2014年8月30日

昭和の熱さ!唐沢寿明さん登場

特撮ヒーローものの変身した後、つまりヒーローの姿になった人、ヒーロースーツの中にいる人、それが「スーツアクター」です。キレのいいアクションを次々繰り出すプロフェッショナル!でも顔と名前が広く知られることはありません。陰のヒーローだけど、真のヒーローである「スーツアクター」の生き方にスポットを当てた熱い映画「イン・ザ・ヒーロー」9月6日公開です。

一番のポイントは、スーツアクター歴25年の主人公・本城を演じるのが唐沢寿明さんだ!ということ。16歳で俳優を目指したスタートは東映アクションクラブ、まさにスーツアクターを数年間経験していらっしゃるのです。唐沢さんがいたからこそ生まれたこの映画について、ご本人にお話し伺いました。

「51だからさー、そりゃアクションきつかったよ。」と言っても若々しい唐沢さん。映画ではスーツアクター時代の仲間が撮影に参加したり、当時の写真を持ってきてくれたり、いろいろ協力してくれたそうです。本城は「いつか顔も名前も出る俳優として出演する!」という夢を持ちつつ、スーツアクターのプロとして日々努力を欠かしません、それが本城には当たり前のこと。真剣に物事に向かうカッコよさを描いた映画です。「初めからあきらめて夢さえ持たない人が多いと思う。やってみないと何が自分に足りないか?それもわからないでしょ。」「失敗して傷つくのを怖がってちゃダメだよ。」「昭和の人間は熱いもの持ってるんだよ!」名言連発。同年代の私は(そうそうそう!)と頭の中で膝打ちっぱなし。そして「スター」という言葉には「おれスターじゃないよ!」と即答、ポーズじゃありません。いやいや、スターですよ、でも自然に普通の感覚を持ったままの方で、そこがカッコいい!自分の信念を持ちながら柔軟に対応していくしなやかな精神と、確固たるプライドがある上での謙虚さ、そして周りの人をなごませる明るさ!多くの人に慕われるのわかるわー!と実感しました。

唐沢さんのインタビューをお届けします。テレビは9月5日「金曜ロードショー」すぐ後の「シネマのツボ」で。ラジオは9月10日水曜日「気ままにラジオ」2時台に特集でお送りします。「イン・ザ・ヒーロー」&唐沢さん自身の魅力をキャッチしてくださいね!

 

『イン・ザ・ヒーロー』公式サイト


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る