2020年2月17日

Moris iha Timor🇹🇱45〜誕生日のお話〜

Boatarde~~~~~

昨日は32歳の誕生日でした!(私の)

家族や友人にたくさんお祝いしてもらいました!!

同期に「18時ぴったりに来てね!」と言われて

18時ぴったりにドキドキしながら扉を開けると…

風船を持って踊る仲間達!!

そして曲の間奏で、風船を花に見立てて

「おめでとう!」の言葉と一緒に、一人一人風船を手渡してくれました。

腕いっぱいに風船を抱えて、もう涙を堪えられませんでしたね…

訓練所の時から一緒に過ごしてきた同期と。

 

ケーキは今年もネコ!!!

 

ロールキャベツにグラタン、カレー、お団子に塩昆布キャベツなど

みんなの手作り料理を美味しくいただきました♡

尊敬できる仲間達。

歳下も歳上も関係なく

対等に向き合える仲間達。

 

 

彼ら彼女達との出会いも、協力隊での財産の一つです!

 

家では家族にお祝いをしてもらったんですが、

とにかく私の心を鷲掴みにしたのはこのケーキ笑

猫が好きだからと言って

強引にぬいぐるみをケーキに乗っけた

斬新なスタイル笑

 

 

ろうそくをに灯をともすと

一層シュールな世界観笑

 

 

 

でも、このケーキが私はかなり気に入りました。

この発想はなかった!

 

一人暮らしの隊員が多い中

なぜか私はホームステイの家に決まっていて

最初はホームステイに少し抵抗がありましたが

今となっては、この家族なしでは

 

私の隊員生活はない!とさえ思います。

私のティモールライフを何倍も彩り豊かにしてくれて

本当に感謝しています。大好き😘

 

32歳の目標は色々ありますが、恥ずかしいので

心の内に留めておきます♪


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2020年2月13日

Moris iha Timor🇹🇱44〜日本語教室始めました〜な話〜

Boa tardi~~~~~

毎日うだるような暑さの続くティモールから🇹🇱

また投稿に間が空いてしまいましたが、

2月から新たな活動が始まりました!!

それは「日本語教室」!!!!

職業柄(?)、青年海外協力隊に参加したら

やってみたかったことの一つでしたが、

この度、知人に声をかけてもらい

20人ほどのティモール人に向けて

週に2度、一コマ90分の講義を始めました^^

始めて早くも2週間が経ちましたが、

とにかく楽しい!!

前のめりで授業を聞いてくれる生徒達(大学生くらいがほとんど)。

正直なところ板書を写すのに

えぇーーーーーーーーーーーー!!!?というくらい時間がかかったり

何度説明しても同じミス(←とても単純な)を繰り返すなど

日本の学生との差に驚くことが多々ありますが

(きっとティモールの初等・中等教育などに

問題があるのだろうと思います)

「日本語を学んで将来日本に行きたい!!」と一生懸命学ぶ姿、

そして「チエセンセー、チエセンセー!!!!」と慕ってくれる姿に

私は顔がほころびっぱなしです☺️

そうそう、私の中学生の頃の夢は先生でした。

夢が叶ったようで、とても幸せです。

 

 

 

 

活動では、子ども向け番組始動の準備を進めており

活動と日本語教室の両輪、とても良いバランスで

充実した毎日を送っています。

あ、それと、ティモール人の友人に誘われて

週二回ヨガにも参加しています!!

元々驚くほど身体がかたいので

節々が悲鳴をあげていますが

今後も継続していこうと思っています♪

 

 

今日で任期も残り8ヶ月を切りました。

今までは結構「早く日本に帰りたい」と思うこともありましたが、

最近はティモールの空が、空気が、

夜遅くまで街に響く音楽が、ティモール人達の笑い声が、

全てが本当に愛おしく感じられ

一つ一つの光景や音をしっかり目や耳、心に焼き付けながら過ごしています。

 

青年海外協力隊に参加して本当に良かった。

なぜなら私はこれまでより少し、優しくなれたから。

少し、強くなれたから。

そして

少し、自分に自信を持てるようになったから…

 

 

なんちゃって〜〜〜〜Ate aban~~~~!!!😹

 

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2020年1月29日

Moris iha Timor🇹🇱43〜池田アナが来ティモした話〜

Boatardi~~~!!

 

昨日のevery.でJICAが取り組む東ティモール支援の様子が

放送されたのですが、実はそれを取材にはるばるティモールにやって来たのが

可愛い後輩、池田アナなんです!!

