2012年8月18日

竹中さんとサミュエルさん

 映画「アベンジャーズ」、全世界大ヒットの公開ラストを飾るのが日本!ということで、開かれたジャパンプレミアの取材に行って来ました。

 プレミアの前に個別インタビュー。お相手は、サミュエル・L・ジャクソン演じる司令官ニック・フューリーの日本語吹替えを担当した、竹中直人さん。日本が誇る名俳優の一人です。同時に、(テレビでは面白い方だけど実際はどうなんだろう??)と・・・時間通りに竹中さん登場。いやー、のっけから面白いんです。何をうかがっても面白い。答えの全てが面白い!私はすっかり観客気分になってしまっていると、出たんです!アレが!!「笑いながら怒る男」!!!どれだけコレで笑ってきたことか?その名人芸といっていいアレが目の前、至近距離で行われている!まぼろし、じゃない、「生・笑いながら怒る男」だ!!私、思いました、心から「ありがとうございます。」竹中さん、ホント、すごいです。10分のインタビュー中、私もスタッフさんも笑い通し。人を楽しませようという気持ちをごく自然にお持ちなんだと思います、それは誰にでもできることじゃない。名俳優にして、名エンタテイナー、そして人間の器の大きさをも感じました。

 

 

 夕方は、六本木ヒルズアリーナでジャパンプレミア。監督、プロデューサーはじめゲスト続々登場、華やかなプレミアです。会場の興奮度が最高潮に達したのが、サミュエル・L・ジャクソン登場の時!おなじみのベレー帽にファッショナブルなスーツ、だけど靴は白いスニーカー、ひぇーっ、このハズシ、誰も真似できないカッコ良さです。メディア同士のインタビュー合戦も熾烈!絶対取る!と決心した私の目の前に、ついにサミュエルさんが!貫禄・・・人生の深い味わいがオーラとして全身からあふれているよう。で、あの渋い声!しかもファンキーな魅力なんですよね。

 

 

 紅一点ブラック・ウィドウの吹替えをした米倉涼子さんは、真っ赤なドレスでまさに会場の華。竹中さんは昼とは衣装チェンジ、一見スカート?なんて可愛い姿なの!!竹中さんはレッドカーペットでもみんなを笑わせていました。素敵な方です。

 

 

 ジャパンプレミアの模様と竹中さんのインタビューを、8月24日「金曜ロードショー」すぐ後の「シネマのツボ」でお送りします。サミュエルさんから皆さんへのメッセージ、そして竹中さんのアレ、お楽しみに!

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る