2012年4月15日

NYC中山優馬くん登場!

 ディズニーが放つスペクタクル巨編「ジョン・カーター」の取材に行ってきました。先週の「シネマのツボ」でご紹介した「バトル・シップ」と共に、主演はハリウッドのライジングスター、テイラー・キッチュ。超大作に二本も主演!ものすごい期待が掛かってるわけです。とはいえ、ご本人は自然体。瞳が美しいイケメンなんですが、その辺にいそうな気もします。親しみやすいってとこがアメリカでの人気爆発の理由かもしれませんね。個別取材では、「ウォーリー」のアンドリュー・スタントン監督と冗談連発してましたよ。

 続いてジャパン・プレミアです。我々が到着すると、六本木ヒルズアリーナは既に熱気ムンムン。熱気の正体は数百人の少女たち。重要な役の日本語吹替え担当した、ジャニーズ、NYCの中山優馬くんとハイタッチできる!とあって、大量の少女の期待と興奮が我々を圧倒します。映画のプレミアは盛り上がるとはいえ、この熱さ、初めてです。そして、ついに中山優馬くんが登場!もうねー、「耳をつんざく」とはこのこと!キヤァーーーーーーー!!!!!ゆうまぁーーーーーー!!!!!ジャニーズの威力、実感。

 私は叫んでられませんので、優馬くんが来たらインタビュー。まぁ~少女マンガから抜け出して来たかのようなクッキリハッキリ美青年。王子様の服、着せたいですねぇ。コメントいただき、一息つくと背後から聞こえてきました。「ヤバイ!楽しすぎるんだけどぉーっ!」「たまんねぇーーーっ!」私が止めてる間、少女たちは優馬くんを堪能してくれたようです。良いことした気がしました。

 そんなこんなで少女たち大熱狂のジャパンプレミアの模様、テイラー・キッチュ&スタントン監督インタビュー等、映画「ジョン・カーター」は4月20日「金曜ロードショー」すぐ後の「シネマのツボ」でご紹介します。お楽しみに!

 

 

左から二番目、中の人はJOYさんでした。
最後までこの姿で頑張っていました。

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る