2018年11月29日

何だか語りたいホントのお話

Bondia~~~~~!!

昨日、東ティモールはポルトガルから独立宣言をした日。

と言うことで祝日、そしてRTTLは朝から式典を生中継でした!

さて、突然ですが、みなさん「青年海外協力隊」ってどんなイメージがありますか?

そしてどういった理念や目的のもと、一体年間何人くらいが派遣されていて、

現地で一体何をやっているのかご存知でしょうか。

まずイメージされるのはアフリカでの井戸掘りや医療支援などではないでしょうか。

でもそれだけではありません。

以前訓練中のブログでも少し書きましたが、職種は本当に多様!!

 

 

・青少年活動(子どもの健全な育成と自立を支援する職種)

・コミュニティ開発(村などの地域住民の生活の向上や地域活性化への支援)

(↑この辺りの職種は資格が必要ないものも多く倍率が高めです)

・パソコンインストラクター

・野菜栽培

・サッカー・野球・陸上・柔道・合気道・エアロビクスなど、スポーツ

・観光

・環境教育

・料理

・畜産

・看護師・理学療法士・保健師・栄養士など、医療関係

・写真

・小学校教育(教員)

・日本語教師

・美容師

・養蜂

・音楽

・土木

・測量

・都市計画

・養殖

・地震

・気象

・コーヒー栽培

・行政サービス

・自動車整備

・冷凍機器・空調

・輸出振興

・マーケティング

・障害児・障害者支援

・手工芸

・服飾

・地質学

・文化財保護

・包装

・感染症・エイズ対策

・鍼灸マッサージ

 

…と、まぁとにかく多様です!!

これはほんの一例に過ぎないので、気になる方は

JICAボランティアのホームページをのぞいてみてください^^

 

JICAボランティアの制度もだんだんと変わっていっているのですが

現行では年2回、春と秋に募集があります。

選考の内容は1次が、書類と職種によっては職種別試験問題、

そして2次は人物面接(協力隊員としての適性を審査するもの)と

技術面接(技術がレベルに達しているか、またどの要請に適合しているかの確認)

と言う流れです。

1次の書類はかなり手強かった

職種別試験問題では、新婚夫婦がゲストという設定で番組の企画書を書いたり

売れない店を繁盛店へと成長させる番組の導入コメントを考えたりしました。

字数制限があるのはありがたいけど

「あれもこれも!」となってしまい、絞り込むのに大変往生した記憶があります。

2次面接の技術面接では、これまで携わった番組のVTRを持参し

現地でトラブルが起きたらどう対処するかなどを聞かれました。

人物面接では、周りにどういう人だと思われていると思うか、や

インタビューする時に気をつけていることなどを聞かれました。

後で考えると「もっと他にあったでしょ」というような

へなちょこな回答をしてしまった記憶があります。笑

 

番組制作は、私が受験した2017年度秋募集には、

ベトナム・ザンビア・タンザニア・東ティモールの4カ国からの

要請がありました。

ベトナムの要請内容は、国営放送で日本語番組の制作を支援すること

↑アナウンス経験があるとなお良いと特記してあって最初はこちらがいいかもと思った

ザンビアやタンザニアの要請内容はカメラマンや編集マンなど技術職寄りの要請

↑アフリカはとても魅力的だったが断念

 

東ティモールの要請内容は、日本の地方局と同じくらいの規模の国営放送の

番組の質の向上や、その他諸々に係る技術と意識の向上とあり

ここならば自分の経験を活かせると思いました。

 

来てみてすでに様々な課題を発見していますが、

 

何から始めればいいのか正直まだ分からないですし、

まだコミニュケーションさえままならないのが現状です。

 

協力隊に参加するまでは、現地のテレビ局の人たちは

より良い番組づくりを目指していて、

協力隊員には決められた役目(例えばこの番組をよりよくして欲しいとか

新しい番組の立ち上げに携わって欲しいとか)があると思っていました。

(そんなに至れり尽くせりでかつ協力隊員が必要とされてるなんて

今考えるとおこがましい考えだったと反省)

 

