2020年2月28日

FUkushima50 その真実が今・・・

東日本大震災。福島第一原発事故の知られざる真実を描く映画「Fukushima50」3月6日公開です。原発メルトダウンの危機が迫る中、なんとか事態を食い止めようと命がけで闘った職員たちFukushima50、その多くが地元出身の名もなき作業員でした。彼らの五日間を克明に再現、事故の現状、官邸や本社との温度差、人々の感情、様々な事実が明らかになり、驚き、震えます。

福島第一原発の人々を名優が演じます。当直長・伊崎を佐藤浩市さん。まさに最前線で指揮を執る伊崎は苦渋の決断もしつつ、現場の仲間たちと一体になって危機に立ち向かいます。一方、実名で登場の吉田所長を渡辺謙さん。同い年で親友の伊崎とは、現場とエリートの違いはありながら、闘う男同士の絆で結ばれています。二人を軸に日本映画界を代表する俳優たちが見せるそれぞれの人物が、この真実の物語を鮮やかに蘇らせます。

公開を前に、佐藤浩市さん、萩原聖人さん、若松節朗監督にお話をうかがいました。今、なぜ、この事実をドラマとして世に送り出したのか?思いを語っていただきました。インタビューの模様を放送します。3月4日水曜「気ままにラジオ」ではロングバージョンでたっぷりとお聴きいただきます。テレビは3月6日「金曜ロードショー」すぐ後の「シネマのツボ」で。熱い思いが伝わるお話の数々、ぜひご視聴ください。


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2020年2月7日

逃げる大沢、追う岩田!

10年後の日本、人々の生活に寄り添い助ける存在になっているAI=人工知能が突如暴走!人命を選別し、殺戮開始で大混乱!あるかもしれない恐怖をリアルに描く近未来サスペンス「AI崩壊」大ヒット上映中です。

AIを暴走させたテロリストとして追われることになるのが、天才開発者・桐生。巻き込まれ型の主人公として逃げて走って大変な桐生、大沢たかおさん、とてもハマってます。一方、桐生を追い詰めるのが天才捜査官・桜庭。岩田剛典さん、今回はみんなが持つ甘く優しい♡ガンちゃん♡のイメージとは違うクールなサイバー捜査官・・・これも素敵なんですよねぇ。初共演のお二人と入江悠監督が撮影の裏話を語ってくれました。

桐生はずっと走ってるなー、とみんな思うはずですが、本当にずーっと走ってたそうです。ホントに大変だったそうで・・・大沢さん、クールで完璧なイメージですが、実は独特のペースをお持ちでお話に妙な面白さがあります。他の人にはない面白さ。短い時間ですが「シネマのツボ」で伝わるといいなー。

2月14日「金曜ロードショー」すぐ後の「シネマのツボ」で放送します。ぜひご覧ください。


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年10月6日

最強の二大女優降臨!

ジャック・ニコルソン&モーガン・フリーマン共演で大ヒットしたハリウッド映画「最高の人生の見つけ方」、なんと、日本が誇る二大女優でリメイク!二大女優とは・・・吉永小百合天海祐希!いやー、最強の顔合わせです。余命宣告という共通点で繋がった平凡な主婦とパワフル社長、正反対の二人が偶然拾った、ある少女の「死ぬまでにやりたいことリスト」を実現することに。シリアスな状況の中で、生きていることを最大限実感していく二人の姿は天晴れ!誰もが何かに共感でき、爽快な気分になる素敵な映画です。

様々なことに挑戦する二人ですが、特に吉永さんにはビックリ!「さ、小百合様がそんなことを!」ぜひ映画館でご確認ください。

先日、松山でお二人の記者会見が行われ、私も参加してきました。最強の二大女優の共演、撮影中どんな感じだったのか?興味津々で聞いてみたら・・・お二人のやりとりで会場爆笑!

