2017年3月26日

満島真之介さん岡山弁に挑戦

ひるね姫~知らないワタシの物語~」もうご覧になりましたか?岡山県は倉敷、児島・下津井が舞台となったアニメーション。すぐ昼寝してしまう主人公ココネが、夢と現実をまたぐ大冒険を繰り返すうち、大切なものに気づくお話。ファンタジック、ダイナミックで、不思議な展開が楽しめます。懐かしさを感じる児島の風景、そこから見る瀬戸大橋、実際に、または映像でご覧になった方は多いと思いますが、アニメになるとまた違った魅力がありますよ。ココネと幼馴染のモリオがサイドカーを飛ばして向かうのは、高松空港!これがまた、まんま、高松空港なんです。そりゃそうだ!と思われるかもしれませんが、ご覧になったら、「あ、まんま!」と思われるはず。

神山健治監督と、モリオの声の満島真之介さん、地元倉敷出身で警察官役の前野朋哉さんに岡山でお話うかがいました。静かに熱い神山監督、なんともキュートな満島さん、ほんわかムードの前野さん、キャラクターは全然違うけれど、息ピッタリでチームの絆を感じるお三方でした。今回、岡山弁に挑戦した満島さん、インタビュー前の会話ですが、お姉さんの満島ひかりさん出演CMの沖縄弁について「ひかりの沖縄弁はなっとらん!:*;#$::*・・・(聞き取り不能)」と、本気の沖縄弁をまくしたててくださいました。ホントにキュート、周りの人たちから愛される人だろうなーと思いました。

インタビューの模様を放送します。テレビは3月24日「シネマのツボ」。ラジオは3月29日水曜「気ままにラジオ」二時の特集コーナーです。チェックしてみてくださいね。


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る