最近のゲストの横顔 丸亀の落語定席、健闘中! 香川菊池寛賞おめでとう! 輝いている団塊世代 朗読劇を終えて 聖域の屋外ギャラリー 防災キャンペーン~福島からの移住者 おめでたいです
2018年11月27日

島倉千代子さんのこと

先日、ベッセルおおちで開催された【山田雅人 語りの世界】に行ってきました。

お笑い芸人であり脚本も書く山田さんが、マイク一本で、語ったり演技したり、あるときは歌ったり実況も交えて人間ドラマを演じます。これが超面白く、ネタは100本あるそうですが、長島茂雄物語と、5年前の11月に亡くなった島倉千代子物語を演じてくれました。

長島さんは言わずと知れた・・・昭和39年、展覧試合で9回さよならホームランを阪神の村山投手から放ち、一躍スターになりました。父親からは富士山のように日本一の野球選手になれといわれ、不屈の精神で努力を重ねた強運の持ち主であり、愛されるキャラクターも魅力です。

島倉千代子物語は・・・幼い頃疎開先で腕の大けがをし、内気な性格のうえによりしゃべらなくなりました。母親が寄り添って、「りんごの唄」をいつも聞かせていると、やがて母より大きな声で歌うようになり、、、これが歌手の道へ進むことに。デビュー曲「からたち日記」が大ヒット、やがて結婚、離婚、借金を背負い、また病魔に冒されと波瀾万丈の人生でした。ヒット曲「人生いろいろ」は、まさに島倉さんの人生だったんですね!

遺作は、南こうせつさんに作曲してもらった「からたちの小径」でした。

こんなエピソードを語ってくれました。病床を録音スタジオにしてレコーディングしましたが、無事収録終了後、天国に行った母とこの世に生まれさせてあげることができなかった子供のために、もう一度歌いたいと、声を振り絞って収録を続けたそうです。その時のご本人の歌声も聞かせてくれたんですよ~

 

これは、島倉千代子さんがデザインした「オリジナルブローチ」

生前、島倉さんからいただいたもので大切にしています。(一度スタジオゲストでお越しくださり、電話でリスナーさんの人生相談にものってくださったんですよ! とても気さくで懐の深い素敵な方でした)

 

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年11月2日

息子のような2人のゲスト

『会いたい』が大ブレイクした、林部智史さんが来局しました!

聞く人の琴線にふれる哀愁溢れる美声の持ち主であり・・・性格も、歌声と全く同じで人間的に優しく、清々しい若者でした。青春時代に苦労したエピソードも、ごく自然に話してくれ、亀谷アナも、私もすっかりファンになちゃいました。

※コンサート情報 【はやしべさとし 30歳の旅立ち~叙情歌を道連れに~】11月7日(水)開演:18:00 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう1人は、映画監督の外山文治さんです。老老介護の果てに思い出の湖畔で心中を図った夫婦の物語【此の岸のこと】を29才で撮り、モナコ国際映画祭では最優秀作品賞をはじめ5冠を達成し、国内外で上映されています!10月20日さぬき男介護友の会主催「ケアメン四国in高松」で上映されたおり、映画作りへの情熱をお聞きしました。

※外山文治監督 短編作品集「わさび・春なれや・此の岸のこと」発売

実は・・・今年のさぬき映画祭で、’わさび(芳根京子主演)’ ’春なれや(吉行和子・村上虹郎主演)’ は上映されましたので、2度目の来県となりました。いずれも夢を持ちにくい若者や老人への応援映画となっています。

ぜひご覧くださいね(ネットで購入するか、レンタルでもOK)

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年10月12日

健康診断うけていますか!

中四国ライブネット、9月30日の放送は、香川発『秋の健康診断スペシャル~腎臓から届いた一通の手紙~糖尿病と慢性腎臓病・人工透析』を、台風25号が四国に最接近という嵐の中で、台風情報も交えてお送りしました。

 

慢性腎臓病は今や新国民病、患者数は推定1330万人以上といわれて、成人の7人に1人が発症しているとか!

慢性腎臓病とは・・・腎臓の機能が低下し、血液中の水分や老廃物の濾過ができなくなってしまった病気で、放置しておくと腎不全となり重症化すると、腎移植か人工透析治療しかありません。

番組では、四国で初めて人工透析治療を開始して、今年でちょうど50年の節目を迎えた、キナシ大林病院の透析現場からのレポートを中心にお送りしました。

透析センター長の大林弘明先生、看護士長の松永さんには人工透析医療のことについて、、、透析患者に皆様には体験などを伺いましたが、一時は人生終わった!と落ち込むのだそうですが、やがて生かされていると前向きに考えるようになり、人生観も変わったという話に、とても共感しました。(キナシ大林病院透析センターの皆様、どうもありがとうございました)

