2013年5月15日

日本文化を堪能

日曜日の午前11:45~放送している「ルック」のロケで

丸亀市の中津万象園に行ってきました。

早くもセミが鳴いて、いよいよ夏の到来を実感しました。

江戸時代 丸亀藩主だった京極高豊公が築いた

回遊式大名庭園です。

325年の歴史を持つ庭園を守っている 富士建設(株)の真鍋雅彦さんに

庭園を案内していただきながら

お茶室でお話を伺いました。

 

 

 

 

 

 

伊達典子プロデュサーの「やはり、日本庭園は、着物でしょう。」という

強い希望により、着物を着ました。

洋服では味わえない日本文化を堪能できましたよ♪

園内にある「石投げ地蔵様」。

願い事を書いた石を投げ上げました。

いざ、願い事と考えると思い浮かばないもので・・・。

「平和な心で過ごせますように。皆が幸せでいられますように」と書きました。

スタッフからは、「また、難しい願い事ですね~。」と苦笑されました。

園内には、樹齢600年あまりという直径15メートル以上に枝を広げた「大傘松」や

くぐると長生きできるという「門」や

高豊公の生まれ故郷である近江の琵琶湖を見立てた池を始め、

島に橋をかけ、近江八景に見立てた風景など日本文化の風情がそこかしこで感じられます。

かつては、庶民も自由に出入りして愛されていたという庭園。

今では、おいしいお食事もあり、美術館も併設されています。

是非、多くの人に訪れてほしい「香川が誇るスポット」です。

放送は、5月26日(日)午前11:45~「ルック」で!!

是非、ご覧下さいませconfidentshine

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る