2011年9月30日

金曜夜は、シネマのツボ!

 「シネマのツボ」、今週から放送時間が変わります。

 毎週金曜夜、「金曜ロードショー」のあと!「金曜ロードショー」で映画を楽しんだあとは、続いて新作映画のみどころをチェックしてくださいね!

 今週は「ドッグ×ポリス 純白の絆」。熱い男、市原隼人くんのためにあるような役柄です。一度お話うかがったことがありますが、本当に熱い。というより、素直、正直、一生懸命、真っ直ぐ、礼儀正しく、謙虚、etc.  あまりにも真摯な姿に瞬時にファンになりました。顔もきれい!小さな顔に驚くほど整った目鼻立ち、長身ではありませんが完璧なバランスのボディ!身も心も美しいイッチーが燃えに燃える警察官!これは見逃しちゃソンですよー!


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2011年9月21日

武井咲ちゃん登場です!

 「ワイルド・スピード MEGA MAX」ついに日本上陸!

世界中で大ヒットを記録した新作は、スピード、スケール、迫力、興奮度、

何もかもがMEGA MAX!!ですよー。

 

 

 公開を前に、先日東京で、日本語吹き替え初挑戦の女優・武井咲ちゃんを迎えて

イベントが行われました。

大ブレイク中の咲ちゃんは、日本代表としてMEGA MAXメンバー入りを宣言。

咲ちゃんをイラストで描いた鮮やかなオレンジ色のオリジナル・ペイント・カーで颯爽と登場!

まさに、今、咲き誇る大輪の花です!!

 
 

 

 大注目の咲ちゃんにお話うかがいました。

中学生からモデルの仕事をしているとあって、17歳とは思えないしっかりしたお嬢さん。

芯の強さはMEGA MAX級です。

 

 

 今週24日土曜日シアワセ気分」後半の、「シネマのツボ」で

映画の紹介とともにお送りします。ぜひ、ごらんください。

 

ちなみに。会場にはマニア垂涎のチューンアップカーが展示。

私がのぞいてるのは、「バイパー」という車です。

色々なこだわりが加わりものすごいお金がかかってるそうです。

ボディの流れるようなラインは確かに美しかったです!

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2011年9月15日

気ままにラジオでたっぷり向井理さん!

 映画「僕たちは世界を変えることができない。But,we wanna build a school in Cambodia.」23日公開です。その前に!、映画初主演の向井理さんはじめ松坂桃李さん、柄本佑さん、窪田正孝さん4人揃ってのインタビューを、「気ままにラジオ」でお送りします。

 テレビではお伝えできなかった部分も含めたロングバージョン。4人それぞれがカンボジアで感じたこと、映画に関わって得たもの、撮影時の気持ち、本音で語ってくださいました。4人の若者の作品にかける情熱が四者四様に伝わってきて、インタビュー後、私はとても清々しい気持ちになりました。若き俳優の真摯な思いがこもったお話をたっぷりと!お届けします。

 放送は9月21日(水)「気ままにラジオ」 午後2時過ぎからの特集コーナーです。

 特に、向井理さんの声、ほれぼれしますよ~ん!お楽しみに!!


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

第419幕「モールス」

 オリジナルのスウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を、見たかったのに見逃してしまいました。その後絶賛されていたので、悔しさもひとしお。そこへ、このリメイクを見る機会が!オリジナルと比べようがありませんが、とても切なく美しい叙情ホラーという趣でした。好きです。

 見る前からの期待ポイントは3点。

 1・「ぼくのエリ・・・」が元である。

 2・あの「キック・アス」の’ヒットガール’!クロエ・グレース・モレッツが主演!!

 3・以前インタビューしたことのある、とても真面目で良い人イメージのマット・リーブス監督が   「クローバー・フィールド」とは全く違う色の作品をどう料理するのか!?

 どれも期待を裏切らない出来でした。

 スクリーンに思わず引き込まれるような空気感が一貫してある作品は良いです。アメリカのニューメキシコ州を選んで、雪に閉ざされて空気がピーンと張り詰めたような静謐な雰囲気の中、孤独な少年と実は吸血鬼の少女が出会い、心通わせていきます。切ない・・・。少年はむちゃくちゃないじめにあってます。命に関わりかねないほどのいじめは、美しく寂しげで「変な匂いのする」少女にひかれていくことに違和感を持たせません。少女の保護者である老人はじめ、登場人物が血にまみれ、無残な状態に陥っていくスプラッタホラーなのに、なぜかスクリーンには純粋な空気が流れ続ける。孤独な少年と少女の純愛がそこにあるからなんです。

 クロエ・グレース・モレッツ、いいですねー!良いっ!正統派美人ではありません。あらいぐまに似た顔。これがめっちゃくちゃ、チャーミング!可愛くて魅力的で目が離せないんですよ。ヒットガールの時のはじけた奇妙な強力キャラとは別人。秘密の十字架を背負って永遠に生き続けなければならない悲しみを、この子全身から漂わせるんです。えらいことですよ、コレ。単なる美少女吸血鬼ではなく、やっぱり「奇妙な」味を持ってるんです。コレはスゴイ。クロエちゃん、今後どう成長していくか、楽しみでなりません。クロエちゃんと、ダコタの妹エル・ファニング、目が離せない二大アメリカ美少女です。

 マット・リーブス監督にも驚きました。こんな繊細な演出する人だとは。そうだ、真面目で優しそうでご本人は繊細な感じなのに、なんで「クローバー・フィールド」なんだろ?と感じたのを思い出しました。こっちの方がマットさんらしいんでしょう。ただ、少女が吸血鬼に変化してズババババッと木に登って行く、あのクモ妖怪みたいな表現は「クローバー・・・」っぽかったわ。ま、クロエちゃんとマット監督の次回作は必ず見ます。

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2011年9月6日

「僕セカ」向井理さん登場!

 今週の「シアワセ気分」、映画コーナー「シネマのツボ」に向井理さん登場です!! 

 映画「僕たちは世界を変えることができない。But,we wanna build a school in Cambodia.」キャンペーンで、映画初主演の向井理さんはじめ、松坂桃李さん、柄本佑さん、窪田正孝さん、4人揃ってお話うかがいました。4人全員集合は久々なんですよ。

 映画は実話に基づいたお話。大学生たちがカンボジアに小学校を建てようと奮闘する姿を描きます。ドキュメンタリータッチでカメラを回しっぱなし、4人の演技を超えた感情が映し出されます。撮影時の模様などうかがう中で、作品への熱い思いがとっても強く感じられました。撮影を通して生まれた4人の絆も伝わってきましたよ!

 9月10日の「シアワセ気分」後半、「シネマのツボ」のコーナーです。是非、ごらんください。
.


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る