2014年2月26日

尊敬の念

先日、四国化成の山下矩仁彦会長と会食。

おいしいお食事と豊富な話題の楽しい時間を過ごしました。

山下会長の目は、世界に向いています。

情報のアンテナの張り方もさすがです。

フロンティア精神、チャレンジ精神に富み、日本の未来を考える・・・

優れた人物が香川にいたものだ!

人徳優れた かっこいい!!(←すみませんsweat01)方です。

そのうちに「この心地よさは、何だろう?」と思いました。

話の切れ味は、鋭くても、にこにこと和やかに穏やかに話されます。

心地よさの理由が、わかりました。flair

山下会長の「和顔施」です。

「和顔施」とは、いつも和やかで穏やかな表情で人と接すること。

これは、瀬戸内寂聴さんの好きな言葉でもあります。

誰に会っても優しい表情を見せることで、相手の心が和むのです。

すっかり、和みました~confidentshine

同席された富田専務も とても穏やかで 心配りを極めていらっしゃる。

「和顔施」に触れて、ふと・・・

お金がなくても施せるという「無財の七施」のことを思い出しました。

一、眼施ー優しい目で全てに接し、周りの心を明るくする

一、和顔施

一、愛語施ー優しい言葉や思いやりのある言葉を使う

一、身施ー自分の体で奉仕する  社会のために働く

一、心施ー他のために心を配り 心底からともに喜び 悲しむことができる

一、壮座施ー乗り物の席や権力の座などを奪い合わない ライバルに譲っても悔いないでいられる

一、房舎施ー雨風をしのぐところを与える 思いやりの行為ができる

私が大切にしなければいけないことが、ここにある。

改めて そう感じました。

山下会長の心配りには、感服。  まさに達人級!

古くからの(年数を語るとかなりのものcoldsweats01)ファンでいて下さり、

「頑張って下さいよ!」と激励していただいたのですが・・・。

私が、すっかりファンになってしまいました。

香川出身の優れた先輩に お会いすると本当に誇らしく嬉しくなります。

自分を省みると、若輩者でちっぽけな存在ですが、

微力でも 小さくても 自分にできることを 地道に続けていこうと 気持ちを新たにしました。

しっかり頑張ってまいります。

学び多き 素敵な出会いに心から感謝。

ありがとうございましたshineconfidentshine

 

 

 

 

 

 

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る