2017年6月9日

88の音巡り記

毎週日曜日の9:20からお送りしている「ラジオ遍路88の音めぐり」

7月放送のために、塗るお香「塗香」と五重塔の大修理の取材に行ってきました。

まずは、今商品化が進んでいる四国88箇所霊場巡りの塗るお香「塗香」、新しく完成した68番札所・神恵院の「つつじ香」と、69番札所・観音寺の「スイレン香」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

出演は、羽原住職と、調香師で岩佐佛喜堂の5代目・岩佐一史さん 

 

そして100年経った五重塔の大修理が行われている70番札所・本山寺へ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

長田住職と、五重塔整備委員会委員長で建築家の多田善昭さん―――うしろの展示は、宝塔(五重塔の突端にある象徴的建造物)納経所の前庭に展示しているので、来年1月までだとご覧いただけます。

もちろん宝塔もきれいお化粧直しして、修理が終わった五重塔のてっぺんに取り付けるんだそうです。

この模様は、7月2日、9日、16日の「88の音巡り」でご紹介します。

 

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る