2012年11月30日

7days backpacker Day4 in Sintra

4日目 07:00 モンサント>>シントラ

 

雨音で目が覚めたモンサントの朝。

激しい雨風と霧で、あたりは真っ白!

とりあえずバスに乗って、一度リスボン方面へ。

 

天気予報によると、きょうは一日雨。

どうしようかなぁ・・・と『地球の歩き方』を眺めていたら、

リスボンでのバス降車駅近くにある国営鉄道で

“世界遺産の町”に行けることが判明!

 

・・・行ってみましょう!!

ドキドキの初国鉄ーっheart04 車内は思ったより明るい感じ。

リスボンから北西へ約28キロ。

約40分で、世界遺産の町シントラに到着です!

 

※あとから地元の方に聞いてゾッとしたんですが。。。

このリスボンとシントラを結ぶ国鉄シントラ線、、、

警察官ですら一人で立ち入らない犯罪多発地区を沿線に抱えており、

ポルトガル人も恐れをなす路線なんだそうです。。。

私は運が良かったのかそこまで危険を感じることはありませんでしたが、

もし利用される方はご注意下さい!

 

“シントラの文化的景観”として世界遺産に登録されているシントラは、

緑豊かなシントラ山系にある高原の避暑地。

現在も王室をはじめ、お金持ちが別荘を構えるリッチなリゾート地です。

深い緑の山の中に現れるこの美しい町を、

イギリスの詩人バロンが“この世のエデン”と称したそうshine

 

その一部であり目玉でもあるのが、

標高500mに位置する、ペーナ宮殿。

明るい配色と様々な様式が入り混じる、何とも不思議なこのお城。

元々修道院だった建物を当時の国王が惚れ込んで増築し、

宮殿にしたそうです。

 

こちらも世界遺産、シントラ王宮。

ペーナ宮殿とは対照的な整然とした印象のこのお屋敷は、

代々、ポルトガル王室の別邸として使われていたそう。

 

そして、シントラには世界遺産ともう一つ有名なものが。

 

ポルトガル伝統菓子をいただけるカフェ『ピリキータ』の

ケイジャーダ(奥)とトラヴセイロ(手前)!

 13世紀頃にはすでに作られていたというケイジャータは、

チーズをたっぷり使ったタルト。

トラヴセイロは、サクサクのパイ生地の中に卵で作った濃厚なクリーム、

生地の外側にはお砂糖がまぶしてあります。

どちらのお菓子もポルトガル各地で食べられるそうですが、

ここ『ピキリータ』のものがピカイチなんだそうheart04

 

世界遺産の町、満喫!

 

続く・・・


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2012年11月29日

7days backpacker Day3 in Monsanto

3日目 07:00 リスボン>>モンサント

 

Bom dia! 

この日むかったのは、モンサント!

 

モンサントがあるのはポルトガルの東部、スペインとの国境付近。

“ポルトガルで最もポルトガルらしい村”にも選ばれている村です!

 

リスボンからバスを乗り継いで約5時間。

 

ポルトガルの名産、オリーブやコルク樫が茂る平原を抜けて・・・

 

見えてきたーっnotes

ゴツゴツとした岩山に立ち並ぶ、鮮やかなオレンジ色の屋根!

 

Mon santo = 聖なる山

先史時代から人々にあがめられてきた村なんだそうshine

 

バスを降りて、まずは宿探し。

ちょうど村のおばあちゃんが通りがかったので聞いてみたら、

なんと部屋を貸して下さるとのこと!

 

可愛いお部屋ーっheart04

 

窓からの眺めも良くて、即決!

 

荷物を置いて、さっそく村の散策へnotes

“岩の村”とも呼ばれるモンサント。

巨岩を利用した不思議な家々が立ち並びます・・・

インパクトありすぎっ

村のてっぺんまで登ってみました!すぐそこはもうスペインです!!

 

さて。きょうの夜ごはんrestaurantshineはこちら。

入口は一見、公民館のようですが、、、

中にあるエレベーターで地下に降りると、そこには素敵な空間とお料理がshine

実はここ、まだオープンしたばかりなのか、地元の方オンリーなのか、

村の公式ガイドには載っていなかったお店。

散策に夢中になるあまり、ガイドに掲載されたレストランの営業時間を逃し、、

売店などもなく、、、

「おなかがすいた」とさまよっていた私を村のおじいちゃんが見つけ、

連れてきてくださったんです!

