2013年7月19日

丸亀の落語定席、健闘中!

丸亀市通町商店街にある秋寅の館で、奇数月の第4金曜日に開催されているのが『秋寅寄席』japaneseteaです。

2007年3月にスタートして、早7年。

この秋寅寄席を立ち上げ、運営、そして自ら出演もしているという、谷沢正則さんにお越しいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

高座名は、白鷺亭楽笑さん。 大学時代から、落研で活動していました。

振り返るといろいろなことがありました。 潮流亭謙笑君、日向やひかるちゃんをはじめ、多くの子供噺家も誕生しましたよvirgo みんな高校生になちゃった。 近郷近在から、毎回楽しみに通ってくれるお客さんもできました。

shineさて、記念すべき、第40回「秋寅寄席」は、7月26日に開催、豪華な顔ぶれが、そろいます。

秋寅寄席を始めて、結婚、そして子供も誕生し、仕事に家庭サービスにと忙しい谷沢さんですが、「落語の定席は、西讃ではほかにありません。 毎回来てくれる常連さんもいるので、とりあえず50回を目指して奮闘します。」と、決意を語ってくれました。

★音楽コーナーのゲストは、高松北中学校・高校吹奏楽部のみなさん

 

 

 

 

 

 

 

 

顧問の小林先生、部長の蓮井さん(クラリネット)、副部長の米田さん(フルート)、そしてアルファあなぶきホールの米田優さんです。

夏休みに入るとすぐに、吹奏楽コンクール香川大会があります。(ちなみに昨年、北校は金賞を受賞)

そして、8月15日には、アルファあなぶいホールで定期演奏会をします。

目下、もう特訓中、愛の鞭が飛び交う厳しい練習の毎日ですが、みんな仲良くいい雰囲気でがんばっているそうです。 青春してますね~

演奏会は入場無料ですので、ぜひご来場くださいね。

おまけの画像

まんのう町帆山地区のひまわり畑へいってきました。なにしろ、25万株もあるので壮観だった。 ひまわりたちから、元気もらえます・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2013年7月8日

行ってきた~あじさいロード

梅雨空に美しく咲く花、あじさい・・・先月は観音寺市の粟井神社(あじさい神社ともいわれる)へ行ってきました。 

先週末は、詫間町の庄内半島、紫雲出山のアジサイを愛でに出かけました。cardash

標高約350メートルの山頂近くまで車で上ります。 山頂駐車場から、展望台まであじさいロード歩くこと10分。

 

 

 

 

 

 

 

 

何千株というあじさいが咲き誇り、迎えてくれます。 それも大輪の花が多く、私の顔くらいもある花も、たくさんありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

展望台では、瀬戸内海の大パノラマが広がり、海と空の境目がぼやけて見えてとても幻想的だった。

頂上の喫茶店で景色を見ながら、ちょっとブレイクタイム。 

のあじさいゼリーをいただきながら、本棚にあった写真集を手に取ってみると、なんと、番組でお世話になった≪木本あつし≫さんの本ではありませんかhappy01

庄内半島の景色に魅せられて、60才を過ぎて大阪から移住してきたのです。 紫雲出山の頂上で、木本さんの写真集に出会えるなんて、ウレシイ・・・ゼリーを食べながら写真集をじっくり拝見しました。

 

★帰りに立ち寄ったのが、多度津町の土日限定【白方ギャラリー】

「ネジバナが咲いていますのでご自由にご覧ください」と書いてあったので、見せてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

その名の通り、ピンクの可愛い花がねじれているでしょう…こんなに群生しているのは珍しいそうです。

栽培しているのは、四国医療専門学校の理事長の大麻さん、一生懸命お手入れされていましたよshine

お茶花として、珍重されているそうです。

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る