2012年8月18日

竹中さんとサミュエルさん

 映画「アベンジャーズ」、全世界大ヒットの公開ラストを飾るのが日本!ということで、開かれたジャパンプレミアの取材に行って来ました。

 プレミアの前に個別インタビュー。お相手は、サミュエル・L・ジャクソン演じる司令官ニック・フューリーの日本語吹替えを担当した、竹中直人さん。日本が誇る名俳優の一人です。同時に、(テレビでは面白い方だけど実際はどうなんだろう??)と・・・時間通りに竹中さん登場。いやー、のっけから面白いんです。何をうかがっても面白い。答えの全てが面白い!私はすっかり観客気分になってしまっていると、出たんです!アレが!!「笑いながら怒る男」!!!どれだけコレで笑ってきたことか?その名人芸といっていいアレが目の前、至近距離で行われている!まぼろし、じゃない、「生・笑いながら怒る男」だ!!私、思いました、心から「ありがとうございます。」竹中さん、ホント、すごいです。10分のインタビュー中、私もスタッフさんも笑い通し。人を楽しませようという気持ちをごく自然にお持ちなんだと思います、それは誰にでもできることじゃない。名俳優にして、名エンタテイナー、そして人間の器の大きさをも感じました。

 

 

 夕方は、六本木ヒルズアリーナでジャパンプレミア。監督、プロデューサーはじめゲスト続々登場、華やかなプレミアです。会場の興奮度が最高潮に達したのが、サミュエル・L・ジャクソン登場の時!おなじみのベレー帽にファッショナブルなスーツ、だけど靴は白いスニーカー、ひぇーっ、このハズシ、誰も真似できないカッコ良さです。メディア同士のインタビュー合戦も熾烈!絶対取る!と決心した私の目の前に、ついにサミュエルさんが!貫禄・・・人生の深い味わいがオーラとして全身からあふれているよう。で、あの渋い声!しかもファンキーな魅力なんですよね。

 

 

 紅一点ブラック・ウィドウの吹替えをした米倉涼子さんは、真っ赤なドレスでまさに会場の華。竹中さんは昼とは衣装チェンジ、一見スカート?なんて可愛い姿なの!!竹中さんはレッドカーペットでもみんなを笑わせていました。素敵な方です。

 

 

 ジャパンプレミアの模様と竹中さんのインタビューを、8月24日「金曜ロードショー」すぐ後の「シネマのツボ」でお送りします。サミュエルさんから皆さんへのメッセージ、そして竹中さんのアレ、お楽しみに!

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2012年8月16日

最強映画「アベンジャーズ」!!

 映画「アベンジャーズ」、もうご覧になりましたか?普段はピンで主役をはるヒーローたちが集結!ド肝を抜くスケールに怒涛のアクション→突き抜けるアメリカンな爽快感!理屈抜きでスカーーーッ!!暑さを吹き飛ばせますよ。

 とにかくキャラクターが立ってます。ロバート・ダウニー・Jrの「アイアンマン」は渋い魅力。クリス・ヘムズワースの「ソー」はまだちょっと青いマッチョな神様。「ハルク」の暴れ方は今回尋常じゃない!他、各種イイ男そろってます!中でも、妙な味わいが際立っていたのが「キャプテン・アメリカ」!演じるクリス・エヴァンスはとてもクラシックなイケメン。それを生かした「真面目でちょい時代遅れなヒーロー」が必死で頑張る姿がなんともいえず、応援したくなるんです。

 予想外でしたが笑えるシーンも満載。その「キャプテン・アメリカ」、とてもクラシックな星条旗モチーフのコスチュームがトレードマーク、このままコメディ撮れそうな姿です。ヒーロー集結のために久々に呼び出されて一言。「このコスチューム、古過ぎないか?」→本人も気にしてたのかー!?もう、なんていうか、可愛いヤツです。皆をまとめようとするも、個性強すぎメンバー達はバラバラ・・・七三ヘアの端正な顔を曇らせる・・・が、頑張れ!キャプテン!!他にも、クスッと笑わせる場面がいっぱいで楽しいです。

 しかし!ヒーロー軍団アベンジャーズ、一旦まとまったら止まらない!見事なチームワークでとんでもないパワーをそれぞれ発揮。恐ろしい敵を相手に一致団結、戦う姿は素晴らしく、こっちのボルテージも上がります。

 これぞハリウッド!なスケールがゴージャスな「アベンジャーズ」、前知識なくてもぞんぶんに楽しめます。アクション映画はイマイチとおっしゃる女性でも、急に集められて頑張るキャラクターたちの魅力で、きっと楽しめると思いますよ!

 「アベンジャーズ」の魅力を、8月17日「金曜ロードショー」すぐ後の「シネマのツボ」でご紹介します。是非、ご覧ください。

 

アベンジャース

監督:ジョス・ウェドン
製作:ケビン・フェイグ
原案:ザック・ペン
      ジョス・ウェドン
脚本:ジョス・ウェドン

キャスト:
ロバート・ダウニー・Jr.
クリス・エバンス
マーク・ラファロ
クリス・ヘムズワース
スカーレット・ヨハンソン  ほか




- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る