実際配属されると、そもそもみんなが「この局を良くするんだ!」

なんていう士気で活動している訳ではない。

(そう思っている人も中には居るのかもしれないけれど)

ゆえに私が入って来ても「なんか日本から来た人」以外の何者でもない笑

一応「JICAボランティアとして番組制作支援に来た日本人」

という認識はあるらしいけれど

だからと言って何かを求めてくる訳でもない。

とても言葉選びが難しいけれど、とりあえず

「居場所」なんてものはないのです。

誰も自分を求めてはいないのです。

 

会社にある日ポンっと入り、(一応歓迎はしてくれますが)

毎日ただただ分からないテトゥン語に必死に食らいつき

どこへ行くのかこれから何をするのか聞いて回り

同行させてもらい出来ることを手伝わせてもらい…

(だけど言葉と勝手が分からないから結構足手まといになっちゃったり)

 

そうしながら人間関係を築き、みんなの求めて居るものを探り

自分にできることを提案して少しずつ少しずつ変えて行く。

居場所や役目を探していく。

そんな地道な作業に他ならないのです。

当然急に来てこうしたいなんて言っても聞き入れてはもらえませんから

まずは自分が動いて見せること。

だから2年間あってもきっと出来る活動は決して大きなものではないかもしれません。

というか大きなものではないと思います。

けれどRTTLへの派遣は2014年から始まり私が3代目。

JICAとしては、こうやって後輩隊員へバトンを渡しながら

少しずつ少しずつ良くしていく。長いスパンでの支援を考えているそうです。

 

JICAボランティアの目的3本柱は

1、開発途上国の経済・社会の発展、復興への寄与

2、異文化社会における相互理解の深化と共生

3、ボランティア経験の日本社会への還元   です。

 

2番に関しては日本人の代表として日本への理解を深めてもらうこと

日本を好きになってもらうこと

3番に関しては私がRNCに戻ってから東ティモールやJICAボランティアについて

伝えていくこと、こう言ったことになると思います。

 

名前は聞いたことがあるけれど自分が参加するまで意外と知らなかった

「青年海外協力隊」

長くなりましたが、少し知っていただけたでしょうか。

 

ちなみに!!ここ最近は大体1年間に1000人くらいのボランティアが

派遣されています(意外と多くてびっくり!)

 

日々不安や孤独を感じ、自信を失いそうになる毎日ではありますが

そんな時間を大切にしていけたらと思います。

 

 

森下アナが夜なべして作ってくれました笑

ひと針ひと針思いを込めて刺繍してくれたお守りで

カバンにつけて持ち歩いています♡

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年11月27日

moris iha Timor🇹🇱9

Bondia!!!!

昨日、大統領が出演する番組の収録に参加しました。

「日本から参りましたJICAボランティアです」と

ご挨拶させていただけて感無量です!!

 

 

 

 

 

 

 

そしてその後たまたまUNICEFの子ども音楽フェスタの中継があり

会場に行くと今度は、

「大統領に会った気分になれるフォトスポット(大統領パネル)」が

ありましたのでこちらでもご一緒させていただきました笑

 

 

 

 

 

 

UNICEFの子ども音楽フェスタでは、

私の勤めるRTTLに勉強に来ている学生さんたちが

MCを務めました。(アナウンス研修の一貫)

彼らにとって司会の経験は初めてだったそうで

前日から「緊張する!!!!!!」と言っていたのがとても可愛かった。

学生時代アナウンススクールの授業の一環で

外部でMC研修をした時のことを思い出しました。

本当に緊張したなぁって^^

 

 

 

 

 

 

 

今朝も生放送。先ほどスポンサーとの会議を終え、もうすぐお昼!!

明日は独立記念日なので世間は祝日!!

でも私たちはティモール国民にとって大切な一日を生中継です。

午後は機材設置に行って来ます。

 

相変わらずテトゥン語が聞き取れません。

一生懸命聞き取ろうと、みんなの輪の中で神経を集中させています。

でも、気がつけばBGMのごとく流れていってしまいます。

本当に集中力が必要な作業で、とても疲れます。

でも頑張らないと。ここに来たからには。

Aprende makas!!(必死に勉強します)

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年11月23日

moris iha Timor🇹🇱8

Botardi!!!!