若干20歳、若手カメラマンN君と一緒にやってきました。

 

日本が支援して出来た大学の工学部やフェリーターミナル・橋、

そして私たちJICAボランティアの活動などを

「教育」をメインテーマに弾丸取材してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

私の活動先にも来てくれました!


 

 東ティモールの独立から20年。

日本とティモールの協力20周年を記念したパーティも行われ

その模様も取材に。

 

 

 

3泊4日、休む間もなく地方も訪問し撮影に駆け回った2人でしたが

疲れも見せず、最終日前日には久しぶりに

お酒を酌み交わし、昔話や近況報告に花を咲かすこともできました。

いやぁ、嬉しかったし楽しかった!!

後輩の成長が本当に頼もしく感じられました♪

 

すっかりティモールを気に入ってくれたようで

私もとてもうれしかったです!!

帰国まであとおよそ8ヶ月。

刺激をもらえる良い機会になりました♡

 

 

 

 

 

↑ちなみにNカメラマンは自分の成人式よりティモール取材を選び、

さらに、これが初海外だったという強者です(笑)

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2020年1月6日

Moris iha Timor🇹🇱42〜年末年始のお話〜

Boas festas!!!

あけましておめでとうございます!!

もう2020年ですよ!!

今年帰国だなんて…いろいろあったけど早い。

あと9ヶ月ちょっとは妥協を許さず

苦しみながら頑張っていく所存です。

 

年末は1年間の活動を報告する中間報告発表があったり

 

 

 

 

 

 

地方へ遊びに行って滝壺に飛び込んでみたり

(ティモール人は軽々と飛び込みます)

←白いTシャツを着て

まさに飛び込もうとしているのが私です

この高さから見下ろすとだいぶ怖かったです

 

 

 

広大な山の上でインスタ映え写真を撮ってみたり

(ちなみに入場料2ドル取られます!笑)

 

 

 

 

 

 

大勢のティモール人とアットホームな年越しをしたり

本当に充実した年末年始となりました!!

 

そして元日には念願の気ままにラジオにて

電話でティモール情報&活動報告について

お話させていただきました♫

 

久しぶりにラジオで話すので緊張しましたが

年明けから良い経験ができ、いいスタートを切る事ができました。

 

今年の目標は

1早起きと朝活

2嫌われる覚悟でティモール人とぶつかってみる(活動でですよ!笑)

3新しい編集ソフトを使いこなせるようにする

 

です。1日1日を惜しみながら…帰国まで戦い抜きます!!

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年11月23日

Moris iha Timor🇹🇱41〜ご無沙汰しておりますな話〜

皆様…ご無沙汰しております。

実は、頭と頚部に謎のしこりが出来たため、

急遽帰国を決め、3日前に検査のために日本に帰ってきました。

昨日検査して、少なくとも悪性ではないとのことで

来週帰ティモします!!

(今は実家でのんびりしています。外食チェーンの牛丼、ラーメン、うどん

日本で当たり前に食べられものがこんなに尊いなんて…)

 

このところ職場のインターネットが使えなくなってしまい

ブログの更新が滞っていましたが

話題は盛りだくさんです!!

 

今日は先日の地方旅行のお話♪

日本人も住んでいないティモールのマナトゥトという地域に行ってきました。

いつも通勤時に使っているベモという乗り物を(ほぼ)貸し切って

マナトゥトに運ばれる荷物と一緒に移動。

 

 

 

 

目的は陶磁器隊員の焼き物視察に同行すること!

(と言っても同行しただけで特に何もしていないです)

 

一から焼き物が作られる様子を見学の後

私は、ティモールで神聖な生き物・ワニを象った焼き物に一目惚れしお土産に購入。

←ヤギを狙うワニの図

 

 

 

 

夜は、ティモール人の友達の実家に泊めてもらいました^^

お父さんもお母さんもとても優しくてご飯も美味しくて

楽しいひとと時を過ごすことができました。

ベッド一つとマットレス一つ、寝位置じゃんけんで寝位置を決定し

修学旅行みたいに仲良く就寝。

一泊二日ですが、かなり濃厚な時間でした!!

 

 

マナトゥトには日本人がいないので元々この2年間で行く予定はなかったのですが

行ってよかったです♡

あと、11ヶ月、あと何箇所地方巡り出来るかなぁ??


