2011年8月21日

第418幕「トランスフォーマー ダークサイドムーン」

 車が目の前でぐんぐんロボットに!で仰天した「トランスフォーマー」シリーズ。最終章と言われている今作でついに3D!!いやー、ものすっごいです!この迫力!途中なんとなく見慣れてきて思います、(コレ、ずっとスゴイまんまや・・・)。3Dに否定的だったマイケル・ベイが思い直して放っただけあって、圧巻のド迫力映像、満腹です!

 映像・内容とも面白いってことは、作品紹介でもお伝えしましたんで、ここは「その他」部分を。ベイ作品は突っ込みどころ満載なのも特徴です。まずは、前2作のヒロインから、しゃらーっと新ヒロインに変わった件。ミーガン・フォックスの発言に激怒したベイがヒロイン変えた、というのは前々から伝わってました。で、今度のヒロインは・・・?また同じようなタイプ!好きですねー、プレイメイト系が!まあそれはいいとして、作品中でもムカツキを発散するベイ監督。シャイアとの会話で、ちっこいロボに「前の女はイヤな女だったよなー!」と言わせてました。続いてシャイアとの会話で、お母ちゃんに「ワールドクラスの女の子だったのにねー。」とも。ねばい、ベイ、ネバイ・・・。いいんですよ、面白かったから。

 あらためて感じたのは、トランスフォーマーたち、カッコイイよなーってことでした。1作目を見た時に感じた(こんなイイ歳してロボットをカッコイイって思うとは・・・)という気持ちは変わりませんでした。オプティマス、いいねー、最後まで!バンブルビー可愛いーっ!頭抱えちゃって、もう、たまらん~!ロボットに心が動くところが、この作品の一番の魅力だと実感しました。

 そして、わたくし、日本語吹替え版に参加させてもらいました。死体の写メ撮ろうとするバカ男を叱り飛ばすメガネの小太りの女性役です。全く絡みませんが、シーン前後はジョン・マルコヴィッチ!一応共演です。たった2、3秒ですが、コレが難しかったー!感情も込めつつ、英語の尺内に収める。これだけのことが出来ない・・・。ディレクターさんのアドバイス「役の女性に寄り添って。」いい言葉です、でも難しい!何度繰り返したことか。スタッフの皆さん、お世話になりました。いやー、海外ドラマの吹替えの声優さんってスゴイ!今さらながら実感、あれは職人技です。しかし良い経験させてもらいました。ばあさんになった時、周りの人に何回も言って嫌がられるとしましょう。


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る