2012年9月24日

百年の時計 試写会

映画「百年の時計」の完成試写会が、ワーナーマイカル高松で行われました。

 

 

 

 

 

 

この日は、早朝から10月から始まる新番組「LOOK!」(ドリーマーズの後番組です。)のロケがあり、

ダッシュで駆けつけて、滑り込みセーフ。

金丸プロデューサーの隣に座って鑑賞しました。

会場には、浜田知事(知事役で特別出演)や

大西高松市長(おじさん役?で特別出演)の姿もありました。

オール香川ロケということで、見慣れた風景が、スクリーンに次々に登場します。

香川県民必見の映画です!

木南晴夏さんとミッキー・カーチスさん主演の郷愁のハートフル・ストーリーということで、

涙がこみ上げてくるところやクスッと笑ってしまうところもあり、元気が出てくる、後味のいい映画です。

そして、路線開通100周年のことでんの魅力も満載です。

鉄道ファンも必見!!

映画を見て、私は、こんなことを感じました。

放送という映像の世界で仕事をしているので当然、知っていることなのですが、

改めて映像の可能性を感じたのです。

ワクワクドキドキしていました。

例えば、映像の中では、時空を自在に行き来することができたり、

一人一人で撮影したものが、全員が一つの車両に乗り合わせているように見せたり、

電車の扉が開くと・・・そこは、予想外の場所だったり。

本当に心が「ときめき」ましたheart04

映像の力ってすごい!

何より、この映像を作り上げた金子修介監督に対する印象が変わりました。

とても穏やかな印象でしたが、内に秘めた驚く程の情熱を感じたのです。

その情熱と言ったら・・・!!

触れてやけどをしてしまうほどの感覚shineです。

すばらしい表現者だと感心・感激した次第です。

 

 

 

 

 

 

(ことでんのラッピング電車出発式にて、 金子修介監督と2ショット

 

試写会後に大西市長は・・・

「鴨居さん、2回も出てたじゃない?!」と嬉しそうに言っていましたが、

大西市長もおじさん役(?)で特別出演されていました。

本物のおじさんであることに違いないので(市長ごめんなさいcoldsweats01)とてもいい味を出していました。

浜田知事は、知事役なので、まるで本物!!素晴らしい演技!?でした。

私は・・・大根以下の役者っぷりでしたが・・・coldsweats01すみませんsweat01

とにかく是非是非、ご覧になってください。

「普遍的な愛」と「家族の絆」がそこにあり、あらゆる世代の人に「生きる活力」を与えてくれます。

香川が詰まっています!!

10月20日香川県先行上映です。

来年春、東京・大阪・名古屋ほか列島縦断全国ロードショー!!の予定なので、

県外にいる方にも、是非是非、見ていただきたい!

元気や勇気をもらえますよ!

 

 貴方の時計は、一度でも大事な人と 至福の時を刻みましたか?

    これまでと これからの時間を 捧げます。

           百年の時計

             confidentshine

 

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る