2011年2月27日

第417幕「英国王のスピーチ」

アカデミー賞が近づくにつれ、「本命!」の声が高くなってきた本作をワクワクしながら昨日見てきました。

あぁ~、えぇ話やわぁ~!友情って素晴らしい!困難を克服する、しかも友情の力で!素直に感動・・・。斜めから見る隙を与えない、真っ向から「良い話」人間の「良い面」を描いた作品。拡張高く品があり、ユーモアも効いててあたたかい。途中からずっとじわじわ涙が出っぱなしでした。

私が「良かったな~」と思う映画は、良い脚本と良い演技!これに尽きると思うんです。その点、この作品抜群です。しかも、エリザベス女王のお父さんが吃音を克服して国民から愛される王になる一歩を踏み出す話。実話です!興味も膨らむんですよ!

いや~役者が良いっ!コリン・ファースは、気弱で癇癪もちで心優しいジョージ6世が、暗い過去とコンプレックスを克服する姿を真摯に演じ、素晴らしいです。「ブリジット・ジョーンズ」の相手役、とか地味な印象しかなかったけれど、去年ノミネートの「シングルマン」で演じたゲイの教授・・・孤独と哀しみ染み出す胸を打つ演技でした。そして、ジョージ6世。こんなに上手い人だったんですね。

そして対する療法士役ジェフリー・ラッシュ。良いっ!素晴らしい!もう、私はこの人の姿に感動して涙が出続けました。静かな抑えた演技です。表情も大きくは変わりません。なのに、その表情から感情がすべて伝わるんです。役者への夢破れた自分が、人のコンプレックスを克服する手助けに自分の能力を注ぎ込む。自分にコンプレックスがあるからこその優しさなんです。しかもマイペース。国王だからってひるまない、そしていつのまにか生まれる本物の友情、ええなぁ~!!いや~すごかった!プロフェッショナルの最上の仕事を見せてもらって感謝の気持ちさえ沸きました。

皇后役のヘレナ・ボナム・カーターも、控えて抑え気味の演技がまた良いんです。この人が傍らで支えたからジョージ6世は頑張れたんですもんね。実際には、ジョージ6世は50歳ちょっとで亡くなり、皇太后は英国民に愛されて100歳超えるまで長生き!この事実にも驚きました。

いい映画なんです!言い尽くされた言葉だけど、友情って素晴らしい!努力で困難を克服するって素晴らしい!私は、今年の作品賞と監督賞は「英国王のスピーチ」であって欲しいな、と思います。主演男優賞はコリン・ファースでしょう。ジェフリー・ラッシュももちろん取れる演技です、ただ下馬評高いのはクリスチャン・ベール・・・ラッシュ蹴飛ばすほどって、一体どんな凄い演技なんだろ?と「ファイター」にも興味がより高まります。さっ!結果が楽しみですねっ!

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る