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年10月28日

Moris iha Timor🇹🇱40〜もうやになっちゃうわって話〜

Boatarde…

今日は、ディレクターの女の子と一緒に

次のゲストのところに事前取材をしに行く約束をしていました。

朝リマインドのメールを入れたものの既読にならず、

もう出発時刻というのに彼女がいないため電話をしたところ

何食わぬ顔で「今から地方に取材に行くけど何?」と言われました。

「私たち約束してたよね、忘れてたの?」と聞いても

あたかも最初から約束などしてなかったような言い方をされて

(忘れていた事をごまかすというか論点をずらそうとして)

「こみ、今から行くの?気をつけて!」的な返しをされました笑

 

忘れてたならさ「本当にごめん、忘れてた」って言えばいいのになって

なんかモヤモヤしてしまいましたとさ。

そんな訳で突然午後の予定が狂いました。。。

毎日です。。。はぁ。。。


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年10月22日

Moris iha Timor🇹🇱39〜ドナドナした話〜

Boatarde~~~~~

少しご無沙汰しております。

帰国まであと357日となりました。

相変わらずJICA番組に忙しく

今エピソードも3日間JICA東ティモールのドミトリーに泊まり込んで

なんとか編集を終えました!

 

 

 

 

 

これまで自分で台本を書いていましたが、

ティモール人女性ディレクターも新たに加わり

いい感じで協力して番組づくりを進めることができています!!

 

 

ただ、「私は技術的なことを何も伝えられてないのでは…」という思いや

「作業に没頭するあまり同僚とのコミュニケーションが疎かになっているのではないか…」など

悩みや不安は尽きません。

伝えたい事を言葉でうまく表現できないことが

これほどまでにストレスとは思いませんでした。

うまく相互理解ができないストレスから

時にコミュニケーションが億劫になってしまうこともあり

そんな自分に後になって腹が立ちます笑

 

慌ただしく過ごす中でも

息抜きはしっかりしています!

先日、来ティモ一年を記念して地方で活動する同期へ会いに

同期旅行をしてきました!!

BBQをしてお昼からビールをいただいて、

夜は時間を忘れて女子トーク…

訓練所時代の話もしながら「もう一年も経ったんだねぇ…」と。

 

帰りはこの「アングナ」と呼ばれる乗り物で

ドナドナされて帰りました。

足元にいたヤギに何度も蹴られながら、

砂埃にまみれながら…地方隊員はやっぱりすごい。

と感じた旅でした。(写真右の方でちょこっと顔が出てるのが私です)

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年10月9日

Moris iha Timor🇹🇱38〜再び生む苦しみがやってきた話〜

Boa tarde~~~~

帰国まであともうちょっとで

1年きります…

うどんが恋しくてたまらないので

背景はうどんです笑

 

JICA番組のバトンをティモール人ディレクターに引き継いでいるので

今度は自分のやりたかった子ども向け番組に取り掛かろうと…

しているところなんですが、

実際番組を作ってみて様々な制約を感じたため

お金・時間・クルーの機動性・言語の壁etc…

上記の壁をクリアして息長くやっていける

なおかつ観ていて楽しいものにしなければ…

現地の子どもたちを巻き込んでやるのが理想だったけど

それって段取りとかとにかくスケジュール合わせたりとか

むちゃくちゃ大変だと思うんですよね。。。

私の前々任は子どもをMCにして番組作っててすごくいい感じなんですが

大変だっただろうなと思います。

 

今日中に構想固めるぞ!!なんて思っても

急には生まれてこないアイデア…苦しみ〜〜〜〜〜

とりあえず、会議が10時からって張り出されてたのに

人が全然集まらないと言う理由でなくなったという相変わらずな今日。笑

 

最後に、写真は私の名刺です!!

(このデザイン、JICAから却下されなければ印刷します!ウキウキ♪)


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年10月8日

Moris iha Timor🇹🇱37〜かなり前に無人島に行った話〜

Botarde~~~~

 

今日も一日お疲れ様でした!!

ロケハン行ってきたよ!!

 

 

ここで、去る7月に行った国内旅行のお話。

女子5人旅で首都から8時間かけて

ティモール1綺麗な海に囲まれた無人島(ジャコ島)に行ってきました〜!!

ただただ綺麗な海を5人占めしたという思い出です。

 

 

 

 

 

帰りは先輩隊員の任地に一泊して

野生のワニにも遭遇して、濃密な3日間でした♪

←先輩の任地にある

映えスポット笑


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年10月7日

Moris iha Timor🇹🇱36〜番組オンエアしたよ〜の話〜

Ami kleur la hasoru malu…(ご無沙汰しています…)

本当にお久しぶりです!!

