2015年1月15日

世界で一番、過酷で、楽しい、NYカウントダウン!

 

タイムズスクエアで待つこと11時間、カウントダウンわずか1分。

年末年始のありえないほど高いニューヨーク行き航空券と宿代。

トイレには行けないので前日から食事制限をし、紙おむつを履き、

氷点下の凍えるような寒さの中、時間、体力、忍耐を費やす。。。

 

「一生に一度は体験してみたい」と言われる、

ニューヨーク・タイムズスクエアのカウントダウン。

参加した人は「もう一生体験したくない!」と言うほど過酷ですが。笑

あの感動。私は一生に一度と言わず、何度でも体験したい!!

 

 

Twitter: https://twitter.com/maiokuda

Facebook: https://www.facebook.com/MaiOkudaOfficial

 

 

 

2014年12月30日~2015年01月03日

アメリカ・ニューヨーク

 

12月31日

Good morning NY!!

1

宿からの景色。

 

2

ゆっくり起きて、宿1階のBarで軽くブランチして・・・

 

いざマンハッタンへ!

 

途中、Subway構内でカウントダウングッズを購入♡

3

 

いつもは一人旅な私ですが。

カウントダウンは一人より皆でワイワイした方が楽しいでしょ!

ということで。

今回は旅サイトで知り合った日本人グループに合流。

集まった人数、なんと50人!

「死ぬまでにやりたい事の一つ、NYカウントダウンについに参戦\(^O^)/」

「カナダの大学に留学中。思い出を作りたく参加します!」

「世界一周の締めくくりがNY。世界で最高の瞬間を一緒に楽しみましょう!」

「NYへ長期出張中。去年参加して病みつきになりましたw」

などなど、ツワモノ物好きw日本人が世界各地から参戦!!

 

 

ニューヨーク・カウントダウンが行われるのは、

マンハッタンにあるタイムズスクエア。

 

香川県でいえば、高松市中央通りの片原町~南新町ぐらいのエリアに、

世界中から100万人もの人が集まります。

4

収容できる人数は限られているため

タイムズスクエアでカウントダウンを迎えるためには・・・

 

ポイント1:早く行くこと

私たちグループが到着したのは13時すぎ。

それでもかなりの人が集まっていました。遅くとも15時には着いておきたい。

 

ポイント2:どこから進入して、どこで待つか

人気エリア(ボール&電光掲示板は42nd St. メインLIVEステージは46th St.)は、

早くから場所取りをしていても

入場規制&荷物検査用に柵でバリケードを設けるため

14時頃いったん全員エリア外に出されます。

5

このときNYPDにから「Move!」「Walk!」とかなり言われます。

ゲートはどこになるのか聞いても「わからない」で、現場はパニック状態に。。。

 

バリケードはステージを囲むように設けられる。

どこがその入り口になるかを予想して、Moveする人、Stayする人。。。

 

ここが運命の分かれ道になるかと思います。

 

実際、私たちグループもこのときに分かれ、

気づくと50人が5~10人のグループになっていました。

 

私たち“チーム30”(気づくとなぜか全員30代だったw)が選んだのは、

“STAY”。

47th St.あたり(ステージ向かってマクドナルド右側の通り)で待機。

 

 

待つこと2時間・・・

 

 

6

なんと、私たちの目の前の柵が入り口としてオープン!!

メインLIVEステージの真ん前をゲット!!!

 

奇跡!!奇跡が起きた!!!

 

もう、このときの興奮ったら!!!!!!!!!!!!

 

あ、そうそう、ここで一つ気をつけなくてはならないことが。

ポイント3:手ぶらが基本

セキュリティのため、大きなバッグは持ちこめません。

その場で即没収、または規制エリア行きをあきらめた人も。。。

 

あとは、その瞬間までひたすら待ちます。

ポイント4:しっかり防寒対策を!

この時期のニューヨークはかなり冷えます。雪が降ることも。

【服装】

上下ヒートテック、長袖タートル、フリース、ダウンジャケット

厚手のパンツ、厚手の靴下、ニット帽、マフラー、手袋、カイロ(全身用、足元用)

【持ち物】

水、予備のカイロ、ちょっとしたお菓子、時間潰しグッズ、カメラ

簡易チェア(これは検査時に没収された人もいましたが)

 

日が暮れ、だんだんいい雰囲気に!

7

午後18時頃からリハーサルがスタート。

コスメの試供品や、帽子や風船などカウントダウングッズが配られるので

出来れば柵の近くがオススメ。

 

そして20時頃、

カウントダウンイベントやテレビ中継がいよいよスタート!

8

9

 

10

12

 

13

今年のカウントダウンLIVEゲストは、

・ニューヨーク観光大使に就任、異例の2度目の出演! Taylor Swift

・『アナ雪』本家エルサ役 Idina Menzel

・2014年全米No1獲得で話題  Magic!

・カントリー界の新鋭として大注目  Florida Georgia Line

・USロック注目のバンド  American Authors

などなど。

 

ラストはもちろん、

15

テイラー!!

16

可愛い!!

17

可愛すぎるーー!!!

 

LIVEが始まるとあっという間に時間は過ぎ、

ついにカウントダウンがスタート!

 

「60・・・50・・・40・・・・」

 

「3・2・1… 」

18

「Happy New Year!!!」

19

新年を迎えた瞬間に花火があがり、

20

夜空には色とりどりの紙吹雪が舞い、

 

新年を祝う言葉が世界中の言語で聞こえてくる。

 

流れてくるニューヨーク・ニューヨークの曲に合わせて

 

歌ったり、踊ったり、ハグしあったり、

 

キスしたり、プロポーズしたり!!

 

100万人が一体となって喜びを分かち合い、

ものすごい興奮と熱気に包まれる。

 

愛とか幸せとか、夢、希望、奇跡に満ちて、最高にキラキラ輝く夜。

 

これが、ニューヨーク・タイムズスクエアのカウントダウンなんだ。。。☆

 

31

30

11時間をともに耐え抜いたみんなと♡

40

Times Square NYCのカメラマンさんに撮っていただき、

掲載された写真!

 

20

一度きりの人生。

2015年も私らしく、仕事もプライベートも全力で楽しむぞー!

21

皆様にとっても、楽しく幸せな1年になりますように。

今年も宜しくお願いします!!

 


- カテゴリー:ブログプライベート女子アナバックパッカ―ページの先頭へ戻る