2012年3月14日

山口喜久一郎アナ お疲れ様でした(44秒)

山口喜久一郎アナが弊社西日本放送を退職しました。

→動画はこちら←

山口アナは1998年入社。その年の6月にはRNCワイドニュース・プラス1(当時)のキャスターに抜擢され、以来、番組名は変われど10年以上、弊社の夕方の顔としてエリアの皆様に親しまれてきました。

1998

また、女子プロゴルフや高校野球など、様々な競技の中継で歯切れの良い実況を披露。まさに弊社の「エースで4番」、八面六臂の活躍をみせる一方、非常に温厚で沈毅雄武な人物でした。今後も弊社の顔としての活躍を期待していましたが、「一歩外に踏み出し、アナウンサーとして更に研鑽を積みたい」との思いが強く、このたびの弊社卒業となった次第です。

2012
私が山口君と初めて会ったのは、彼がまだ高校生の時。小豆島・土庄高校に、高校野球の取材に訪れた時のことでした。その時マイクを向けた山口「主将」が、後年、山口「アナ」として同僚になったことに、驚き、喜んだものです。また、山口君とは、小豆島・渕崎小学校の先輩後輩という縁もありました。

山口君、ありがとう、お疲れ様でした。新天地での活躍を祈っております。今後の人生に深き恵みがあります様に。

- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る