2011年6月27日

被爆ピアノは平和の音色

先週の土曜日に、丸亀市にある「ぎゃらり~風」で開催された、平和コンサートに行ってきました。

広島から運んできたrvcardash被爆ピアノは、矢川ピアノ工房主宰・矢川光則さん所有のものです。 

原爆の爆心地から半径3キロ以内で被爆したピアノを、矢川さんが調律して、自らコンサート会場まで運んでいるのです。

矢川さんが所有している被爆ピアノは4台。 ピアノだって放射能を浴び傷つけられ、それぞれに重く悲しい歴史を刻んでいますが、、、、、

60年以上を経て、全国のコンサート会場へ出向いて、平和の音色noteを届けています。

★香川県内 でのコンサートは、坂出市在住のジャズピアニスト・好井一條さんとコンビを組んで開催。 <ジャズ、シャンソン、ポップス、演歌、歌謡曲などジャンルはいろいろです>

好井さんは、胎内被爆者で、矢川さんは父親が仕事中に被爆しました。 運命が二人を引き合わせたのかもしれませんねthink

また、矢川さんは不用になったピアノを改修して、リサイクルピアノとして、海外へ贈る活動もしています。 

この度なんsign03ルワンダに渡ったピアノを、修理・調律・演奏するために2人して、ルワンダへ行ちゃったんです。 飛行機をairplane6回乗り換えて、40時間もかかるんですって~スゴイ

その写真cameraもいっぱい展示していました。 入場無料ということは、手弁当での奉仕活動です。  偉ぶることなく、さりげなく平和コンサートを続けている、お二人の姿は、かっこよかったheart04

flairお知らせ 7月15日(金)、好井さんが『気ままにラジオ』に出演。 ぜひ聞いてね~


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2011年6月24日

サークル「アンプティーズ」

今日のゲストは、shine(株)オルトリハ・システム 代表取締の竹内豊計(とよかず)さん。 

事故や病気で手足を失った方のために『手足』を作る仕事をしている、義肢装具士さんです。

徳島のご出身で、父親と同じ義肢装具士の道を選びました。 このみち三十数年のベテランです。 

竹内さんの、スゴイupところは、義肢使用者らのサークル「アンプティーズ」を設立し、その活動と輪を広げていること。 (アンプティーとは、切断者という意味)

親睦会など交流を深めているうちに、なんとsign03阿波踊り出場は毎年の行事となり、はたまたrunホノルルマラソンに挑戦するアンプティーも出現。

当然、激しい動きするので、一人々の義足の調整も必要だし、目を常に配っていなければいけません。 『また出場したい』というアンプティーズの声に押されて毎年続けて6年目、これからもずっと続けるとのこと・・・

「義足で阿波踊りができるわけがない、マラソンなんてとても~できっこない」と、思っている方、うそだと思ったら、flairぜひサークル「アンプティーズ」訪ねてみてください。

オルトリハ・システムで仕事をしている、河西さんです。

彼は、19才の時にバイク事故で義足になりました。 現在は、竹内さんのもとで、義足を作っているイケメン。

<明るく、積極的>という印象を受けましたが・・・事故後、義足になった事実を受け入れ、竹内さんとの出会いやアンプティーズの仲間たちとの交流があって、きっとすごく前向きになっていけたのだと思います。

彼も、ホノルルマラソに出場しましたよ~ 『次回出場した時は、スタジオにきて体験を話して欲しいなぁ』heart02


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2011年6月17日

オリンピック世界大会出場

今日ご紹介したのは、日本代表として、『2011年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アテネ』に出場する岡本昇選手(23歳)。 古茂田圭さんが、レポートしてくれました。

スペシャルオリンピックスは、知的発達障害者のスポーツ競技大会のことで、岡本さんは、大阪で開催された日本大会で金メダルを受賞、見事世界大会出場権を勝ち取り、「陸上競技・カテゴリー5」に出場します。

香川中部養護学校時代に、先生のすすめで陸上を始めました。 ストライドが大きくて、走る姿が美しいのですってrun  ご本人曰く・・・「走るのは、楽しいです」

5000,3000メートルに挑む、岡本選手は、明日出発し、東京での日本選手結団式を経て、アテネに向かいます。

flair世界大会は、6月25日~7月4日まで。 市民ランナーでもある、お母さんの景子さんも、もちろん応援に行きます。 金メダル、期待しちゃう~heart04

★おまけの画像

私の誕生月の花、紫陽花に菖蒲が見ごろです。

(鶴亀公園の菖蒲)


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2011年6月10日

還暦を過ぎてからの夢!実現

今日のゲストは、さぬき映画祭2010年度・企画優秀作品shine『ジュリーの海&空』の監督、村尾俊二さん。 御歳、64才です。

郷土を歩いて巡るイベントに参加して、詫間海軍航空隊基地airplaneがあったこと、日米親善大使だった青い目の人形virgo<アナマ・ジュリー>が県下に一体だけ仁尾町に残っていたことを知り、とても興味を惹かれました。

