2015年1月16日

初日の出はブルックリン橋で。

 

カウントダウンのあと、

みんなと再び合流してコリアンタウンへ。

 

「初日の出、見たくない?」

 

そんな誰かの一言からそのまま朝まで

焼き肉&ビールで新年をお祝いすることに!

 

さすがみんな、、、タダモノではないw

 

 

Twitter: https://twitter.com/maiokuda

Facebook: https://www.facebook.com/MaiOkudaOfficial

 

 

 

2014年12月30日~2015年01月03日

アメリカ・ニューヨーク

 

1月1日

2015年の初日の出はBrooklyn Bridge(ブルックリン橋)から!

1

2

 

カウントダウンを共に闘ったみんなと。

6

ここでみんなとはお別れ。

最高の瞬間を迎えられたのは、最高のメンバーのおかげ。

その後もみんなとは連絡を取り合っていて、

早くも「2016年カウントダウンはどこで過ごす?」話で

盛り上がっていますw

 

この日は宿に戻って、そのまま一日爆睡・・・zZZ

 

 

1月2日

イースト・ビレッジにある「LUKE’S LOBSTER」。

4

8

お目当ては・・・

6

ロブスターロール!

こんがりとトーストされたバンズに、

茹でたプリプリのロブスターがこぼれんばかりに!!

 

東海岸でとれるロブスターの旬は年に2回あり、冬のシーズンはまさに今!

8

ロブスターの産地、メイン州から毎日新鮮なものを直送しているそう。

7

一緒にいただいたチャウダーもめちゃうまでした♡

 

 

おなかがいっぱいになったところで。

 

ニューヨークで今、話題のお散歩スポットへ。

 

HIGH LINE(ハイライン)!

9

高架廃線跡を空中散歩道に再生した公園で、

ニューヨークの摩天楼やハドソン川を一望しながら散歩を楽しめます♡

10

11

12

 

HIGH LINEからの街並み。

13

I♡NY、I♡Art!!

14

 

HIGH LINEと同じエリアにある

Chelsea Maeket NY(チェルシーマーケット)でお買物。

15

NY土産を買うならここ!

 

Eleni’s New York Cookies

16

食べるのがもったいないぐらい可愛いクッキー&カップケーキ♡

17

18

イラストは一つ一つ職人による手作業!

19

20

化学調味料を一切使わない本格派の味わいで

セレブ御用達のクッキー専門店。

 

Fat Witch Bakery

21

可愛らしい魔女のロゴが目印のブラウ二―専門店。

22

しっとり濃厚で、フレーバーも豊富。

2週間ほど日持ちするのも◎。

 

 

Fifth Avenue(5番街)。

22

23

 

Times Square(タイムズ・スクエア)

24

 

ニューヨーク冬の風物詩、スケートリンク。

26

27

 

ニューヨークで夜景スポットといえば、

25

The Empare State Building(エンパイア・ステート・ビルディング)

28

エレベーターで102階の展望台へ!

29

エレベーターを降りたら目の前には・・・

30

世界最高峰の夜景が!!

32

どこまでも続く光。

街中がキラキラ、ニューヨークが一番輝く季節。

美しい。ため息が出るほど美しい。。。

 

 

・・・と、ここでタイムアップ。あっという間の5日間。

 

楽しいところですね~、ニューヨークは。

歩いてよし、食べてよし、買ってよし、遊んでよし!

大都会なのに居心地がよくて、

何度でも来たくなる不思議な魅力を持つ街。

 

今回の旅の目的だったカウントダウンはこれ以上にない形で達成出来たし、

かなり弾丸でしたが大満喫!

初めてのニューヨーク、

最高にクレイジーで最高にハッピーな旅になりました!!

35

さ、次はどこに行こうかな♡

 


- カテゴリー:アメリカ・ニューヨークブログプライベート女子アナバックパッカ―ページの先頭へ戻る

2015年1月15日

世界で一番、過酷で、楽しい、NYカウントダウン!

 

タイムズスクエアで待つこと11時間、カウントダウンわずか1分。

年末年始のありえないほど高いニューヨーク行き航空券と宿代。

トイレには行けないので前日から食事制限をし、紙おむつを履き、

氷点下の凍えるような寒さの中、時間、体力、忍耐を費やす。。。

 

「一生に一度は体験してみたい」と言われる、

ニューヨーク・タイムズスクエアのカウントダウン。

参加した人は「もう一生体験したくない!」と言うほど過酷ですが。笑

あの感動。私は一生に一度と言わず、何度でも体験したい!!

