2015年8月28日

金田たつえさんの新曲情報

金田たつえさんは、歌手デビューして、48年あまり・・・毎年、コンスタントに新曲を発売して、ずっと第一線で活躍中です。

音楽事務所の社長が高知出身なので、とくに四国には思い入れがあるようで、 四国霊場88か所巡りは、なんと!目下5巡目だそうです。

今回、満を持しての新曲♪≪夫婦譜≫が発売になり、香川へキャンペーンに来られました。

金田さん収録風景

 

 

 

 

 

 

 

作曲は、RNCラジオでもおなじみ、船村徹同門会の三宅宏一さん 

そして作詞が、香川で作詞活動をなさっている、元教師の原文彦さん(演歌の作詞家として注目株) 原さんは、「金田節は、もうブランドです。たつえさんにしか歌えない詩をゼッタイ書きたい」と、熱い想いをもって歌詞を手掛けました。

♪「夫婦譜~愛するあんたに贈る応援歌」は、熟年夫婦への応援歌です。

いごっそで男気のある事務所の梶社長(たつえさんの旦那さんですが)は、とくに3番の歌詞がお気に入りだとか!・・・ご自身の夫婦の姿に重ね合わせているのかもしれませんね~~💛

地元の作詞家、作曲家が手掛けた新曲「夫婦譜」 カラオケのアドバイスもついているので是非歌ってくださいね。

 

★おまけの画像 (前日のビアホールでの懇親会)  左側から・・・原さん、三宅さん、梶社長、前ラジオ制作部長

IMG_0523

 

 

 

 

 

 

 

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2015年8月6日

初めての宿坊体験

友人と熟女二人旅? 高野山へ行ってきました。

電車からケーブルカーに乗り継いで、小高い山々に囲まれた、標高867メートルの盆地に到着。

空海がこの場所に真言密教の道場を開いて、1200年という記念の年。 宗教都市として発展し、現在では寺院117、そのうち宿坊は52カ所あります

到着早々!まだ元気があるうちに、奥の院(弘法大師御廟)へ向かいました。 片道2キロの参道には樹齢数百年の杉木立がが立ち並び、20万基以上の名だたる武将や大名の墓碑が周辺に配置されているんです。 心が洗われましたよ~

奥の院

 

 

 

 

 

 

 

 

泊まった宿坊は、「天徳院」 

若い修行僧の皆さんが、案内や配膳などすべて接待していくれましたし、朝のお勤め(勤行)にも参加させて頂き、 僧侶二人による、見事なセッションのようなお経をありがたく聞かせて頂きました。 

重要文化財のお庭は、小堀遠州が監修した庭。 なんと!栗林公園・南庭は小堀遠州の流れを組むとあって、築山、池、池の中に配置された島や、石組みなど似ている感じ・・・ご縁を感じました。

奥の院1 (7)

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日は、高野山真言宗の総本山「金剛峰寺」へ・・・ 

金剛峰寺

 

 

 

 

 

 

 

 

そして中門から入って、空海が最初に開いた場所という「檀上伽藍」を見学しました。 壇上伽藍とは、いくつかの建築物の集合しているエリアのことです。

 

中門開創間もない819年に創建された中門、焼失再建を繰り返し、なんと172年ぶりに当時の建築様式のままに、2015年に再現されたばかりで、ピッカピカ

 

 

 

 

 

 

奥の院1 (11)

三鈷の松(海が唐から空伽藍建立の地を占うために投げた三鈷が掛かったという松)から向こうに見えるのは、、、、

根本大塔(巨大な大日如来像が鎮座まします)

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは、まるでテーマパークのようになっていて、どこも興味をそそられて、幸せな時間を過ごすごせました! 1200年経った今でも私たちを釘ズケにする高野山、さすが讃岐がうんだ天才、空海さんだ!

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る