2015年9月14日

終活していますか?

13日の中四国ライブネットは、「香川発 終活・あなたらしい人生のエンディングを」をお送りしました。

スタジオゲストは、あさひクリニック院長・西口潤さん、岩佐佛喜堂5代目・岩佐一史さん

☆西口さんには、医師の立場で終末医療についての提言と、義父で元あさひクリニック院長の朝日俊彦先生の終活をお聞きしました。

≪朝日先生は「がんはラッキーな病気」と患者さんを導いてきた終末医療のスペシャリスト そしてご自身がラッキーな病気で、余命1年半あまり・・・悔いのない人生を送りました≫

☆エンディングノートの書き方講習を実施している岩佐さんには、エンディングノートの意義と書き進め方を紹介していただきました。

≪29歳の若さでなぜ興味を持ったのか? 大学時代に仲の良い友人が交通事故で急死、ところが彼の身上がなにもわからず呆然。命のはかなさを実感し、その後ノートに、もしものときの為に自分の証となることを書いたのがはじまりだったそうです≫

お香研究家でもあります。「流川香」というオリジナルブランドを立ち上げ、灰の落ちない線香や、煙が雲海ように流れてくるお香、空海さんが使っていたという躰に塗る塗香など、アイディア商品を発信中!

番組終了後、スタッフ全員で、は~いチーズ!

終活ラジオ1

 

 

 

 

 

 

 

また、最近のお葬式事情については、『綾川葬祭』国分寺会館責任者の伊藤雄介さんに

遺品整理は、遺品整理・事故現場特殊清掃事業『愛笑』の上野友彰さんに伺いました。

男性出演者皆さんの声質がとってもよくて、女性スタッフはうっとり聞き惚れてしまいました。

死を考えることは、生きることを考え直すきっかけにキットなるはず・・・あなたも終活、本気で始めませんか!

お聴きくださった中四国のリスナーの皆様、メッセージもたくさんお寄せいただきありがとうございました。感謝、感謝、、、

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る