2013年10月27日

7days backpacker Day5 in Obidos, Nazare

※2012年のものです

5日目 リスボン>>オビドス>>22:00 ナザレ

 

次に目指したのは、太平洋に面した漁師町“ナザレ”!

 

オビドスからはバスで約2時間。

このとき時刻は午後4時だったので、

夕方にはナザレに着いて、宿を探して、、とプランしていたんですが、

このバスが、、、来ない!!

時刻表を確認すると1時間おきに来るはずなのに、、、来ない!!!

 

誰もいないバス停に1人。

1時間、2時間と過ぎ、気がつけばあたりは真っ暗、、

ついには携帯電話のバッテリーまで無くなり、、、

ただでさえ強い雨風で激寒なのにバスも来るんだか来ないんだかで

さすがにこのときばかりはちょっと泣きそうになりましたsweat01

 

結局、バスが来たのは午後8時。

ナザレに着いたのは、午後10時すぎ。

真っ暗で景色はよく見えないけれど、、、潮の香りがするーっup

 

予定よりずいぶん遅い時間になってしまったので宿探しが心配でしたが、

観光地ナザレ、心配無用でした。

バスを降りたとたん、「Private Room!!!」とアピールしてくる

ナザレ名物”客引きおばちゃん”たち。

 

Private Roomは民家の空いてる一部屋を貸してくれるもので、

6畳ほどの部屋にベッドが1つ。シャワー・トイレ、キッチンは共同。

値段を聞くと1泊15ユーロ、もう即決でした!

 

バス待ちで心身ともに疲れ、この日はもう寝ようかと思っていたんですが、

宿が決まったら安心したのか、おなかがぐぅーーー。笑

 

「・・・漁師町に来たからには美味しい魚料理が食べたい!」

 

宿を出てメイン通りらしき所を歩いてみたら、

良さそうなレストランを発見!

しかもまだ開いてるーっupup

 

『Mar Bravo』

さっそくポルトガルに来たら飲んでみたかった

“緑のワイン”と呼ばれるヴィーニョヴェルデと、

このお店のオススメという料理をオーダー。

これが、、めっちゃ美味しい!!!upup

グリルしたスズキの白身は

かりっと香ばしく焦げ目がついていて

身はふわっふわheart04

ガーリックでシンプルに味付けされたお野菜が

たっぷり添えられていて、、、うまーいっっheart04heart04

 

終わりよければ全てよし!

おなかいっぱいになる頃にはバス待ちの件はすっかり頭から消え、

幸せいっぱいでぐっすり眠りについたのでしたheart04

 


- カテゴリー:プライベートポルトガルページの先頭へ戻る