2018年1月22日

「世界で一番行きたい国」第1位の国って??

 

ニューヨーク・タイムズで

「世界で一番行きたい国」第1位に選ばれ、

イギリスの旅行雑誌ワンダーラストでは

「満足度の高い観光地ランキング」第1位に選ばれた国。

 

それは・・・

 

ラオス!!!

 

みなさん、ラオスと聞いてどんなイメージが浮かぶでしょうか?

ラオスはインドシナ半島中心に位置し、

タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、中国の5か国に囲まれた内陸国。

中でもラオス北部にある古都ルアンパバーンは

緑豊かで美しい町並みと歴史的・文化的遺跡保護の観点から

1995年に町全体が世界遺産に登録され、

今、欧米やヨーロッパの旅人を中心に人気急上昇中なのです!

 

年明けに数日間のお休みをいただいたので

弾丸でそのルアンパバーンへ行ってきました!

ルアンパバーンは、山や川といった豊かな自然に囲まれた小さな町。

歴史ある寺院や遺跡、フランス統治時代の建物が混在していて

町並みがとても綺麗です。

 

町の様子。

ルアンパバーンは、

メコン川沿いに位置しています。

 

 

 

「東南アジア最後の桃源郷」と呼ばれるラオス。

まだまだ手付かずの自然や、のんびりと流れる時間、

優しく穏やかな人柄が魅力的で、あまりに居心地よく、、、

このままここに沈没してしまいたいと思いました(笑)。

 

次回は、そんな素敵な町ルアンパバーンに行ったら

ぜひ訪れて欲しいスポットやグルメをご紹介したいと思います!


- カテゴリー:プライベートラオス女子アナバックパッカ―ページの先頭へ戻る