2014年8月29日

朗読の達人

今日のゲストは、「ほのぼの朗読教室」主宰のフリーアナウンサー小林大輔さん。

高松出身、高松一校から早稲田大学文学部卒業後、フジテレビに入社。

前田武彦さんが司会をしていた「夜のヒットスタジオ」で、モグラのお兄さんとして人気上昇、一躍看板アナになりました。

70年代はエースアナウンサーとして大活躍、一世を風靡した小林さん。

そのころ新人アナだった植松さんが、日テレ研修を受けるために上京したおり、見学に行ったフジテレビで、同郷のよしみということで、変お世話になったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

退職してから、マスコミの対局となる、肉声で語る朗読というミニコミの世界へ・・・

なんと10年間、文学座の北村和夫さんに師事し、朗読を研究、勉学に勤しみました。

それから表舞台に出て朗読者として発表すると同時に、朗読教室も主宰するようになったのだそうです。

8/30 サンクリスタル高松・菊池寛記念館文芸展の朗読会 8/31 坂出市大橋図書館・朗読教室 9/1 料亭二蝶・朗読会があります。

朗読の原点は、お母さんが子供に本を読むときの、気持ちや声音、

それから1月に半日でもいいから、(ボランティア活動などで)実際に朗読を届けに行くこと・・・だそうです。

朗読を通してまた高松とご縁ができましたね~ すらっと細身で、若々しい小林んさん、また来年もお待ちしています。

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2014年8月15日

終戦日企画

気ままにラジオ、終戦日企画~三好昌広さんの体験と実物大模型~をお送りしました。

東かがわ市三本松で不動産業を営んでいる三好さんは、御歳88になります。

太平洋戦争末期、昭和20年1月に学徒出陣で、海軍・横須賀基地に配属されました。

その時の体験から、7年ほど前に、人間魚雷『回天』を制作し、さぬき市津田町羽立峠の一角に展示しています。

今度は、同級生の体験をもとに、幻の特攻グライダーを完成させました。

 

 

 

 

 

 

 

 

★後方に見えるのが、人間魚雷・回天

早くに横須賀基地、配属になった戦友たちの多くは、回天に乗って出撃し、爆死しました。

三好さんは、からくも出撃前に終戦を迎え、命を長らえのです。

無謀な戦争で、爆死した戦友へ想いから・・・なんと自費で地元の鉄工所に依頼して実物大模型・回転を完成させました。

★特攻グライダーは、三好さんの同級生が乗るはずだったのですが、試験飛行中に終戦になったので幻となってしまったのです。

この特攻機は、上陸してきたアメリカ軍と戦う本土決戦に備えて、配備する予定だったとか、、、でも木と帆布、紙でできた飛行機ですから、200m上空をせいぜい飛んでも約10分で・・・体当り、これでは敵にあたりませんよね。

資料の収集には苦労しましたが、設計図を入手しやっと完成にこぎつけたのです。

戦後故郷に帰ってきた三好さんは、教員を経て、手袋産業に従事、70歳から不動産業を始め、今も現役。 取材の日は、猛暑の中、三本松から車を運転し津田まで来てくださいましたし、情けないことに私の方が暑さに参ってしまった感じでした。。

戦死した友人を想う清廉な気持ち、そしてタフな精神力を、三好さんから感じ、学ばせてもらいました。

物言わぬ実物大模型を、ぜひ皆様も見に行ってくださいね。

 

おまけの画像

台風一過、塩江の『不動の滝』の様子。 今までみたことない、ものすごい水量と轟音だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2014年8月1日

夏はゆり園、冬はスキー場

7月下旬、大野原町雲辺寺山、山頂にある『ゆり園』に行ってきました。

ロープウエイで標高900mまで登り、山頂駅から徒歩5分ほど・・・ゆり園に到着

えっ、ここはスキー場じゃなかった!! 

そうです、冬はスキー場、夏はゆり園として楽しめるようになったのです。

 

 

 

 

 

緩やかな斜面のゲレンデに、職員の皆様がユリの花約7万2000株を植えて、大切に育ててきました。

ユリ園をゆっくり歩いて降り、下からはリフトで昇って来れますよhappy01

見ごろは、8月上旬頃までですのでお早めに・・・山頂は気温が7~8度低いから涼しいです。

 

最近のゲスト

さぬき映画祭映像作品企画賞を受賞した「W&M ウーマン&マン」の監督・梅木佳子さん

男木島を舞台に繰り広げられる、ラブロマンスです。

東京から来た女性が、島で漆芸化家の男性と出会い、恋がうまれる・・・・・

都会では気づけないものを見出し、人生で本当に大切なものに気付いていくというストーリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目下映像化が進行中で、8月からは本格的に男木島で撮影が始まります。

監督の梅木さんは、香川在住の大学講師であり、なんと婚活プロデューサーでもあるんです。

四国新聞のオアシスに、コンカツ事始めのコラムも連載中ですよheart01

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る