その模様は、10月18日「金曜ロードショー」すぐ後の「シネマのツボ」でごらんください。

天海さんはいつもながら颯爽とカッコよく、そして吉永さんは・・・お姫さまのようでした。目上の方に失礼ながら、信じられないほどの可愛らしさ!それが、吉永小百合さん、なんですね。



- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年8月1日

可愛い日本版シンバ

 「ライオンキング」が大進化!実写もアニメーションも超えた、その名も「超実写版」で登場です。最新の技術を駆使した、まあCGなんですが、これがビックリ!え?この動物たちが本物じゃないわけないでしょ?というくらいリアル!超実写映像は私たちをアフリカの大地に一気に連れて行ってくれます。

その「プレミアム吹き替え版」では賀来賢人さん、江口洋介さん他魅力的なキャストが声を担当。中でも注目は子供時代のシンバ役、熊谷俊輝くん11歳。大役に抜擢された俊輝君は岡山出身の歌が大好きな少年です。これまでにもコンテストやテレビ番組、ミュージカルの経験はありますが、今回のシンバ役で熊谷くんの歌声は日本中の人々を魅了するでしょう。

先日、岡山で俊輝くんにインタビュー。シンバに重なるほど可愛らしい俊輝くんは、しっかりした考えを持つ6年生。未来のスター候補です。8月9日「金曜ロードショー」すぐ後の、「シネマのツボ」で放送します。ぜひご覧ください。



- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年5月30日

北村一輝さん「アラジン」参加!

ディズニーアニメの名作「アラジン」ついに実写映画化、6月7日公開です。これはスゴイですよ!華やかな色の洪水に一瞬で巻き込まれ、夢の世界に浸れる二時間。歌と踊りも満喫。♪ホール・ニュー・ワールド♪が実写で展開されると、うわぁ~!っと興奮します。大勢でのダンスシーンはボリウッド映画のようで気分上がりますよー。コメディ要素もアニメ以上。なんといってもランプの魔人「ジーニー」をウィル・スミスが演じてますから!クルクル変わる表情にマシンガントーク、ラッパーの本領も存分に発揮、お茶目なジーニーは楽しさ満点。ウィル以外は考えられない適役です。

プレミアム吹替版キャストも楽しみなキャスティング。ジーニーはもちろん山寺宏一さん、アラジンを大人気の中村倫也さん、そして悪役ジャファーを演じるのが北村一輝さん。北村さん、お顔立ちがハッキリされてますからねぇ、映画の中のジャファー役の俳優さんと入れ替わっても違和感ない・・・なんて私は思ったんですが、吹き替えは苦労もあったそうなんです。北村さんに吹き替えの裏話などうかがいました。

5月31日「金曜ロードショー」すぐ後の「シネマのツボ」、ぜひご覧ください。



- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年9月30日

おっさんとプーさん

Ewan McGregor plays Christopher Robin opposite his longtime friend Winnie the Pooh in Disney’s heartwarming live action adventure CHRISTOPHER ROBIN.

世界中の人気者”くまのプーさん”初の実写映画化「プーと大人になった僕」が大ヒット!これは、見れば納得です。

おなじみのお話を映画にしたのではなく、少年クリストファー・ロビンが大人になっているお話。いいおっさんになったクリストファー・ロビンは、ロンドンで仕事漬けの日々、景気の悪さから、中間管理職として部下をリストラせよ、というキッツい任務を負っています。休みも取れず家族からは冷たい目で見られ、会社では悶々とし、悩んで落ち込んでいると・・・プーが現れ、少年時代を過ごした100エーカーの森に行き、動物仲間たちとも再会。けれど、昔のように自由に遊んでいるわけにいかず・・・。

映像の美しさに魅了されます。ロンドンのクラシックな町並みも、100エーカーの森もちょっとくすんだトーン、心落ち着く美しさです。その中で生き生きと動き回るプーと仲間たちの愛らしさがたまりません。ぬいぐるみが動いているわけですが、気がつくと生きいてると思い込んで見ています、そのくらい自然なんです。プーのゆっくり、のんびりモード、せっかちな私もプーのペースにハマって様々な名言が沁みました。

ユアン・マクレガーは、おっさんになったクリストファーにイメージぴったり!澄んだ瞳のせいでしょうか、少年の名残を感じさせます。プーと仲間たちとの絡みが自然で違和感ゼロ。考えてみたらほぼ「一人芝居」、これはスゴイ!