 

 

Twitter: https://twitter.com/maiokuda

Facebook: https://www.facebook.com/MaiOkudaOfficial

 

 

 

2014年12月30日~2015年01月03日

アメリカ・ニューヨーク

 

12月31日

Good morning NY!!

1

宿からの景色。

 

2

ゆっくり起きて、宿1階のBarで軽くブランチして・・・

 

いざマンハッタンへ!

 

途中、Subway構内でカウントダウングッズを購入♡

3

 

いつもは一人旅な私ですが。

カウントダウンは一人より皆でワイワイした方が楽しいでしょ!

ということで。

今回は旅サイトで知り合った日本人グループに合流。

集まった人数、なんと50人!

「死ぬまでにやりたい事の一つ、NYカウントダウンについに参戦\(^O^)/」

「カナダの大学に留学中。思い出を作りたく参加します!」

「世界一周の締めくくりがNY。世界で最高の瞬間を一緒に楽しみましょう!」

「NYへ長期出張中。去年参加して病みつきになりましたw」

などなど、ツワモノ物好きw日本人が世界各地から参戦!!

 

 

ニューヨーク・カウントダウンが行われるのは、

マンハッタンにあるタイムズスクエア。

 

香川県でいえば、高松市中央通りの片原町~南新町ぐらいのエリアに、

世界中から100万人もの人が集まります。

4

収容できる人数は限られているため

タイムズスクエアでカウントダウンを迎えるためには・・・

 

ポイント1:早く行くこと

私たちグループが到着したのは13時すぎ。

それでもかなりの人が集まっていました。遅くとも15時には着いておきたい。

 

ポイント2:どこから進入して、どこで待つか

人気エリア(ボール&電光掲示板は42nd St. メインLIVEステージは46th St.)は、

早くから場所取りをしていても

入場規制&荷物検査用に柵でバリケードを設けるため

14時頃いったん全員エリア外に出されます。

5

このときNYPDにから「Move!」「Walk!」とかなり言われます。

ゲートはどこになるのか聞いても「わからない」で、現場はパニック状態に。。。

 

バリケードはステージを囲むように設けられる。

どこがその入り口になるかを予想して、Moveする人、Stayする人。。。

 

ここが運命の分かれ道になるかと思います。

 

実際、私たちグループもこのときに分かれ、

気づくと50人が5~10人のグループになっていました。

 

私たち“チーム30”(気づくとなぜか全員30代だったw)が選んだのは、

“STAY”。

47th St.あたり(ステージ向かってマクドナルド右側の通り)で待機。

 

 

待つこと2時間・・・

 

 

6

なんと、私たちの目の前の柵が入り口としてオープン!!

メインLIVEステージの真ん前をゲット!!!

 

奇跡!!奇跡が起きた!!!

 

もう、このときの興奮ったら!!!!!!!!!!!!

 

あ、そうそう、ここで一つ気をつけなくてはならないことが。

ポイント3:手ぶらが基本

セキュリティのため、大きなバッグは持ちこめません。

その場で即没収、または規制エリア行きをあきらめた人も。。。

 

あとは、その瞬間までひたすら待ちます。

ポイント4:しっかり防寒対策を!

この時期のニューヨークはかなり冷えます。雪が降ることも。

【服装】

上下ヒートテック、長袖タートル、フリース、ダウンジャケット

厚手のパンツ、厚手の靴下、ニット帽、マフラー、手袋、カイロ(全身用、足元用)

【持ち物】

水、予備のカイロ、ちょっとしたお菓子、時間潰しグッズ、カメラ

簡易チェア(これは検査時に没収された人もいましたが)

 

日が暮れ、だんだんいい雰囲気に!

7

午後18時頃からリハーサルがスタート。

コスメの試供品や、帽子や風船などカウントダウングッズが配られるので

出来れば柵の近くがオススメ。

 

そして20時頃、

カウントダウンイベントやテレビ中継がいよいよスタート!

8

9

 

10

12

 

13

今年のカウントダウンLIVEゲストは、

・ニューヨーク観光大使に就任、異例の2度目の出演! Taylor Swift

・『アナ雪』本家エルサ役 Idina Menzel

・2014年全米No1獲得で話題  Magic!

・カントリー界の新鋭として大注目  Florida Georgia Line

・USロック注目のバンド  American Authors

などなど。

 

ラストはもちろん、

15

テイラー!!

16

可愛い!!

17

可愛すぎるーー!!!

 

LIVEが始まるとあっという間に時間は過ぎ、

ついにカウントダウンがスタート!

