2011年9月30日

美人の地震研究者

RNC防災キャンペーン月間の最終日は、特別企画「東京大学地震研究所・助教の大木聖子さんに聞く防災教育」をお送りしました。

大木さんは、阪神淡路大震災のときの辛い経験を機に、地震研究の道に進みました。高校生のときだったそうです。

現在は、広報アウトリーチ室に所属し、板橋区の高島第一小学校で防災教育もしています。 大木さんが取り組んでいるのは、「緊急地震速報による避難訓練」です。 速報がなったら、上から物が落ちてこない安全な場所を自分で瞬時に見つけて速やかに移動するという訓練です。

3月11日は、体育館で卒業式の練習中でした。 地震発生と同時に、全員パイプ椅子の下に隠れて、おさまるまでパニックを起こすことなく冷静に行動したそうです。 余震のときも、自分の判断を信じて行動できた子供たちを誇りに思っているとのことでした。

従来の防災訓練では、いざという時にはとても対応できません。 ぜひ、香川でも緊急地震速報による避難訓練をに取り組んで欲しいですね。

★詳しくは、大木聖子さんの著書『超巨大地震に迫る』を読んでください。 3・11以降に筆を執った書物。 学校での防災訓練も詳しく書かれています。

香川に祖父母が住んでいるという大木さんは、瀬戸内海が大好きだそうです。

そんな大木さんからのメッセージ: 「来るべき南海地震では、3つの地震が連動して発生すると、瀬戸内でも3メートルの津波が襲ってきます。2mで木造家屋は全壊するとか! 地震をむやみに怖れるのではなく、正しく知って、防災・減災に努めてください。」

それにしても、美人なんです。 インターネットでお顔を拝見したら、びっくり・・・天は二物を与えるのね~

- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る