 

『O Cruzeiro』という、夜景も素晴らしいお店でしたheart04

 

村も人も、とっても素敵なモンサント。

ただ暮らしていくのはやはり大変なようで、

若者はみな都会に出て行ってしまうんだそう。

現在村に住んでいるのは約100人で、そのほとんどが高齢者。

10年後、20年後、

またいつか絶対来たいし、その時変わらない姿でいて欲しいなぁ。。。

 

続く・・・


- カテゴリー:プライベートポルトガルページの先頭へ戻る

2012年11月28日

7days backpacker Day2 in Lisboa

2日目 11:00 リスボン・ベレン地区

 

リスボン中心部から西へ、

路面電車で30分ほどの所にあるBelemベレン地区。

 

大航海時代に世界をリードした、

ポルトガルの象徴とも言える建物が残っています。

 

世界遺産、ジェロニモス修道院。

エンリケ航海王子の偉業と

ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路開拓を記念して1502年に着工。

完成までに約300年。

建設費は大航海時代の香辛料貿易によって海外からもたらされた

莫大な富で賄われたということで、とにかく豪華shine

修道院内には、

船乗りたちが航海に出る前に最後の祈りを行った教会が。

この回廊は、マヌエル様式の最高傑作と称えられているそうshine

 

 

テージョ川沿いに出ると見えてくるのが、

発見のモニュメント。

1960年にエンリケ航海王子500回忌を記念して建てられたもので、

バスコ・ダ・ガマやマゼラン、フランシスコ・ザビエルなど、

世界史の教科書で見た!というような

ポルトガルの英雄たちの像が並んでいます。

 

さらに川沿いを歩いていくと、

世界遺産、ベレンの塔が。

大航海時代に船の出入りを監視する要塞として建てられたそうです。

 

そしてもう一つ、ベレン地区で忘れてはならのがコレ!

『パティス・デ・ベレン』のナタ!!

外のパイ生地はパリパリ、中のカスタードクリームはとろ~りheart04

お好みで粉砂糖やシナモンパウダーをふりかけますheart04heart04

ポルトガルの伝統菓子で、日本ではエッグタルトとも呼ばれているナタ。

創業1837年、当時ジェロニモス修道院から伝えられた秘伝のレシピを

今も守って作られているそうです。1個1.05ユーロでした。

 

続く・・・


- カテゴリー:プライベートポルトガルページの先頭へ戻る

7days backpacker Day2 in Lisboa

2日目  8:00  リスボン

ポルトガル、はじめての朝。

サン・ジョルジェ城に昇る朝日を見ることが出来ましたーっshine

旅の最高のスタートです!

 

さっそくリスボン市内を観光してみることにnotes

 街を歩くとまず目につくのが、この石畳。

なんと全て職人さんによる手作業!素敵ですよねheart04

 

いろんなデザインがあって、楽しみながら歩いていると、、、

これ、何の煙だかわかりますか!?

正解は焼き栗!

高い所から見ると街が真っ白になっているんじゃないかと思うぐらい

この季節あちこちに出ているのが焼き栗屋さん。

リスボン市民の方はこの煙の匂いを嗅ぐと、

冬がきたなぁと感じるそうですheart04

 

せっかくなので・・・

甘くてホクホクーっheart04

ポルトガルの焼き栗には塩がふってあって、

この塩が栗本来の甘さを見事に引き立てている!

今また思い出して恋しくなるほどハマリ、

旅の途中、バスや電車の待ち時間など何度も購入しましたheart04heart04

 1袋に食べきれないぐらいいっぱい入ってて2ユーロ。

ポルトガルの物価はヨーロッパの中でも比較的安いです。

 

焼き栗をモグモグ歩いていたら、

レトロ可愛い路面電車を発見!

 坂の多いリスボン市民にとって欠かせないのが、この路面電車。

石畳の細い道を古い車体をガタゴト揺らしながら走る姿は、

リスボン観光の名物の一つnotes

 

いいお天気だし、この路面電車に乗って

続いてはテージョ川の方まで行ってみたいと思います!!

 

続く・・・


- カテゴリー:プライベートポルトガルページの先頭へ戻る

2012年11月27日

7days backpacker Day1 in Lisboa

1日目  日本>>ポルトガル・リスボン

関西国際空港からドイツのハンブルク空港を経由して、

ポルトガルのリスボン空港まで約14時間の空の旅。

 

ヨーロッパ最西端の国、ポルトガルの首都リスボンに到着!

空港に着いたのは夜の10時すぎ。

この時間の一人タクシーはちょっとなぁ・・・と思っていたら、

タイミングよく、空港と中心部を結ぶシャトルバスを発見!

 

もちろん、

乗車―!!

切符を買う、バスに乗る、何をするにもドキドキワクワクnotes

気分は『はじめてのおつかい』です(笑)

 

はじめてのバス。

その乗り心地は・・・ 例えるならジェットコースター(笑)

ポルトガルの方はみんなそうなのか、この運転手さんがたまたまそうなのか、

かなりのスピード!!!