 

「60・・・50・・・40・・・・」

 

「3・2・1… 」

18

「Happy New Year!!!」

19

新年を迎えた瞬間に花火があがり、

20

夜空には色とりどりの紙吹雪が舞い、

 

新年を祝う言葉が世界中の言語で聞こえてくる。

 

流れてくるニューヨーク・ニューヨークの曲に合わせて

 

歌ったり、踊ったり、ハグしあったり、

 

キスしたり、プロポーズしたり!!

 

100万人が一体となって喜びを分かち合い、

ものすごい興奮と熱気に包まれる。

 

愛とか幸せとか、夢、希望、奇跡に満ちて、最高にキラキラ輝く夜。

 

これが、ニューヨーク・タイムズスクエアのカウントダウンなんだ。。。☆

 

31

30

11時間をともに耐え抜いたみんなと♡

40

Times Square NYCのカメラマンさんに撮っていただき、

掲載された写真!

 

20

一度きりの人生。

2015年も私らしく、仕事もプライベートも全力で楽しむぞー!

21

皆様にとっても、楽しく幸せな1年になりますように。

今年も宜しくお願いします!!

 


- カテゴリー:ブログプライベート女子アナバックパッカ―ページの先頭へ戻る

2015年1月14日

奇跡に満ちる夜、ニューイヤーズ・イブ☆

 

「奇跡なんて起きない。でも世界中が奇跡に満ちる夜がある。

それがニューイヤーズ・イブ(大晦日)」

年末になると観たくなる、大好きな映画『ニューイヤーズ・イブ』。

大晦日のニューヨークは、本当に奇跡と希望に満ちた最高に輝く夜でした!

 

Twitter: https://twitter.com/maiokuda

Facebook: https://www.facebook.com/MaiOkudaOfficial

 

 

2014年12月30日~2015年01月03日

アメリカ・ニューヨーク

 

12月30日

NYへは成田から直行便で約13時間。

 

宿に荷物を置いて、

さっそくニューヨークの中心部、マンハッタンへ!

 

1

地図左側の南北に細長い島がマンハッタン島。

移動はタクシーかSubway、徒歩。

ある程度の土地勘がつけば、中心街だと歩いた方が早かったりします。

【地図の見方】

・南北・縦の大通りはAvenue、東西・横の通りはStreet。

・1ブロックの距離は、Av間は歩いて約5分、St間は約1分。

2

【Subway】

・路線図で目的地までの路線番号を確認。色分けされていて見やすいです。

・北へはUptown、南へはDowntownと書かれたホームから乗る。

・料金は片道$2.50。よく利用するなら乗り放題MetroCardがお得。

 

まず向かったのは、ニューヨークで今注目のTribeca(トライベッカ)地区。

3

もともとはさびれた倉庫街でしたが、

使われなくなった倉庫をオシャレなロフト付アパートやギャラリーへと改築。

4

昨年春には、あのテイラー・スウィフトがトライベッカの高級マンションにお引っ越し。

可愛いカフェやセレクトショップも多く、

しかもテイラーにばったり会えちゃうかも・・・♡ な女子旅オススメエリアです!

 

テイラー出没スポットの一つ、Sarabeth’s(サラべス)でブランチ。

5

大好きなエッグベネディクトは、

6

ナイフを入れた瞬間とろ~りとこぼれ落ちる半熟たまごと

サクサクに焼かれたイングリッシュマフィンが♡

 

再び、subwayに乗って・・・

7

 

ニューヨークを感じながら・・・

8

 

さらにニューヨークを感じられるスポットへ。。。

 

そう、ニューヨークといえば・・・

9

ニューヨークといえば・・・!

10

自由の女神!!

 

、、、 ちっちゃ!!!笑  遠いし、横向いてるし。

 

テレビや映画ではいつもアップで見ているせいか

私が初めて見た自由の女神は、、、  小さい、それも想像以上に小さい。

 

でも、夕日に染まる自由の女神は

この距離からでも力強く美しく、とても素敵でした!

 

マンハッタン最南端の公園Battery Park(バッテリーパーク)からでも

こんな感じで遠くに見ることは出来ますが、

お時間のある方はぜひフェリーで女神のいるリバティー島へ。

自由の女神を見上げ、その迫力を近くで体感することが出来ますよ!

 

あすは待ちに待ったカウントダウン。

移動の疲れもあるので、早めに就寝・・・☆

 

 

【宿情報】

The Local NYC

11

13

16

15

男女共同ドミ$39

専用トイレ・シャワー、キッチン、WiFi無料。1階にはBarもあり。

場所はクイーンズですが、マンハッタンまでSubwayでひと駅の約10分。

最寄駅からも徒歩5分ほど。スタッフも親切でオススメです。

 


- カテゴリー:ブログプライベート女子アナバックパッカ―ページの先頭へ戻る