2011年10月7日

チャリティーコンサート「希望」

拉致被害者の早期帰国を求めて『第4回CHARITY・CONCERT 希望』について、実行委員会の森たか美さんに伺いました。

きっかけは、「北朝鮮拉致問題を考える市民の会」で司会を担当し、横田滋、早紀江夫妻の前で、拉致被害者のことを書いた本を朗読したことでした。 そして、なんと横田めぐみさんと森さんは同い年。 生きていればめぐみさんも、47歳になるのです。

これまでは、森さんが主催していましたが、今年から、実行委員会が発足しました。

第4回のコンサートには、横田滋、早紀江夫妻が来場します。 横田さんは徳島のお生まれなんです。 日本銀行に入行し、新潟へ転勤になった翌年に、中学1年だっためぐみさんが突然消息を絶ちました。 月日は流れ、もう79歳になられるとか・・・これまでのご夫妻の心労はいかばかりだったことでしょう。

もうお一人のビッグゲストは、ジャズピアニストの大石学さんです。 横田めぐみさんに捧げる曲「希望」を作曲してくださいました。 当日は、東京からかけつけて生演奏してくれるそうです。

★プログラム・・・横田夫妻の講演、大石学さんのソロ演奏、賛同いただいたミュージシャンによる演奏と歌をお送りします。(ちなみに森さんは、ジャズシンガー) これだけ豪華メンバーで、チケット料金は、500円

10月23日<日>開場14:00~開演14:30~ 場所・高松市錦町「弘憲寺」 チケット料金は500円  ぜひご参加くださいね。


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る