2013年3月6日

防災キャンペーン~福島からの移住者

RNC防災キャンペーン 進もう一緒に!を実施中。

今週の金曜日のゲストは、福島県二本松市から小豆島へ移住してきた加藤一家をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

二本松市は、福島第一原発から北西に、約50キロにあります。

放射線量を測定したところ、子供たちが遊んだりする所がかなり高い値になることを目の当たりにしましました。

香川へ移住してきたのは、2011年の6月、小豆島での生活は1年半をすぎました。

番組では、自主避難するまでのいきさつや、島での生活を伺います。 

8日(金)13:20から気ままにラジオで放送

★お知らせ

3/10(日)「3.11四国避難者交流会」を開催 場所:香川総合リハビリテーションセンター 13:00~

交流会ですので、誰でも参加できます。 ぜひこの機会に、福島の被災者の皆さんの声に耳を傾けてください。

 

先週のゲストは、JFG全日本通訳案内士 田中邦子さん・石川町子さん

全日本通訳案内士とは、国家試験にパスしたプロの通訳&観光案内をする人のこと。

語学力もさることながら、日本の歴史や文化、芸術、さらには経済産業まで、幅広い知識を必要とされるんです。

 

 

 

 

 

 

最近案内したエピソードによると・・・・香川はアートの県、直島・豊島・イサムノグチ庭園美術館・ジョージナカシマ記念館・盆栽・栗林公園などは、大変な人気だそうです。 また、昔の村の原風景が残っている秘境祖谷も、とても気に入ってもらえるとのこと。

どんな質問が飛び出すかわからないので、歴史文化の勉強もさることながら、英検1級をもちながら、なおも英会話をアメリカ人の先生にレッスンを受けていると聞き、私、頭が下がります。

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る