2014年2月21日

可愛い魔女来社

 多くの人に愛される児童文学「魔女の宅急便」。アニメーションやミュージカルになって人気を博しましたが、このたび待望の実写映画が誕生しました。香川県小豆島や、岡山県西大寺でも撮影され、私たちも身近に感じられる作品になっていますよ。

 先日、主人公のキキを演じた小芝風花ちゃんと清水崇監督が来香、西日本放送にもいらっしゃいましてお話しうかがいました。
風花ちゃんはキキの衣装、スクリーンから飛び出したようです。ほうきも持参!オーディションを受けたものの、自分のイメージではないような気がしていたので決まった時には号泣したという風花ちゃん、身振り手振りいっぱいで質問に答えてくれる姿がもぉ~~可愛いっ!綿密な戦略のもとに作られたアイドルが多い中、こんなに自然な生き生きとした少女は貴重ですよ。初めての映画を作る過程でキキと一緒に成長した風花ちゃん、そのうれしさが全身からあふれて、本当に可愛らしい女の子でした。

 隣で暖かく見守るのは清水崇監督。清水監督といえばホラーの名手でしょ?「呪怨」ですから!なのに「魔女の宅急便」は意外な気がしますが、”不思議なもの”という点は同じです。「監督はめっちゃ面白い人で、子供か!みたいなこともするんです。」と16歳風花ちゃんに暴露されつつ、とてもうれしそうでした。風花ちゃんがキキになってスクリーンで花開く瞬間を作っていった清水監督、まるで娘を愛おしく見つめるお父さんの風情でした。

 風花ちゃんと清水監督のインタビューをラジオとテレビの番組でお送りします。
2月26日水曜日の「気ままにラジオ」二時過ぎのコーナーではお話をたっぷりと。乗ってくると大阪弁になってくる風花ちゃんの可愛らしさもお聴きいただけますよ。
2月28日金曜ロードショーすぐ後の「シネマのツボ」では愛らしい魔女姿をご覧いただけます。
どうぞ、お楽しみに!

 

2014年3月1日(土)全国公開
『魔女の宅急便』
監督:清水崇
原作:角野栄子
脚本:奥寺佐渡子・清水崇

>>魔女の宅急便公式サイト


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る