2011年7月22日

ティ-ンエイジャーのクラスメイト

気ままにラジオ・特別企画<shineガンバレ!70才の高校生 私のクラスメイトはティ-ンエイジャー>を、木・金、2回にわたってお送りしました。

主人公は、香川県立高松商業高校・定時制に通う、佐藤幸子さん。

クラスメイトの、(左から)あやなさん、よういち、さっちゃん、ともや、つよし君です。

佐藤さんは、同級生から「さっちゃん」と呼ばれています。 年齢の違いなんてなんのその、両者すっごくいい刺激を与え合って学校生活を楽しんでいます。 このいい雰囲気、見てください。

予習復習pencilをかかさないさっちゃんは、「勉強が楽しい、クラスメイトと一緒にいるととイキイキする、、、、」のだそう。

私、勉強が楽しいなんて思ったことないんですけど、、、

そして、佐藤さんは秋に行われる、ある大会に、なんと高商代表で出場するんですよ~happy01

flairということで、70才の高校生シリーズは第2弾があります。 『さっちゃん、もうひと頑張りしてね~~』

☆今日のゲスト ラッパーのDOUGH BOY

広島育ちのやる漢の愛称で人気の、ヒップホップ・ラッパーです。 広島東洋カープとのコラボが実現しました。

「RED WIND~広島東洋CARP応援歌~」 PVもあるからぜひみてください。 カッコいいんだから・・・私、けっこう好きです。

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2011年7月19日

感動!音楽とスポーツの話

今日のゲストは、shine「被爆ピアノ・平和コンサート」を開催している、ジャズピアニストの好井一條さん。

好井さんは、胎内被爆して誕生しました。(もちろん広島で)

そして、勉強嫌いの好井さんが、広島大学に合格。sign02 本人曰く「テストの山勘があたるんです」 という強運の持ち主です。

「音楽が好き」だったのと、運の強さで、次々とビッグな演奏者と出会い、最後に日本を代表するサックス奏者・松本英彦にスカウトされて、上京・・・

そして、世良譲や中村八大さんからも教えを受けて、ピアニストになっていったのでした。 キャバレーまわりを経験した好井さんは、楽譜なし、どんなジャンルでも演奏できるんです。

後年、両親の古里・坂出に移り、そこで被爆ピアノとめぐり会うのです。 そのとき直感で思ったこと・・・『私は被爆ピアノを弾くために生まれ、運命がピアニストにしたのだ』と、、、思わず、植松さんと私は感動lovely

それからは、被爆ピアノの所有者で調律師の矢川光則さんと、平和コンサート活動を続けています。

次回は、7月21日<土> 午前が、「坂出キリスト教会」 午後は、「坂出回生病院」で開催します。

各地でコンサートは実施していますので、ぜひお出かけください。 リクエストすると、どんな曲でも弾いてくださいますよ~notes

 

 

★《スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アテネ》に出場した、岡本昇選手が出演

run陸上5000メートル金メダルflair 3000メートル銅メダル受賞  今日は、母親の景子さんと一緒に、高松市長に報告するとのこと。

ずっと取材を続けていた古茂田圭さんが、市役所から生中継で伝えてくれました。スタジオも加わって、全員で「おめでとう」の言葉をご本人に伝えることができて、また感動。heart04

 

 

 

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2011年7月9日

3つ子の魂は、0~2歳で決まる!

今日のゲストは、shine憲法記念日に知事表彰を受けた、元・春日保育園長の野町文枝さん。

野町さんは、東京学芸大学卒業後、教師の道に・・・・・ご主人の仕事の関係fで香川へやってきたのです。 春日保育園では20年間園長を務め、昨年からは花の宮保育園の園長になりました。