しかもリスボンは“7つの丘の街”と呼ばれ、市内は狭く急な坂道が多く、

なかなかのスリルを味わえました。。。

 

夜の到着になるので、この日だけは前もってホテルを予約。

このホテルが良かった!(ちなみにSofitel Lisbon Liberdadeというホテルです)

アクセスの良さだけで選んだホテルだったんですが、

案内されたお部屋はなんと最上階のバルコニー付!

出てみると目の前には、

フランスのシャンゼリ通りをイメージしたとされる美しいりべルダーデ通り、

その奥の高台にはリスボン最古の建造物、古城サン・ジョルジェ!

暖かいオレンジ色の灯りが、夜のリスボンの街を包み込んでいますshine

 

あすからの旅に備えて、Boa noite!


- カテゴリー:プライベートポルトガルページの先頭へ戻る

2012年11月26日

7days backpacker

してきました!\(^0^)

 

向かった先は、ポルトガル!!

 

途中、いろんな町に立ち寄りながら・・・

 

王妃に愛された町オビドス

 

世界遺産の町シントラ

 

漁師町ナザレ

 

 石の村モンサント

 

 

ユーラシア大陸最西端のロカ岬まで

行ってきました!!

 

きょうこのあとの『気ままにラジオ』で

お話させていただく予定です!

ぜひぜひお聴きくださーいっheart04


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2012年11月22日

秘密やないけん!

『秘密のケンミンSHOW』

連続転勤ドラマ“奥様はさすらいの女子アナ編”が

2週連続で香川・岡山にやってきます!

 

先日『シアワセ気分!』のスタジオに来て下さった

“東 はるみさん”こと、黛 英里佳さん。

まさか西日本放送のアナウンサーとして

お仕事ご一緒出来るなんてheart04

みんなでワイワイ、

とっても楽しい収録になりましたnotes

 

香川編はきょう11月22日(木)

岡山編は来週11月29日(木)

ともに、よる9:00~9:54の放送です。

 

ぜひぜひご覧ください!!


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2012年11月10日

高校サッカー

香川県大会決勝。

今回私は、高松高校側のベンチリポートを

担当させていただきましたsoccerheart04

 

結果は、

香川西4-0高松。

 

敗れはしましたが、

高松高校の選手たち、いい表情をしていましたshine

 

悔しさと、自分たちはやりきったという充実感が入り混じった表情。

 

1・2年生を中心とした若きチームにとって、

次につながる意味のある試合内容だったと思います。

 

試合後、綾監督に

「選手たちに何と声をかえてあげたいですか?」と伺ったところ、

「みんなよくやった、お疲れ様。ありがとうって言いたいですね!」と。

 

自分たちの力で勝ち取った80分。

ともにサッカーを楽しみ、喜び、悲しみ、、、

そんな貴重な時間を高松高校の選手たちと共有出来たこと、

嬉しく、幸せに思いますshine

 

ありがとう、高松イレブン!

 

次こそ優勝だーっ!!


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2012年11月9日

これぞ、

シアワセ気分な旅―っ\(^0^)/

 

南の楽園、石垣島&竹富島に行ってきました!

 

白い砂浜に、エメラルドグリーンに輝く海、、、

美しすぎる景色に感動しますshine

 

竹富島では、水牛車散歩でのーんびりnotes

島時間に癒されますheart04

 

今週の『シアワセ気分』特集は、石垣島の旅をご紹介!

今回のツアー、かなりお得な内容になっています!!

ぜったいぜっったい

見ーてーネッheart04


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2012年11月1日

今注目のスポット、

”うめはん”こと、阪急うめだ本店に行ってきました\(^O^)/

 

リニューアル初日は、昔ながらのうめはんファンが朝早くから殺到!

急遽、オープンを早めるという人気ぶり!!

マスコミも関西はもちろん、関東、隣県と、

カメラも凄い台数でしたmovieshine

 

子供の頃からよく訪れていた、うめはん。

古き良きものを残しつつ、

 

 

どのフロアもとっても素敵に生まれ変わっていて、

終始大興奮でしたheart04

 

今週の『シアワセ気分』は大阪特集!

 

話題の近代化遺産を訪れたりshine

 

大阪伝統の味“箱寿司”をいただいたりshine

 

天保十二年創業『吉野寿司』七代目の橋本卓児さんとcameraheart04

 

実は吉野寿司さんの箱寿司、子供の頃から大好きなんですheart04

 

今回はなんだか懐かしい旅にもなりましたnotes

 

古き良き大阪を巡る旅、ぜひご覧ください!


- カテゴリー:シアワセ気分ページの先頭へ戻る