2015年10月25日

「好きだーっ!」by鈴木亮平さん

別冊マーガレットの人気マンガ「俺物語!!」が実写映画で登場、10月31日公開です。

主人公「剛田猛男」・・・名前からしてスゴイ、もう、どう見ても「オッサン」、とても高校1年生に見えないいかつい顔面と巨体の持ち主。その上不器用ときたら女子ウするわけない。「オッサン」ならまだしも「ゴリラ」「キモイ」さんざんな言われようです。でも、いい~ヤツなんです。いつでも人のことを一番に考えて動く!自分より、ひと!自然にそうなっちゃうんです。ほんとーーーーーーに!いいヤツ!たまらなく可愛い女子に一目惚れ、でもその子もイケメンの親友砂川(すな)が好きに違いない、後押ししよう、と勘違い。極太眉毛にモミ上げ、いかつい不器用な姿が、見ていて愛らしいのなんのって・・・私がお母ちゃんだったら全力で応援しちゃいますね。

というふうに、愛すべき剛田猛男を全身で表現したのが鈴木亮平さん。原作の猛男のビジュアルを忠実に再現することが「肝」だ!と、40日間で30キロ増量!猛男がマンガから抜け出したよう!鈴木さんの猛男を見るだけでも楽しくってこの映画満足です。親友「すな」を、今引っ張りだこの「塩顔美男子」坂口健太郎くん、飄々として冷めた感じの不思議な魅力を醸し出しています。そして美少女・大和ちゃんを永野芽郁ちゃん、誰もが頬を緩ませる愛らしさです。三人のコンビネーションが抜群で、楽しい上にすがすがしいんです。

その三人にインタビュー。元に戻った鈴木さん(当たり前)、見た目はもう猛男じゃないけれどスピリットは猛男に近いと思いました。猛男になりきった秘密、作品への思い、楽しいお話でした。

公開前夜の10月30日「金曜ロードショー」すぐ後の「シネマのツボ」でご覧ください。また、11月4日水曜「気ままにラジオ」2時台にはロングバージョンでたっぷりおとどけします。ぜひご視聴ください!

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2015年10月11日

これぞ、キアヌ・リーブスだ!

キアヌ・リーブス最新作「ジョン・ウィック」10月16日(金)公開です。

これまで大作から小品まで色んなタイプの作品に出演してきたキアヌ、皆さんはどの作品のキアヌがお好きですか?20代の頃初めてスクリーンで見た私はキアヌに釘づけ!(なんて美しい顔・・・)「ハート・ブルー」だったかなあ、キャスリン・ビグロー監督は女性ならではの目線で20代のキアヌの類まれなる静謐な美貌をスクリーンに焼き付けたんだと思います、ありがとう、ビグロー監督。ビデオ屋で物色、「ビルとテッド」シリーズのおバカな若者も、インディーズ系の風変わりな若者も、美貌と不思議な存在感を放っていました。そして「スピード」で大ブレイク、色々出て・・・次の大ブレイクが「マトリックス」。美しいキアヌが見せる美しいアクションは彼の代名詞となりました。

お待たせしました。みんなが見たかったキアヌがスクリーンで大暴れ!それが新作「ジョン・ウィック」。お話は簡単、病で亡くした最愛の妻の忘れ形見である子犬を、ロシアンマフィアのバカ息子に殺されてキレたジョン・ウィック(キアヌ)、足を洗った殺し屋として復活します。ここまでシンプルな話だといさぎよい!ガン(銃)+カンフー=ガンフーを駆使した華麗なアクションが展開。キレのいいアクションをキメるキアヌのカッコイイこと!マトリックスでも際立った「静けさをたたえた美しさ」、キアヌ特有の魅力全開です。

公開を前にジャパンプレミアに来日したキアヌにインタビューできました。ジョン・ウィックがスクリーンから抜け出したかのようないでたちに、老若男女問わずため息がもれるほどのカッコよさ。ジョン・ウィックを演じた思いを語ってくれましたよ。よく言われるように「ハリウッドスター」の自覚がないのかも?という自然なふるまいも不思議な魅力でした。

作品紹介とともに、キアヌ・リーブスのインタビューのもようをお送りします。10月16日「金曜ロードショー」すぐ後の「シネマのツボ」で。キアヌ、51歳の魅力をご堪能ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る