誰も子供のままではいられません。でも、子供の純粋さを少しは持っておけるはず。そうできれば、人生がちょっと素敵になると思いました。大人こそ、見てほしい優しさあふれる作品ですよ。


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年6月10日

姉妹で姉妹!

本屋大賞受賞作「羊と鋼の森」、山崎賢人さん主演で待望の映画化、現在公開中です。調律師の奥深い世界を青年の成長とともに描く、静かな美しさと強さがあふれる作品です。

山崎さん演じる主人公の調律師に大きな影響を与えるピアニストの姉妹を演じるのが、上白石萌音さん萌歌さん姉妹。先日、お二人にお話うかがったところ、「やっと夢がかないました!」の一言が。それぞれに活動を続ける中、(いつか一緒に同じ作品をやってみたい)と思い続けてきたそうです。それが実現、しかも姉妹役!演じた佐倉姉妹は、自分たちを映しているかのようだったそうです。お互いを思いやったり、嫉妬したり、尊敬したり・・・姉妹で同じ仕事をしている自分たちの気持ちが役と重なるようで、貴重な体験だったということです。映画の中に登場する大切な言葉「こつこつと・・・」それを自然に続けているんだろうなと感じました。聡明で爽やかな仲良し姉妹、これからの活躍もとても楽しみです。

上白石萌音さん萌歌さんのインタビューのもようを放送します。テレビは6月15日「金曜ロードショー」すぐ後の「シネマのツボ」で、今作の魅力を語ってくださっています。ラジオは6月20日(水)「気ままにラジオ」で、撮影の裏話も含めてロングバージョンでたっぷりお送りします。ぜひ、ご視聴ください。



- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年3月11日

メキシコ流お盆「リメンバー・ミー」

今年度アカデミー賞、長編アニメ賞に輝いた「リメンバー・ミー」受賞も納得の素晴らしい作品です。舞台はメキシコの「死者の日」。亡くなった人々が年に一度現世に帰ってくる、生きている人は亡くなった人を思う、日本のお盆のようなものですね。けど圧倒的に違うのは、その派手さ!原色の飾りが町に溢れ、お祭り気分、というかまんま「お祭り」ですね、私もテレビでしか見たことありませんが。日本の、静かに魂を迎えて送り火で・・・という感じではなく、歌って踊って「わーい!お帰り~!!」ってにぎやかです。それをアニメーションでスクリーンいっぱいに描き出すと、まあ~なんという美しさ!その中で、主人公ミゲルが大冒険。家族の大切さを伝える、あたたかく、楽しく、美しい作品です。

音楽が大好きなギターの天才少年ミゲルの夢はミュージシャン。でも、先祖のある事情で音楽禁止!の家族です。夢と現実と家族の間で揺れるミゲルは、ひょんなことから死者の国に迷い込み・・・。ミゲルのかわいらしさには頬がゆるみますよ、死者の国でバレないようにガイコツメイクしたらパンダみたいな愛らしさ!ステージでおもいっきり歌える喜びがあふれる表情は、みているこちらまで幸せな気分になります。ギターの指使いとメロディーがピッターッ!と合ってるのもスゴイ・・・アニメーションの技術の進歩には驚きます。

映画の中で音楽が大切な役割を果たします。アカデミー賞の歌曲賞も受賞した「リメンバー・ミー」は本当に素敵な曲。中でも、ほとんどの人が涙すると思われるあるシーンでの「リメンバー・ミー」はもう・・・あのシーンは思い出すだけでもじわっときます。

