2012年2月3日

宮城県桂島からようこそ!

1月29日に開催された「男木水仙ウォーク」・・・300人あまりの方が可憐な水仙を愛で大好評でした。

そして今年は、東北被災地・宮城県桂島から9人の島民がお越しになりました。 その模様を、古茂田圭さんのレポートでご紹介。

★男木島と桂島は、水仙を通じてご縁が出来ました。

昨年の秋、<男木水仙郷を作る会>の有志が、男木ならではの復興支援として、1万5000株を持って桂島を訪問して植栽してきたのです。

お話を伺ったのは、「浦戸夢の愛ランド」代表の三浦勝治さん。  桂島は、松島湾にある浦戸諸島の一つです。

 震災では、大津波で住宅が流されるなど大きな被害を受けましたが、島民は高台に逃れて犠牲者はでなかったそうです。 島ならではの、共助の賜物だったのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

★桂島の水仙は3月上旬ごろに咲き、10日には震災で犠牲になった方々の慰霊と復興の願いをこめた<スイセン・サミット>が開催されます。

桂島を愛してやまない三浦さん・・・ブログも展開していますのでぜひ見てくださいね。http://ameblo.jp/yumeno-island/

『水仙は厳冬を耐えて春になると咲く、命の花です。』と、おっしゃた言葉が心に残ります。 。


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る