しばらくあっちの世界へ行ってました(え?どこ)

JICAの隊員紹介番組始まりました!!

本当に長い道のりでした…

ロケでカメラマンが寝る

編集マンが全然来ない

1人で作業を抱え込み押し寄せる孤独感

 

「やるやる」とは口ばかり「やるやる詐欺」横行

ついに泣き叫んだ私。

「もう勝手にしてくれ!」と編集室を出た私

ようやく焦った同僚

全力で(物理的に)引き止める同僚

上司を交えて行われる会議

「こみ、悪かった。落ち着いてくれ。解決策を考えよう。

よし、こみを全面バックアップして今週末の放送に間に合わせようじゃないか!

スタッフ全員翌朝10時集合だ!!」

 

翌朝、再びのやるやる詐欺発生

(つまり、誰も来なかった)

 

かなりダイジェストでお送りしましたが

つまりのところ、これが日常です。

そんな中でも同僚たちの優しさに触れることも多かったということも

忘れず記しておきたい。

私のために時間外労働や休日出勤して手伝ってくれたり

話をたくさん聞いてくれたり…

 

Youtubeに番組アップされていますので、テトゥン語ですが

よろしければご覧ください。

もちろん日本の番組に比べたら色々とツッコミどこ満載ですが

私たちekipa RTTLep(チームRTTL)の血と汗と涙の結晶です!

Youtube→RTTLep→再生リスト→HABELUN HO JAPAUNから

視聴できます(2話アップ済み)

服飾隊員の配属先の学校にて

(右端が私です)

 

 

 

 

東ティモールの国営放送にて

自分の番組が初めて放送された時!

思った以上にドキドキしました♡

 

カメラの好きな同僚が

JICAポロシャツがイケている!!

と撮ってくれた写真。笑

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年8月26日

Moris iha Timor🇹🇱35〜このところ忙しすぎた話〜

Bondia~~~~~

Diak ka lae ~~~~~???(元気ですか〜??)

 

随分と間が空いてしまいました!!ご無沙汰しています。

ついにJICAの番組が始まったことから

要領の悪い私は毎日あらゆる作業に追われています。

(主には同僚に締め切りのプレッシャーをかける、同僚を見張る)

 

初収録に向けてまずクルーを確保するのが大変でした。

それにカメラが一台しか出せないと言われたので

私が日本で買ったSONYの業務用カメラを(大して使いこなせないのに)

使うしかなく(しかもほぼメインカメラマンとして)

そんながっつりとした撮影は初めてなので焦る。

助けてくれたRNCカメラマンズ本当にありがとうございます(T_T)

ホンマに頼りになります!RNCカメラマンズ!!

やっぱり彼らは職人であり、神である。と再認識。

 

(ちなみにこの国ではほとんどのカメラマンがカメラの詳しいことを分かってないから

頼れません。問題が起きたらGoogle先生に聞いたりしながら解決。)

 

台本を頑張って書いたけど、テトゥン語の壁が高すぎて一文ずつ筆が止まる。

そして優しい他部所の同僚たちがリライトしてくれるけど

知らない単語と熟語が山ほど(時々ポルトガル語とインドネシア語混じってくる)

その上同僚たち同士で「いや、この表現は違う!」「違う違う、ここはもっとこう書かないと!」と

議論になるので全く進まない笑

 

そして「私が書きたいのはそういうことじゃないの〜!!」ということもたくさんあって

何度説明しても分かり合えることはなく、

最終的に私が書きたいこととニュアンス変わってきている。

さらには日本でよく使う「さぁ、今日のゲストは一体どんな方なんでしょうか!」

みたいなコメントフリはこの国で全く理解されず

みんな「???????????????」となってしまう。

「どんな人」って表現がどうもおかしいらしく爆笑されてしまう。

 

まぁ確かに、逆の立場で考えたら

まだやってきて1年にも満たない外国人が全編日本語で書いた台本の番組を

NHKで流すようなものだ…そりゃリライトにめちゃくちゃ時間がかかるのも無理はない。

 

そしてロケ当日に向けて上司に火曜はカメラマン誰が空いてるの?と聞いても

部下の予定をほとんど把握してないので

「アルドもいるよ!ジュリアオもOK!!もし彼らが居なくてもマリウは居るから!」

みたいな大変雑な返答しかない。(確認もせずに言ってくる)

ので、直接カメラマンに聞いてみると

 

みんな別の仕事とかで居らんやないか〜〜〜〜〜い!!!!!!😬🗯

 

ちなみにテトゥン語で「出来る」とか可能を表す言葉が「bele(ベレ)」と言うんですが

上司は全部に「べ〜れ べ〜〜〜〜れ!!」って言ってきます。

でも結果蓋を開けてみると大体ベレではありません。

信用してはならない言葉「ベ〜レ〜」です。

 

そんなこんなで迎えた前日とりあえずワイヤレスマイク2波の確保をカメラマンに要請したら

「べ〜〜れべ〜〜〜〜れ」言うので

もし準備できてなくってロケできなかったらJICAとの契約不履行になるからね!!

