2012年12月22日

堺&菅野さん、演技の天才その素顔は?

 男女逆転!女将軍にかしずく美男三千人!!で大ヒットした「大奥」の続編、「大奥~永遠~右衛門佐・綱吉篇」が華麗にスクリーンに登場!で、主演の堺雅人さん&菅野美穂さんにお話うかがいました。

 群を抜く演技力を持つお二人、普段はどんな方なのか?興味津々、楽しみにインタビューへ向かいました。

 意外にも初共演のお二人。スクリーンの中では、右衛門佐&綱吉、圧巻の演技で我々を元禄の世へ引きずり込むお二人。インタビューでは笑いが絶えない穏やかなムードで演技に臨むまでのこともお話くださいました。

 菅野さん曰く、「堺さんは学者さん」。役をつかむ研究が学者のような熱心さ、時代を通り越してどんどん行っちゃうそうです。右衛門佐のルーツを楽しそうに語る堺さん、「右衛門佐のルーツは大阪の神社なんですよ。」「えーっ!?それ、ウチの実家の近所の神社です!」役の研究が進みに進んで江戸を通り越して鎌倉時代へ、その事実がわかり実際に神社に何度も足を運んだそうです。無名ではないものの「ザ・平安神宮」みたいな華やかで有名な神社ではありません。京都に近い大阪の郊外に静かに存在する(と私の勝手な認識)神社に自ら赴き役をつかんで行く。(真面目な方に違いない)という私の予想を遥かに上回るその姿勢に、堺さんの演技が私たちを引き込む理由がハッキリと見えて納得。研究成果をおなじみの優しい笑顔で本当に楽しそうに話す堺さんは、とてもチャーミング、横から突っ込む菅野さんが、これまたキュートでした。いいコンビです。

 素晴らしいものを見せてくれる人は、そこに至るまでに普通のこととして努力をしている。プロです。カッコいいです。清々しいお二人でした。

 

 インタビューの模様を、12月28日金曜日・年末特番すぐ後、22時54分放送の「シネマのツボ」でお送りします。プレゼントもありますよ。ぜひご覧くださいね!


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2012年12月8日

亀梨和也さん、RNC来訪!!

 人気ドラマ「妖怪人間ベム」が、ついにスクリーンに登場!そのキャンペーンが、前代未聞「はやく全国をまわりたい!」と題して、主演の亀梨和也さんが全国28都市の放送局を訪れるというもの。先日、西日本放送にもいらっしゃいました!こんな機会めったに、というより、ない!ですよ。局員一同で大歓迎。「気ままにラジオ」とテレビ「every.フライデー」に生出演。朝早くから続いたキャンペーンの最後が「シネマのツボ」インタビュー。疲れも見せずに撮影時のお話を色々してくださいました。

 今年の夏の撮影は北海道から。北海道とはいえ、ベムスタイルでの撮影は暑い!「妖怪は汗かいちゃダメ」なので、ハイテク冷却シートやミニ扇風機など様々な工夫で暑さを乗り切り、あのクールなベムがスクリーンを舞うわけですよ。妖怪人間も大変です。

 亀梨さんは、とても落ち着いた雰囲気の方、端整なお顔はそのまんま王子様の格好してもハマりそうです。それが・・・大スクリーンで迫力の変身!そのギャップが妖怪人間の哀しみをいっそう増すんですねー。静かな語り口でお話されていたインタビューが終盤に差し掛かったところで、思わぬハプニングが!ナイスなリアクション、さすがベム!でした。

 そして、寒い中を長時間RNCの前で待ってくださったファンの皆さん、ありがとうございました。亀梨さんのRNC訪問を盛り上げてくださったのは皆さんです。お帰りの時には皆さんへのご挨拶もありましたよね、ファンを大切にされていることがよくわかりました。15日の映画公開を楽しみにしてくださいね!

 インタビューの模様を、公開前夜!12月14日「金曜ロードショー」すぐ後の「シネマのツボ」で放送します。「はやくオンエアを見たい!」とご覧いただいて、翌日映画館に直行!週末の予定はコレですよ!!

-------------
映画 妖怪人間ベム
12月15日(土)全国東宝系公開 

キャスト:亀梨和也 、杏、鈴木福  ほか

監督:狩山俊輔
音楽:サキタハヂメ
脚本:西田征史
原作:アサツー ディ・ケイ
配給:東宝

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る