2013年12月15日

1・2日目 関空>> >>ザグレブ>>ドブロヴニク

 

旅のスタートは、クロアチアの首都ザグレブ!

 

10:15 ザグレブ空港

空港内の銀行でユーロの一部をクロアチアの通貨クーナに両替。1クーナ=約18円。

※クロアチアは今年EUに加盟しましたが、まだまだユーロが使えないところが多いです。

空港から中心部へは約1時間。まずシャトルバスに乗って中央バスターミナルまで行き、

そこからトラムに乗り換えます。トラムは6番に乗車。

(新市街へはザグレブ駅、旧市街へはイェラチッチ広場で下車)

トラムのチケットはキオスク(TISAK)で購入。乗車したらチケットの打刻を忘れずに!

 

ザグレブの中心地、イェラチッチ広場

写真、暗っ! 完全に露出を間違えました。。。笑

ここは日本でいう東京・ハチ公前、ザグレブっ子の待ち合わせ場所だそう。

このあたりから北側が歴史ある旧市街、南側がショッピング・ビジネス街の新市街。

観光スポットはこの広場一帯に集まっていて、1日もあれば十分徒歩で観光可。

 

まず旧市街エリアへ。

 

「ザグレブの胃袋」と呼ばれるドラツ青果市場

ザグレブで最も古い市場で、野菜や果物、魚介類など食品から、衣類、雑貨などなど。

地元の人たちで賑わっています♪

 

ザグレブのシンボル、聖母被昇天大聖堂

 

屋根のモザイク模様が可愛い聖マルコ教会

 

失恋博物館

 

クロアチアはネクタイ発祥の地。

キリル文字のネクタイ 。

 

世界遺産に登録されている伝統菓子、リツィタル

お菓子といってもジンジャークッキーを蜜蝋などでコーティングしたオーナメント。

小さな鏡は、「そこに映っているあなたが私の心に映っています」という意味で、

その昔、男性が女性に愛の告白をするときに贈る風習があったとか。

クロアチアの象徴になっていて、特に首都ザグレブはハートモチーフで溢れています♡

 

再び、イェラチッチ広場へ。

新市街と旧市街を分ける街のメインストリート、イリツァ通り

 

VINCEK

ザグレブで知らない人はいない老舗ケーキ屋さん。

ザグレブ風クレムシュニテ

ふわふわ甘すぎないムースのようなカスタードクリームを

サクサクのパイ生地で挟んだお菓子♡

 

南側の新市街、ザグレブ中央駅に向かって歩いていきます♪

 

Tomislav

その途中、トミスラフ広場沿いにある居酒屋兼食堂みたいなお店へ。

まずは・・・♡

クロアチアで最もポピュラーなビール、Ozujsko7クーナ(≒126円)

キリッとチャープで、しっかりとした味・香りを楽しめる美味しいビールでした!

ちなみにクロアチア語でビールはpivo。

郷土料理、ザグレブ風カツレツ

薄い豚肉や牛肉でハムやチーズを巻いて揚げた、ボリューム満点料理!

スープ、サラダ、パン付きで40クーナ(≒720円)

 

夜のザグレブ。

 

再びトラムとシャトルバスを乗り継いで、ザグレブ空港へ。

 

21:10 ザグレブ空港

国内線でザグレブからドブロヴニクへ。

この日はちょうどサッカーW杯クロアチア代表のアウェー戦があり、

待ち時間はみなさんサッカーに夢中でした!

 

22:05 ドブロヴニク空港着。

空港から旧市街へはシャトルバスで約30分。

旧市街へのメインゲート、ピレ門前で下車。

 

この日はゲストハウス・マグダレーナに宿泊。

 

Laku noć…☆

 

【本日の出費】

ザグレブ空港-バスターミナル間のシャトルバス:30クーナ×2

トラム:1回券12クーナ

失恋博物館 入館料:25クーナ

ドブロヴニク空港から旧市街へのシャトルバス:35クーナ

宿代200クーナ

計332クーナ(約6000円)+食費

 

【治安】比較的安全かと思いますが、スリや置き引きには気をつけて下さい。

サッカーの試合が行われる夜はサポーターで街がかなりざわつくようなのでご注意を!

 


- カテゴリー:クロアチア女子アナバックパッカ―ページの先頭へ戻る