2年前に大病を患ったとき、「人生で遣り残したことを、自分のためにやってみたい」と強く思ったそうです。

そこで一念発起して、さぬき映画祭に応募。 まさか企画が通るとはおもっていなかったそうですが、審査員の映画監督・中島貞夫さんをして 「これは大人の映画だね~」と、言わしめたほど。

★ストーリーは、主人公と日系2世の米国人女性(ジュリー)が結婚した直後に太平洋戦争が始まり、特攻隊に志願。 飛び立った戦闘機は不時着し、記憶を失ったまま家庭を持って生涯を閉じます。 月日は流れ、主人公孫を通じて、年老いたジュリーは夫の志願したほんとうの理由を知る・・・

庄内半島や大串半島の圧巻の景色、戦前の教室や家庭の小道具の調達、出撃シーンの特殊撮影、俳優の日程調整、など、ロケの苦労は大変ながらも楽しくも充実した日々を送っている松尾さん。 もうすぐ65才になりますが、とてもイキイキとして、なんとお若いことhappy01

撮影は8割がた終了し、7月からは編集作業にかかります。 movie『11月のさぬき映画祭』で上映されますので、ぜひ皆さまご鑑賞くださいねflair


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2011年6月7日

中四国のリスナーさんに感謝

6月5日の中四国ライブネットは、『香川発!日曜らじON 心に響く名曲note特集』でした。

東日本被災地への想いを重ねて、心のビタミンとなる名曲をお送りしましたところ、沢山のリクエストメッセージをお寄せいただき感激sweat02heart01 メール&FAX 総数約80通届きました。

パーソナリティーに、「日曜らじON」でおなじみ~の、三宅宏一さんと細川千津代さんを迎え、楽しく進行。 

後半には、スペシャルゲスト・ケーキやケンちゃんで一声を風靡した宮脇健さんと、シンガーソングライター村井敏郎さんもやってきて、めちゃ賑やかになりました。

 
ケンちゃんの『坂の道』、ビンちゃんこと村井敏朗さんのニューアルバム『今、在るがまま』 心が癒されて、そして元気が出る、とってもいい曲なんです。

でもって、トーク炸裂だったので、リクエストの名曲をあまりおかけできませんでした。 ごめんなさ~いcoldsweats01 

また、中四国のリスナーさんに、生放送中℡telephoneで、曲にまつわるエピソードもいろいろ伺いたかったのですが・・・岡山県笠岡市のリスナーさん(カレンパパさん)お1人だけになっちゃった。 リクエスト曲~高校生時代、挫折感をあじわった時に聞いて励まされた曲=永井龍雲「道標ない旅」~でした。

ほんとうに、中四国のリスナーの皆さまありがとうございました。 次の機会には、リクエスト曲いっぱいかける事を誓いますpapershine


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2011年6月3日

私の町はみんなが家族

今日のゲストは、地域福祉講演会「私の町はみんなが家族」shine 実行委員長の白藤さん。

主催するのは、高松市牟礼町にある、社会福祉法人~守里会~です。

第3回「私の町はみんなが家族」は、6月12日(日) 9:30~15:00  会場は、香川県立保険医療大学 大講義室  参加費は、なんと無料です。

*午前中は、5つの分科会に分かれて、認知症についてさまざまなテーマ別に学習します。 

*午後は、松本診療所(ものわすれクリニック)の松本一生さんの講演会 「地域と共に生きるー認知症の捉え方ー」 

松本さんは、地域の小さな診療所で認知症の人と家族を支援している臨床医で、25年以上も介護家族でもありました。 実体験も踏まえた、認知症サポートのお話が伺えそうですね。

flair守里会の小規模多機能施設<侶>の取り組み、朝市が、『認知症でだいじょうぶ・町づくりキャンペーン』のモデルになりました。

毎週土曜日、牟礼町原の道路沿いテントで、朝8時から営業中~施設の利用者と、地域の人の協力で運営しています。 

野菜や花などを持ち込むのも、お買い物に来るのも、ご近所さん。 利用者の認知症の高齢者はお店番。  新鮮だし、低価格なので、午前中で完売だよhappy01

朝市の収益金は、来年度から給料として払えるようになるそうです。(現在は法律上できません) 朝の新鮮な空気を吸って、皆さんとってもいいお顔していました。

  ★おまけの画像

気ままにラジオスタッフ、去る人・来る人

 

家庭の事情でしばらくお休みする、寺島さん(右)と、新人の小山さん。 小山さんの声はどこかで聞いたことがsign02・・・そう、道路交通情報センターでアナウンスをしていたことがあったのです。


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る