JICAが怒るぞ〜〜〜〜!

なんて軽いプレッシャーを掛けておきました。

 

当日心配だったので早めにきて機材を確認すると

案の定ありません。

カメラマンを呼んで「どこにあるの?」と聞くと

「あったはずなんだけど、サルスが持って行っちゃったかも!

サルスに電話してみて!!」と言い出すので

私の怒りはついに爆発!!!!!今まで職場で一切怒ったことなかったけど

語気を強めて「あなたが機材準備の担当なんだからあなたがやりなさい!

責任を持ってやりなさい!!!!!!」と言ってしまいました。

そしたら慌ててサルスに電話していましたが

まぁサルスも必要だから持って行ってる訳で返ってくるわけもなく

仕方がないのでハンドマイク一本でなんとかすることになりました。

 

しかし、この件に関しては私にも落ち度がある!!

ワイヤレスマイクを確保したのをこの目で確認してから

「これは明日使います!」と張り紙をしていなかった私が悪い。

この反省を生かして次回からは機材がないなんてことがないようにしようと思います。

 

ちなみに私の前任が機材管理ノートをを作って

機材を持ち出したりする際には必ず記入するように2年をかけて指導しましたが

それも根付くことはありませんでした。

だから持って行った機材を雑に扱って壊したり

機材がなくてロケが中止になったりとかが日常茶飯事なんですね。。。

 

ちなみにドライバーも居ると聞いていたのに

当日になると別の仕事に出ていて居ない。

自腹タクシー移動になると言う悲劇。

 

ロケはと言うと、まぁみんな長丁場にも関わらず

根気強く頑張りました!!それは嬉しかったな。

最後だいぶはしょってしまいましたが、

なぜ今私がこのように長文のブログを書いているかって?

 

 

編集マンが来ないからですよ!!!!!!!!

 

午後は来てくれるといいな。

顔が深刻すぎる

おそらく余裕がなかった私

 

 

 

 

仲間たち!

遅くまで添削に付き合ってくれて

本当にありがとう!!

 

 

彼らが居なければ活動も前に進んでなかっただろうな。

ルーズなところがたまにイヤになることがあるけど、

かなり優しい人たち。

そんなこんなで色々したり、週末は友だちと地方に旅行に行ったりと

息つく暇もないくら忙しい毎日を送っています。

すっごく幸せです!!いやぁ、ティモールに来てよかった!!


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年8月6日

Moris iha Timor🇹🇱34〜久々に打ちっ放した話〜

Bondia~~~~

時々ブログに登場するエディターのジーニョくん。

今日も彼が「朝早い方が光の具合がいいから」と

収録開始を9時に設定したのに、

10時を回っても来ません。

ようやく先ほど連絡が取れたとの情報が入って来ましたが

これからシャワー浴びて行くわ!だそうです。

 

さてさてそんなわけで午前中暇になっておりますので一昨日の話を。

実は今年2月、東ティモール国内唯一のゴルフ打ちっ放し場がオープンしました。

私は体調不良などのためまだ一度もいったことがなかったのですが

この度行ってまいりました!!!!

(ちなみにこの国にコースはありません)

 

借り物の男性用のクラブでしたが

いやぁ気持ちいい!!

 

 

そして練習場を徘徊するヤギたち。

当たったら大変。でもビビらないヤギたち。

ちなみにティモールでヤギはbibiと言います。

ビビだけにビビらない。ふふふ

(ちなみにこのギャグは私が考えた訳ではありません笑)

 

ニアピンコンテストをしていましたが

日本と違ってかなり競技人口が少ないので

(ほとんど中国やインドなど外国人)

私ももしかしたら優勝できるかもしれません。

ということでこれから定期的に通ってみようと思います〜!!