先ほどディベート番組の収録が終わりました。

(ざっくり1時間を計測するだけでいいという

ゆるいタイムキーパー係として参加)

 

収録前に、日頃から同じ番組で仕事をしている

イヴォーニオというカメラマンがスタジオに駆け込んで来て

真剣な表情で話し始めた。

 

イヴォ「実は、会社からの業務命令でオーストラリアで

オレンジを収穫する仕事に従事することになった」

 

コミ「え!!!!?tebes ka???(本当??)」

 

イヴォ「あぁ、半年間ね」

 

コミ「えーーーーーー!!!半年会えないの!?

せっかく仲良くなり始めたのにー!!!!!triste…(悲しい…)」

 

 

っていうかオレンジ収穫する仕事って唐突だな…←心の声

 

コミ「何人行くの??」

 

イヴォ「10人さ」

 

コミ「え!そんなに!!?誰が行くの???!」

 

イヴォ「俺と、アルドとジャーナとサルスとジーニョとパチェとアサラと…」

 

コミ「えーーーーー!!!!!同じ部署の人ばっかり!!」

(っていうか3週間でやっとの事で徐々に関係を築き始めたのにーーーーー!!)←心の声

 

コミ「いつから?」

 

イヴォ「来週」

 

コミ「うそんっ!!!!!!!!?」

 

コミ「悲しすぎる!!!これから半年会えないの??

それまでにテトゥン語上達しておくから…涙」

 

イヴォ「嘘だよ」

 

コミ「!!!!!!!!!!?」

 

コミ「Bosok~~~~~~~~!?(嘘!!!?)」

 

無邪気に笑うイヴォーニオ。

 

ティモールの人は本当に嘘、というか冗談が大好きです。

輪になって話しているといつも誰かが

「彼のおじいちゃんは日本人なんだ」とか

「いやいやトルコ人だよ」とか

「彼には4人奥さんがいるんだよ」とか

「子供が12人いるんだよ」とか

「結婚するには牛を77頭奥さんの実家に渡さないといけない」とか

「彼の額の傷は浮気がバレて奥さんに刀で突かれたからなんだよ」とか

普通に考えたらありえないような冗談をものすごく沢山言って来ます。

 

しかし、子供が12人は事実だったり牛は77頭必要だったり

あと多分お金持ちの人は実際に奥さんが複数いたり(本当かは分かりませんが)

結構事実だったりもします笑

なので彼らの言っていることがどこまで本気でどこまでジョークかを掴むのが

本当に難しいです(というか結果本当だったのか嘘だったのか分からず話が終わる事もしばしば)

 

でも、そんなことを言い合ってみんな爆笑しています。

その場にいると、何だかとても幸せな気分になります。

ティモールのこの空気とテンポに早く染まっていけたらなと思います。

 

イヴォーニオと。

 

 

 

 

さ、今日は帰って自炊します^^

Ate aban♫


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

moris iha Timor🇹🇱7

bondia~~~~~!!!!

写真は昨晩見つけた近所の猫♡

野犬の方が圧倒的に多いですが

たまに猫もいます^^

 

 

 

 

 

この写真の中にも…

見つけましたか?

 

 

 

って、ゴミ捨て場汚すぎですよね。

ゴミステーションの外に溢れ出ています…

こちらでは大人も平気でポイ捨てをします。

車の窓から道路へ。

歩きながら道端へ。

タバコの吸い殻を足元に。

ペットボトルも当たり前のように捨てます。

さて、どうしたものか…

この2年間、身近なところからでいいので

環境のことについてもティモールの人たちと一緒に

考えていけたらと思います。

 

Ate logu~~~!!

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年11月22日

moris iha Timor🇹🇱6

Bondia~~~~!!!

やっとのことで、職場でネットを使えるようになりました!!

