2011年10月7日

第420幕「DOG×POLICE 純白の絆」

 アップル社のスティーブ・ジョブズ氏が亡くなり、大きなニュースになりました。それが「DOG×POLICE」に関係あるのか?あるんですよ~。イッチー達と犬が立ち向かう連続爆破事件のターゲットの一つとなるのがイベント会場。「スティーブン・ジャブズ氏来日講演」なんでこんな真剣なとこで、こんなユルいパロディをかますのか!?鑑賞中妙に気になったもので・・・。

 それはともかく、イッチー燃焼!熱い男・市原隼人、本領大発揮!ハマリにハマッテます。警察官→刑事への思い通りの道が進めず、イラだったり、落ち込んだり、一念発起でヤル気になったり。笑ったり、泣いたり、怒ったり、真っ直ぐ一直線な主人公が、市原君本人と重なり、とても爽やかです。俳優さんは自分と全く違う人格を演じることが多いでしょうが、本人と重なるキャラクターなら、役の魅力がいっそう輝くんだなーとあらためて思いました。犬のシロもお利口で可愛くてねー。イッチーでなくても、「シロ!よーし、よしよしよし!」したくなってしまいます。

 私が最も強く感じたことは、「市原くん、なんて綺麗な顔立ちなんだ・・・。(しみじみ)」そんな感想か!?と怒らないでください、本当なんですから。大スクリーンにアップが映える顔です。眉間に皺寄せて目ぇ三角になってる表情も、シロを抱き寄せて満面の笑顔も、どれも可愛いっ!爆発物時間設定と物語の時間経過が納得いかん!なんてこと、気になりません。私はイッチー眺めてるだけで満足でした。そんな映画の見方って・・・アリに決まってんじゃないですか!


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る