2015年7月31日

ラジオで聴く香川菊池寛賞 「花だんす」

「ラジオで聴く香川菊池寛賞」の朗読が、今日の収録で最終回を迎えました。

「花だんす」という平井忠志さんの第30回受賞作品です。

 漁師の長男に嫁いだ主人公の千代は、

出産の里帰り中、夫の訃報を聞いた夜に娘を出産します。

やがて、キリシタンを理由に娘を残して、婚家を追われてしまうのです。

実家に戻り、過酷な野良仕事をする中で始めた土建の女請負師。

成長した娘・文恵との絆を取り戻すことができるのか。

明治、大正、昭和を生き抜いた女の波乱のに満ちた人生を描いた物語。

本日、ついに最終回の収録を終えました。

最後は、つい、感極まってしまうほど・・・。

とてもいい作品です。

放送は毎週月曜日の12:30から放送しています。

また、これまでの放送は、

西日本放送のHPでも聴くことができますので、

是非、聴いてみてくださいね。

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る