(私のMac BookのUSB Type-Cに適合するコネクタがなかったため

その辺りに詳しい上司が解決に向け奔走してくれました笑)

さて、私は今毎朝8時からの生放送番組のスイッチャー

(複数あるカメラの画面の切り替えをする係)を担当しているんですが

初めてこの番組の現場を見た時は衝撃でした。

何と言ってもまず「ディレクター」なるものが居るようで居ない事。

一応名前はあるけど、指示を出しませんし何なら放送が始まってから来ます。

そして放送中にどこか外へ出て行ってしまい戻ってこない時もあります。

そして驚くべきことにスタッフ誰も進行表(どんな流れで番組が進み

どこでCMが入るかなどが記された紙)を持っていません。

一応あるにはあるらしいんですが…

ディレクターに「ください」って言ったら「agora la iha(今持ってない)」って

言われました。えーーーーーーーー!!

もちろん打ち合わせなどもなく

8時からという名の下で何と無く8時前後に始まり

スタッフの多くは放送中facebookを楽しんでいます。

『カメラマンさん、なぜ階段に座ってFacebook見てるのー!!

スイッチャーさん、画面見てなくていいの!!?

って、えーーーー!?あなたもFacebook!!?

お、今度は自撮りが始まった!??放送中なのにぃー!!!!!?』

そう、ティモールの人たちはFacebookと自撮りが大好きなのです!!

そしてこの番組、FD(フロアディレクター)もADも居ないので

スイッチャーをしていると、(実際の放送が見られるモニターがなく

MCの声が聞こえない位置に座っているのもあり)

いつCMに入りいつCMがあけたのかが分かりません。

気づいたら急に始まったりします、何の前触れもなく!!

そして私がスイッチャーをしていると結構陽気な感じで

「こ〜み〜〜!!コーヒー飲む〜〜〜??」みたいな感じで話しかけられます笑

『ちょっと今無理!!!』(と言いたいけど咄嗟に出て来ないテトゥン語)

 

でも思うんです。

それでも大きなトラブルもなく放送が終わるんです。

一時間のトーク番組はしっかり遂行されているんです。

何でしょう、、、いい事も悪い事も含めて色々考えます。

番組の良し悪しとかもそうですけど、仕事ってなんだろう

日本って何だろう。ん、というか生きるって何なんだろうとか

海外で暮らした人はよくそういうことを考えると言いますが

私も考えてしまいました。まだ一ヶ月ですけど、毎日考えます。

 

そうそう、現地の人たちの口癖は「Facebookアカウント持ってる?」です笑

友達が上限の5000人に達している人もよくいます。

(多分誰が誰かもう把握してないのではないかと)

 

さて、今日は収録があったのですがゲストが来られなくなったので

キャンセルになったようです…

午後はテトゥン語の勉強にあてたいと思います!!

Ate aban🎵

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年11月21日

moris iha Timor🇹🇱5

Bondia~~~~!!!!

毎朝7時に元気に出勤しています!

小御門です!!

さて、みなさんは「サンタクルス事件」を

ご存知ですか?

まだインドネシアの支配下にあった東ティモールで、1991年11月12日に起きた悲しい出来事です。

私の勤める国営放送RTTLでは毎年この日に、

凄惨な事件の現場となったサンタクルス墓地から生中継を行います。

1991年のこの日、独立を求めデモ行進を行っていたティモールの市民たちに向け

インドネシア国軍が無差別に発砲し、大勢の市民(特に若者)が亡くなりました。

亡骸をインドネシア軍が海に葬ったことで、実際に亡くなった人の数は未だに分からないままです。

11月12日、遺族を始め式典会場のサンタクルス墓地前には数えきれないほど多くの人が集まりました。

テトゥン語が上手く聞き取れないので、式典内でどのようなメッセージが伝えられていたのか詳細には分かりませんでしたが、

この日がティモール国民にとってどれほど重要な日かということは実感することができました。

ほんの16年前まで独立を巡る戦争の最中にあった東ティモール。

同僚にも戦争で戦った人、家族を失った人がいます。

家族を愛し平和を慈しみ、笑う事が大好きなこの国の人たちのことを、この国の歩んできた歴史を、もっと知りたいと感じた一日でした。

 

同僚と。

 

 

 

 

 

 

それにしても、式典を観たいと人々が容赦なく人のお墓の上に登る姿は日本人の私にとってはだいぶ衝撃でした笑


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年11月14日

moris iha Timor🇹🇱4

Botardi!!

