2013年7月29日

讃岐のむかしむかしのお話じゃ

8月3日(土)に高松テルサで

「讃岐のむかしむかしのお話じゃ」という民話朗読が行われます。

高松テルサ開館20周年記念事業・瀬戸内国際芸術祭2013後援事業です。

女優の市原悦子さんをお迎えしてのステージです。

西日本放送も開局60周年記念ということでアナウンサーたちが参加します。

出演するアナウンサーは4人。

大ベテランの大御所 熊谷富由美アナウンサーを始め、

西日本放送アナウンスルームきってのモノマネ芸人コンビと言われる 

亀谷哲也アナウンサーと荻野仁美アナウンサー。(←二人のモノマネは、秀逸!!)

そして、讃岐弁はお任せ!という私です。

ただいま、本番に向けて、最後の追い込み!

猛特訓中です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、台本!!

市原さんの生の民話朗読が聴けて、同じ舞台に立てるなんて、本当に幸せです。

舞台で市原さんの足をひっぱらないよう、

会場に来て下さった皆様に「よかった」と言っていただけるよう、全力を尽くしますconfidentshine

アナウンサー陣が集まって、読み合わせをしていますが・・・

みんなが役に入り込みすぎて、真剣すぎて、鬼気迫りすぎて、逆に笑ってしまったりcoldsweats01

動きの確認でこんがらがったり・・・

まだまだ本番までの道のりは近くて、遠そうですsweat01

とにかく当日、来て下さるお客様にいいものをお届けできるよう頑張ります!!

どうぞ、楽しみにしていて下さいねheart02

8月3日(土)めざして、がんばるぞ~~sign03

ちなみに私は、ナレーションに加え、お坊さん、ばけものの役をしますhappy01paper

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る