秋は健康診断を受ける機会が多いと思いますが、数値に異常が出たら必ず再検査を受けましょう、手遅れにならないために・・・

※親への提言」でコンビを組んでいる放送制作の小板社長と、藤田アナとの親子トリオでお送りしました。

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年6月25日

熊本地震被災地、訪問記

民間放送局で働く全国の女性たちの集いが、熊本市国際交流館で開催され、私も熊本へ・・・初上陸

なんとかお天気にも恵まれ、、日本で初めて設置された慈恵病院の「赤ちゃんポスト」に携わった、元看護部長の田尻由貴子さんの講演を聞いたり、翌日は熊本地震の被災地にも足を運びました。

まず訪れたのは、熊本県のシンボルともいえる、日本三大名城のひとつ、熊本城です。

 

2016年の熊本地震で甚大な被害を受けました。城壁や石垣、門や塀などの崩落つ広がって、たくさんある櫓の崩壊などまだ深刻ですが、、、修復は徐々に進み。見学できるエリアも少しづつ広がってきているそうです。

←こちらは天守閣  

(周囲は足場が張り巡らされていますが、ちゃちほこ瓦も取り付けられ着々と修復が進んでいるとのこと・・復興のシンボルとなる天守閣をはやく復元したいという思いだそうです)

ボランティアガイドさんが丁寧に解りやすく、約1時間コースで説明してくれました。

 

 

くまもんバスで訪れたのは、南阿蘇村・・・・・・地震で崩落した阿蘇大橋現場です。

 

 

 

 

 

全面通行止めになっていますが、海抜75メートルにある、全長200メートルの赤い色をした大橋でした。橋を渡って左は熊本、右へ行くと大分だそうです。今は代替えルートの往来になっています。

まさかあの頑強な橋が落ちるとは!! 報道陣も最初は疑っていたそうですが、ヘリコプターの映像をまのあたりにして唖然となったそうです。

 

*そして、このすぐ近くで大学生の大和晃さんが車ごと土砂に巻きこまれました。警察の捜索が難航しているなか、ご両親が自力で捜索を続け、やっと遺体が発見されました。現場近くには今もお花が供えられていました*

 

 

晃さんのお母さんは、当時取材した若い男性の報道記者にこう言われたそうです・・・「貴方とお母さんと一緒の写真をぜひ撮っておいてくださいね」 亡き息子さんへの想いが溢れる詞だと思います。

南阿蘇村をはなれ、一路~~被害が大きかった西原村、益城町へと・・・復興市場や仮設住宅を訪れました。  おりしも大阪北部地震が発生してから一週間、自然の脅威のまえにはなすすべもないけれど、、、、復興できるのは人間力と知恵だなと、つくづく感じました。

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年5月10日

オカリナコンサートの報告

先月末に『ホンヤミカコさんのオカリナコンサート』が香川と徳島で開催され、どちらも満席でたくさんのお客様に来ていただき嬉しく思っております。

私は、一部の「朗読とオカリナ・ギターのコラボコンサート」で、讃岐の昔ばなし(あたごの浦)・原民喜童話集(誕生日)・ショートショート小説(海酒と蜻蛉玉)を朗読しました。スタジオではなく、お客さまの息遣いが手に取るように感じられる舞台での発表は、すっごく緊張しましたが、とても素敵な経験になりました!

このうち、ショートショート小説「海酒」は、なんと映像化されカンヌ映画祭でも上映されたんですよ・・・新世代の第一人者と称され、又吉直樹さんも絶賛している田丸雅智さんは、お隣の愛媛県松山市在住。 一話5分で読めるショートショート小説は、不思議なのに郷愁を感じさせてくれる、夢と驚きにみちたお話なので、興味のある方は、ぜひ田丸さんのホームページを見てね~

ホンヤミカコさんを囲んで記念撮影

 

 

 

 

前座演奏ため、高松から友情出演で参加したオカリナ愛好会「大野ビーンズメロン」有志も一緒にね~

 

 

 

★おまけの画像:最近のお気に入り

ホンヤミカコグッズのオカリナポーチです!ミカコさんがデザインしたんんですって💛

 

お腹の中にオカリナを収納するのですが、可愛いので思わず買っちゃいました、、、

 

 

 

 

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年5月7日

朗読劇「家族何色?」

女優で歌手の水沢有美さんと、俳優の浜田晃さん、出演の朗読劇「家族何色」が高松市で上演されました(第一話は、森浩美さんの短編小説から「妻のパジャマ」 第二話は「噛み合わせ」)

家族における普段の「何気ない日常」の中での心温まる奇跡のように出来事が朗読なのに、まるでお芝居を見ているように物語が映像としてくっきり浮き上がってきました。さすが・・・ですう。私もラジオ番組で朗読していますので、すごっく勉強になりました。 

そしてお二人とも、とてもフレンドリーで物腰が柔らかく温かいお人柄なんです。記念撮影もすすんで撮ってくださり、すっかりファンになっちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記:なんと、、水沢さんは、美空ひばりさんが歌った「リンゴ追分」の作詞者・小沢不二夫さんの娘さん。この日はその「リンゴ追分」を最後に情感たっぷりに歌ってくださいました。CDも発売していますので、よろしくね

✰1960年代、西郷輝彦さんとのデユエット曲「兄妹の星」で歌手デビューなさったんですよ!