独立から16年、未だティモールには

正直娯楽といった娯楽がありません。

 

週末一番手軽に遊べてなおかつ

暑さをしのげるのが  海 !!!!

泳いだりBBQしたり。

休みの日に度々訪れます。

ちなみにこれは、ティモール最大にしてにして唯一の観光地

世界で二番目に大きなキリスト像。

 

 

 

 

 

汗だくになり階段を登ること30分、小高い丘の上にあるんですが、

この像の観光自体は3分で終わってしまいました…笑

 

 

 

 

 

 

 

しかし、そのふもとにある綺麗な海!

 

 

 

 

 

すでに何度か訪れていますが

この間は写真撮影をメインに行ってきました!

身長180センチの同期に投げてもらったら

なかなか高さも出て躍動感のある写真が撮れました♪

残念だったのはいい写真撮ろうと粘りすぎて

日が暮れてしまったこと笑

今度晴れた日のお昼にリベンジしたいと思います!!

Ate logu—♡


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年11月13日

moris iha Timor🇹🇱3

Botardi‼︎‼︎

本日の気温33度

拭いても拭いても垂れる汗

生きてる!って感じで好きです。

さて、ティモールでの生活の足はこれ!

ミクロレット(ベモ)という名の小型バス。

なぜかどのミクロレットもライブハウスぐらいの音量でヒップホップなどが流れています。重低音が身体にズンズン響くほどです笑

この、ハイエースより小さいミクロレットに乗れるだけ乗ります。

 

ちなみに、スペースが無くなるとこんな風に入り口に掴まります。

ただしやっていいのは男性だけ!

女性は危ないからダメということで、

車内に入り席がない場合は人の膝の上に座ります。

ティモール人女性が膝をたたいて「ここに乗りな!」みたいな感じで言ってくれるのですが、

ティモールの女性は本当に華奢な人が多く、座るのがためらわれます。

その為いつもほぼ空気イスです。

しかし、なんと料金はどこまで乗っても25セント!!!!!今なら日本円で28円くらい!!!!

職場までもこれに乗って通勤しています♪

またティモールの暮らしや仕事について投稿しますね!da da!!!!!!!

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

moris iha Timor🇹🇱2

Bondia~~~~~~!!!

 

東ティモールの首都ディリからおはようございます。

 

先週から国営放送に配属され、

ティモール人300人の中にポツンと日本人ひとりで、

早く打ち解けるぞー!!という意気込みはどこへやら…同僚たちの話すテトゥン語が早すぎて全く会話についていけず、孤独感しか感じない毎日です!!!!笑

 

でも、これぞ協力隊に与えられた第一の関門!!!!!!ここを乗り切れば少し楽になる!!!(はず)

 

さて、先週の出来事。

テトゥン語で会議は「エンコントル」というのですが、

上司に「明日10時からエンコントルだから」と言われ、

もちろん私は10時に会議室(と思いきや場所のソファーの辺り一帯という会議に似つかわしくない場)でスタンバイ!

 

しかしながら、誰も来ない。←途上国あるあるらしい

 

しばらくして同僚数人が合流。

続くこの状態

 

 

 

 

 

 

1時間経過…

 

2時間経過…

 

ソファを立ち部屋から出て行く同僚たち。

 

言葉は分からないがとりあえずついて行く私。

 

 

 

 

 

………((((;゚Д゚)))))))ラ、ランチ!!!?

 

 

か、会議は!!!!?

 

同僚曰く「Orsida (後で)」とのこと。

 

うーーーーーーん。

郷に入っては郷に従えというものの多少困惑。

 

そして来たるOrsida

待つ私。

 

 

 

 

始まらない会議。

 

 

そして迎えた終業時刻。

 

小御門「エンコントルは、いつですか?」

上司「aban(明日)」

 

来たる「明日」会議が無かったのは言うまでもない。

 

こうしてこの「エンコントル」は幻となったのだった。


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る