日本語吹き替えに参加された、横山だいすけさんにお話うかがいました。横山さんは長年「うたのお兄さん」として活躍、音楽への思いもひとしおです。3月16日「金曜ロードショー」すぐ後の「シネマのツボ」、ぜひごらんくださいね。



- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年1月27日

オーラを消す!錦戸さん

「桐島、部活やめるってよ」「紙の月」の吉田大八監督最新作「羊の木」。これまでのように、人間の心の奥に潜むものを描くと同時に、ハラハラドキドキのサスペンスという、人間ドラマ&エンタテインメントが同時に味わえる作品です。

刑務所の経費削減のために、減刑して仮釈放した受刑者を過疎化に悩む地方の町が受け入れるという国家の秘密政策。一石二鳥!とはいえ、自分の近所のことだと考えてみたら・・・心穏やかでいられますか?6人の元殺人犯の受け入れ担当となった市役所職員・月末と、町の人々の心の揺れをなんともいえない「ザワつくタッチ」で描いていきます。主人公・月末を演じるのが錦戸亮さん。キラッキラのアイドルとは別人のような風情、市役所の人にしか見えないんです。吉田大八監督は、「錦戸さんは、オーラを消せるというか、一瞬にしてその場の空気になじむというか、特殊な才能の持ち主で、この難役を見事に演じてくれました。」と絶賛。全編「受けの演技」でいて目が離せない錦戸さん、私たち観客の気持ちを引っ張っていきます。

6人の元殺人犯役のキャスティングが、もう、たまらない!見るからに悪そうな北村一輝さん、暗~い市川実日子さん、普通なのにエロい優香さん、なんだかよくわからない松田龍平さん、元殺人犯のキャラクター達がお話をぞわぞわと盛り上げますよ!

吉田大八監督のインタビューを放送します。ラジオは1月31日気ままにラジオ」水曜日3時台にロングバージョンでたっぷりと。テレビは2月2日「金曜ロードショー」すぐ後の「シネマのツボ」で。「わからない・・・それを考え続けてください。」映画がもっと面白くなるお話です、ぜひご視聴ください。



- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2017年12月10日

ルーク・スカイウォーカー参上!

スターウォーズ 最後のジェダイ」間もなく公開です。シリーズ最大の衝撃が待っている!と気になる最新作。フォースに目覚めたヒロイン・レイ、ダースベイダーの遺志を継ぐ決心をしたカイロ・レン、そして、伝説のジェダイ!ルーク・スカイウォーカー。それぞれ、どんな衝撃の運命をたどるのか!?

公開を前に東京で開かれたレッドカーペット・イベントに参加しました。ライアン・ジョンソン監督、プロデューサーのキャサリン・ケネディ、カイロ・レン役アダム・ドライバー、そしてルーク役のマーク・ハミル!誰かちょっとくらい秘密をポロッと漏らしてくれるかと期待しましたが、一切情報漏えい厳禁!とのこと。皆さん、うまいことかわしてくれました。

今作でなんといっても注目するのは、マーク・ハミル。映画プロモーションではなんと39年ぶりの来日。会場にはルークとともに年を重ねた日本のファンが大勢集まり、底冷えしながらも時の流れにしみじみしました。そして、「時間の都合で無理だと思われます・・・」と言われていた、マーク・ハミルに、なんと質問できました!アメリカでは舞台俳優や声優として活躍してきたマークさんですが、日本のファンの前に現れるのは久々。熱狂の歓迎ぶりに驚きつつ本当に嬉しそうでした。感想もユーモアあふれる余裕のお返事でした。

さあ、そのお返事は?12月15日「金曜ロードーショー スターウォーズ・フォースの覚醒」すぐ後の「シネマのツボ」でご紹介します。新作に備えるため「金曜ロードショー」とあわせてご覧ください


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る