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年4月20日

動き出した高原水車

讃岐平野のほぼ真ん中、高松市六条町にある高原水車は江戸時時代につくられた貴重な文化財とか・・・

驚くことに、水車から動力を得て製粉するまでの過程の機構が残っていたんですよ!数々の古い部品も保存されていたことから、「高原水車友の会が中心になって復元することになりました。 

久留米市からやってきた工学博士の池森寛さんの指導の下、同じく久留米の水車大工の野瀬秀拓さんの施工で、このほどやっと完成し、3月に初めての見学会が開催されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

高原水車友の会・副会長の堀家みどりさんは、この水車のある家で育ちました。長い年月を経てやっと水車が動き出したこの日は、感慨ひとしお でした。お天気にも恵まれて多くの見学者が訪れ(春休み中の子供たちもいた)、熱心に説明を聞き、昔の大工技術の精密さに感心ひとしおだった。

水車大工の野瀬さんは、今までに200基以上の水車を手掛け、テレビ番組「いってQ」にも出演してるんです!電気のないラオスで水車を完成させました!地元ではちょっとした有名人だそうです。

この高原水車見学会の模様は、4月24日(火)気ままにラジオ 13:15から放送 

なぜそんなにも高原水車に魅せられたのか?久留米から復元の為にやってきた池森さん、野瀬さんにもマイクを向けました。必聴 ですよ~


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年3月4日

土器町の地区防災計画

内閣府は、平成26年に「地区防災計画制度」をスタートさせました・・・これは、市町村の一定の地区内に居住者や事業者等が、「その時の備え「」と「災害時の行動計画」作ろうというものです。

東日本大震災では、公助の限界があきらかになり、地域コミュニティーにおける共助による防災活動の重要性が認識され、この教訓をもとにできた制度なんですね。

私は、一昨年、香川県防災士会の指導・協力のもと、地区防災計画策定に取り組みはじめた丸亀市土器コミュニティ―の活動取材に行ってきました。昨年は、たくさんある自治会を9つのブロックに分けて、9のハザードマップを作成しました。(危険個所は写真付き、などかなり詳細なものです)

 

 

 

 

 

 

 

 

番組では、動き出した地区防災計画のプラン、マップ作りの苦労や発見など、住民の皆様にお話を伺いましたので、ぜひあなたの地域の防災計画作りの参考にしてくださいね。

放送は、気ままにラジオ 3/1313(火)  13:15頃から


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2017年10月31日

吟オカリナって素敵

香川オカリナの会の旅で、兵庫県淡路島へGO!

淡路島は瓦に適した粘土が採れるので、瓦製造で有名な地です。

その粘土を使って瓦焼きの製法で焼いたのが『吟オカリナ』

友地さんという書道家が、歌っているようなオカリナに魅せられて工房を開き制作しているんです。瓦のようにいぶし銀色をしており、表面が煤の油膜で覆われているので、なんと洗えるんですって!!友地さん曰く、「日本で唯一の吟オカリナの製作は神の業なんです」と! 思わず・・・5Cを購入しました。素敵なオカリナをゲットしたので、練習に励みま~す。

 

 

 

 

 

 

 

 

番組からのお知らせ

金田たつえさんの今度の新曲「瀬戸内みれん」は、作詞・原文彦 作曲・三宅宏一地元の両先生が手がけ、御当地ソングですので、どうぞよろしくご声援をお願いしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2017年6月27日

さぬき市鴨部に「子ども食堂」オープン

NPO法人「フードバンク高松」理事長の中山摩智子さんは、成長期の子どもの食生活を少しでも充実してもらえたらと、フードバンクに集まった食材を活用した「子ども食堂」を、昨年、高松市瓦町にオープン。

そしてこの度、6月17日、さぬき市鴨部に2軒目・「子供食育教室・子ども食堂」を開店しました!

場所は、旧鴨部幼稚園 作業開始はAM9時。 中山さん始め、ボランティアさん(この日は8名)たちで調理がスタート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

献立:①夏野菜たっぷりのカレー、ハンバーグ添え ②野菜サラダ ③デザートは牛乳缶 (野菜とお肉をたっぷり使った子どもの健康を考えたメニュー)

使用する野菜は、中山さんの旦那様が家庭菜園で育てているものだったり、生活習慣病予防のために希少糖を使用したり・・・・・摩智子さんの愛情・た・っ・ぷ・り・の食堂です。

 

本日は1才から89才までのお客様、約20名の参加でとっても楽しいランチタイムになりましたよ~~この模様は、今日の気ままにラジオでオンエアー

★さぬき市鴨部の「子ども食堂」は、毎週第一、第三土曜日のお昼  ★高松市瓦町は、第一、第三火曜日の夕食 無料で要予約です。連絡先はフードバンク高松(087-8835-0157)まで 

 

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る