズ!?

こ、これは・・・すごい!! なに?これ!?

履いた時の第一声でした。

岡山県倉敷市の「岡本製甲」さんが作った足袋型シューズです。

 

 

 

 

 

 

つま先をアップで見ると・・・

 

 

 

 

 

 

 

足袋みたいでしょ。

裏から見ると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、残念ながら、見ただけでは、わかりません。

私もそうでした。

履くと目からウロコが落ちますeyeflair

軽いし、楽だし、靴を履いていない感覚なのです。

指が全部開きます。

蹴り出しに指を使えるので、スポーツ選手は、当然、速く走れるし、

外反母趾で悩む人にも評判になっているそうです。

さらに、歩き遍路をする人に絶賛されている「知る人ぞ知る 人気のシューズ」なのです。

「足袋(たび)」という日本の文化から生まれたシューズというのが、いいじゃありませんか。

このシューズを履くと軽やかに、どこまでも走れそう!

まさに、日本文化から生まれた忍者シューズ!!

大ブレイクの予感flair

岡本製甲さんは、

ゴルフに野球にプロの選手のスパイクやシューズなど、靴を作っている会社です。

あの新庄選手がオールスターで履いたシューズも!

あのプロ野球選手のも!この選手のも!

いや~、すごい会社が倉敷にあったものだ。

岡本社長の靴への、いや、足への深い想いと

元高校球児の息子さん(営業部長)陽一さんの情熱で生まれた

オリジナルの「足袋型シューズ」。

岡山から日本全国、いや、世界に発信していく商品に出会えましたnotes

ありがとうございました!!

あんまり嬉しかったので、皆様にもお知らせしておきますねconfidentshine

もしかすると 先が割れたスニーカーがスタンダードになっていくかも!!

そのくらい感激しましたheart02

早く子供用も、できるといいな~happy01

あ!詳しくは、6月2日(日)11:45~正午 「ルック」をご覧下さいませconfident

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る