2013年7月29日

念願叶って

入社した年からずっと行きたいと思っていたけど

タイミングを逃し逃し行けてなかった場所に

先週、取材でついに行くことができました☆

香川県さぬき市のカンナの花畑。

今見ごろを迎えていて、私の身長よりも大きいカンナの花が

堂々とした咲きっぷりを見せていました。

 

4000株のカンナの花が咲き誇るのは、

香川県さぬき市のもともと野球場だった場所。

野球場の所有者である高松市の畳製造会社が、

15年ほど前から育てています。

雑草が茂るのを防ぐために背の高いカンナの花を植えたそうなんですが、

今ではこの花をお目当てに大勢の人が訪れています。

このカンナの花、来月末ごろまで楽しめるということです。


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2013年7月15日

三連休♪

暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

私は、おとといは高校野球香川大会を観に行って

きのうは…

早起きをして女子二人で小旅行に行ってきました!!!

どこに?

三豊市の粟島、そして志々島です(^^♪

目的はOL女子の必需品mt」 いわゆるマスキングテープ

イベントに参加することだったのですが、

見どころいっぱいの島々に、興奮しっぱなしの一日を過ごすこととなりました。

まずは粟島海洋記念館。

昭和62年まで船員さんの学校でしたが、

現在は、展示コーナーが設けられ、

中を自由に見学できるようになっています。

 

なんともノスタルジックな気持ちになる空間でした☆

              

そしてお目当てのmtイベントへ!!!!

今は使われていない小学校が会場で、

マスキングテープを使ったかわいらしい作品が

展示されているコーナーがあったり…

 

 

置いてあるマスキングテープを使って

自分の持ち物を自由にデコレーションできるコーナーも

ありました(*^_^*)

私も気合入れてファンデーションのコンパクトや

スマートフォンをかわいくアレンジしました☆

 大の大人が2人して

30分以上mtの切り貼りに

熱中するという事態に…

でも、自画自賛したくなるほどの力作です(笑)

        

          

今回のイベントで最も多くの人だかりができていたのはこちら

限定品も販売されるという物販コーナー

選ぶのに迷ってしまうほど種類があって、

クーラーのきいていない部屋の中で

県内外から来た大勢のお客さんが

汗だくになりながらお目当ての品を買い求めていました。

ちなみに私が購入したのはこちらのテープ。

友達にも渡せるように少し多めに購入しました!

(先輩はこの5倍くらい買ってました(@_@;))

                          

                         

                               

                             

                            

                            

                          

                             

 

 

 瀬戸内海を見渡せる屋上には

 mtを前面にあしらったこんなアートもあり、

 創作意欲に掻き立てられた先輩と私は

 何枚も何枚もこんな写真を撮り

はしゃいでいました。

観るだけじゃない、自分も参加して楽しめるアートって

素晴らしいですよね(*^^)

大満足で粟島をあとにした私たちは、リッチに海上タクシーを使って

志々島へ☆志々島初上陸でした!

ここに来たのにはある目的が…

実はこの島にはシンボルツリーの「大楠」があるんです。

時折振り返り瀬戸内の絶景を眺めながら

急な山道を登ることおよそ15分…。

がんばった甲斐がありました!!!!

きっとがんばった人だけが見ることができる光景が

そこにはありました。

 すごい存在感、神秘的な光景でした。

 島民19人という静かなこの島で

 島の守り神としてそびえたつ大楠。

 この島にもっと大勢の人が暮らしていた時代から

こうしてずっと島の歴史を見守ってきたんですね。

 

かなりやぶ蚊が多かったですが、

本当に素晴らしいものを見せていただきました。ありがたやありがたや…

ということで、大楠をあとにした私たちは最後に

極上の景観が楽しめるという島の頂上を目指そうとしましたが、

体力の限界を感じ断念しました(*_*)

せっかくなのにもったいないとも思いましたが、

次回のお楽しみということにしておきます。

帰り道ではあの有名なたこ判も体験することができましたよー!!

 一時間ちょっと待ったけれど甲斐ありました。

 

 

 まさに「三豊まるごと」おいしい一日ですね。

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

三豊の須田港の駐車場がいっぱいで困っていたときに

駐車場を貸してくださった方や

半日でとってもフレンドリーな関係になった海上タクシーのおっちゃん。etc…

三豊人の優しさにも触れることができた

大満足の小旅行でした☆     完

 

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2013年7月3日

雑穀!!!

瀬戸内国際芸術祭の夏会期が今月20日に開幕します。

夏会期に向けて、岡山県玉野市の宇野港会場では、

地域の食材を使ったお弁当作りが地元の主婦達の手で進められています。

どんなお弁当なのか、取材して来ました。

玉野市の主婦達が取り組む、瀬戸内芸術祭のためのお弁当作り。

一番、こだわったのは地元、玉野を表現することです。

そこでレシピを担当した前田眞子さんが使った食材は、あわやひえなどの雑穀です。

実は玉野市は耕作放棄地の対策として雑穀栽培に力を入れています。

多くの農家が栽培に取り組む雑穀にこだわったお弁当を作ろうというのです。

弁当の定番鳥のから揚げにも雑穀が使われています。

また、 パプリカとピーマンの炒め物には、ひえとあわを混ぜ合わせ、

ぷちぷちとした食感を楽しむことができます。

さらにはデザート、なんと、すいかとはと麦のスープです。

はと麦のもちもち感とスイカの甘みが絶妙!!!

雑穀の魅力とわたくし、このたび運命の出会いを果たしました。

 

まだ試作品ですが、できあがったのは

ごはん2種類、おかず9品のお弁当とデザート。

試食してみんなで意見交換しながら、

芸術祭に向けたこだわりのお弁当を

仕上げていくことになっています。

発売は今月20日、芸術祭宇野港会場にて☆


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る