★平成8年に、いち早く地域子育て支援センターを設立しました。 

まず取り組んだのは・・・これからお母さんになる中・高校生に、赤ちゃんと触れ合ってもらうことでした。 「赤ちゃんを抱っこした経験を持って、親になってほしい」

古高松中学校から快諾を得て、なんとsign01中学生が春日保育園にやってくるようになったのです。

~それからは、大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんが、赤ちゃんをあやしたり、幼児と遊ぶ姿が~見られるようになりました。う~ん、ほほ笑ましいhappy01

flair0~2才までは、抱っこして、慈しみ、たっぷり愛してください。 

この時期に、親に大切に育まれたという経験が、自信や意欲を育て、我慢する力や困難を乗り越えていく力をつけるようになるのだそうです。

<三つ子の魂百まで>といいますが、それには、0~2才までが肝要ですよsign02

乳幼児の8割は家庭で育っている現実を踏まえ、野町さんは、「その親子にこそ、子育て支援の手をさしのべなくては」と奮闘しています。

時間が足りなかったので、7/29にパート2をお送りします。

※快挙scissors <スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アテネ>に出場した岡本昇選手が、陸上5000メートルで優勝しました。 スタッフ一同、心から~「やったねdiamond金メダル、おめでとうございます」


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2011年7月5日

番組予告

高松商業高校・定時制課程に、70才の女子高校生がいるvirgoと、聞いて、もうビックリsign03

67才で入学して、現在は4年生・・・目下、期末試験期間で、勉強で忙しいのだそうpencil その人の名は、愛称「さちゃん」happy01 10代のクラスメート達にも、そう呼ばれています。

先日、近くに住んでいる娘さんが、あることでサッチャン家に訪問している時、会いに行ってきました。 その親子とはheart04 さっちゃんと、山下アキさん(火曜日のラジオカーレポーター)

 mobaqまたどうして高校へ行こうと思ったの:受験勉強は、どなんしたん:授業はついていけてるの:クラスメートとはちゃんとコミュニケーションとれてるの・・・

そして、アキさんがさっちゃんに呼ばれていた、その理由とは・・・

などなど、私の頭の中は、???だらけ~興味深々

ただ今、karaoke取材続行中です。

★放送は、7月中旬予定 乞うご期待shine


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2011年7月1日

DVD「手記・空襲 1945年高松」

まもなく66回目の高松空襲<7月4日>の日がやってきます。

昨日と今日、2回シリーズで、『手記・空襲 1945年高松』の紹介と、制作者のDVDに込められた思いなどをお伝えしました。

取材にあたったのは、池本恵津子ディレクターです。 戦争体験者にとっては孫の世代virgo、彼女なりの真摯なインタビュー番組になりました。

このDVDは、「高松空襲を子どもたちに伝える会」が、高松空襲を風化させないように、2年の歳月をかけて制作したもの。

昨日は、会長の植田正太郎さんのインタビューをお送りしました。 高松空襲の体験者でもあり、「この惨劇を風化させてはいけない」と、現代の子どもたちに映像という形で残すことにしたのです。

『7月4日は、僕の人生が変わった日。 罹災者は、みんなそうだった』という言葉が、耳に残ります。 1359人は、人生が変わったどころか、人生そのものが無くなった日です。

このDVDは、9人の手記をもとに、語りと絵で構成されています。 戦争体験者の手記の朗読は、劇団マグダレーナの団員さん。 そして、重要な部分をしめるのが、絵shine

その絵を描いたのが、国分寺中学校教諭の杉村智子さん~美術の先生です。

焼夷弾で焼死すると、どのようになるのか~家や街は、どのように燃え落ちるのか~防空壕で蒸し焼きになる状態~など、追体験をしている気持ちで描きました。 (原爆をもとにして作られた「はだしのゲン」や、東京空襲の写真を参考にさったそうです。)

残酷で厳しい描写が多いので、柔らかなタッチの描画材・コンテパステルを使用。 懸命に描いた思いが伝わる絵も、注目してください。

「過去の歴史を正しく知ってこそ、子どもたちは未来に向かって進むことができるんです。 教師は、何が起こったかを教える務めがあると思います」と、語ってくださいました。

★おまけの画像

吉本興業の住みます芸人<どさけん>が、一日ラジオカーに・・・

白井さんと賑やかに2人リポートしてくれました。

植松さん曰く、「見ようによっては、海老蔵かsign01山下清かsign03 神社の狛犬かsign02」 それ、どななんなhappy02


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る