 

(ちなみにお値段は1球10円と、まぁ日本並みでした)

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年8月2日

Moris iha Timor🇹🇱33〜ささやかな目標が生まれた話〜

Bondia~~~

「HORTA SHOW」の収録の日。

(私はタイムキーパーをしてただけで

出演はしていません笑)

 

インドネシアからの独立に尽力したとして

1996年にノーベル平和賞を受賞したジョゼ・ラモス=ホルタ氏が

MCを務め、ゲストとと話をする1時間のトーク番組です。

 

毎回突然収録が決まったりキャンセルになったりと振り回されてるんですが

この日は9時半から収録というのに10時半を回っても始まる気配がありません。

(観客は9時半に来てるのにスタッフは来ない。そもそも)

 

そして痺れを切らした私

 

私「いつ始まるの?」

同僚「ゲストが来たら」

私「いつ来るの?」

同僚「分からない」

 

って😇😇😇😇😇

 

まぁ、もう慣れましたけどね!

どうしても時間を無駄にしてる気がしてならない。日本人な私、

でした。

 

そうそう、表題にある「ささやかな目標」なんですが

それはこの国でアナウンサーとして番組に出ることです。

テトゥン語が上達すれば出たらいいと

上司が言ってくれています。

 

最初は「自分は支援に来たのであって自分が出るのは違うんじゃないか」

と思っていましたが、

せっかく来たので、一つでも多くのことを経験・達成できればいいなと

思うようになりました。

 

テトゥン語の勉強にも力が入ります。

一石二鳥です。

さぁ、果たして東ティモール初!?日本人アナウンサーになれるのか

乞うご期待!!!


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年8月1日

Moris iha Timor🇹🇱32〜旗売りのおじさんと私の話〜

Botardi~~~~

今日は何だか気持ちがフワフワしてる

小御門です。

今日は旗売りおじさんと出逢ったお話です。

↑あっ、これは報道制作局長であり、旗売りおじさんではありません笑

 

今日お昼ご飯を食べた後職場へ歩いていると

手に数本の国旗を握ったおじさんに出会いました。

彼はビーチサンダルにボロボロのTシャツ短パンという

いかにもティモール人といったいでたち。

 

なんとなく国旗が欲しくて(ほんとなんとなく)

おじさんの方に歩いて行ったら

「大きい国旗は20ドル、小さい国旗は2ドル」と言われました。

「小さいの2ドル高いな…じゃあいいや」と

その場を立ち去ろうとすると

「大きいのは10ドル、小さいのは1ドルにするから!」と

呼び止められました。

1ドルなら欲しいなと思って買って、旗をふりふりしながら

ご満悦で職場に向けて歩き出したら

旗売りおじさんに「どこで働いてるんだ?」と再度呼び止められました。

 

「RTTL!テレビ局!」と言うと

彼は寂しそうな顔で「俺もちゃんとした仕事に就きたいんだ…」と言いました。

 

旗は1日に4〜5本しか売れないそうで、

旗売りおじさんの生活はとても苦しく

会社でも、飲食店でも、お店でも

どこでもいいから働きたいんだ…と。

 

ティモールは失業率50パーセント超え。

若者が学校を出ても働き口はなく、

毎日昼間から何をするでもなく道端にたむろしていたり

果物などを肩に担いで売り歩いて日銭を稼いでいたり

そんな人達で溢れています。

 

ここに来て9ヶ月が経ち、そんな光景が当たり前になっていました。

だけど今日、旗売りおじさんと話してハッとさせられました。

そうだ、ティモールには仕事に就けず

満足な生活を送れない人が大勢いる。

 

私の勤めるテレビ局は国営放送で、

いわばティモールのエリート(お金持ち)の集まりなので

日ごろ旗売りおじさんのような生活をする人たちと接することは少なく

今日久しぶりに頭を何かで殴られたような衝撃と共に

涙が出そうなくらい胸が苦しくなりました。

 

私、最初ここにどんな気持ちで来たんだっけ?

ティモールの役に立ちたい、そう思って来たんだった。

 

日々の中で忘れかけていた初心を思い返すことができた

旗売りおじさんとのお話でした。


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年7月30日

Moris iha Timor🇹🇱31〜プチバズりしている話〜

Botardi~~~~

Diak ka lae~~~~~???

 

突然ですが、実は私、今、バズってます!!

(いや、それほどでもないんですが)

 

ティモールで流行りのギャグがあるんですね。

「Ermera Wao」

↑エルメラ(地名)ワオ!!(エルメラって素晴らしい みたいな意味)

これだけでウケるんですが(なぜウケるかは不明)

 

 

そのアレンジバージョン

「Imi hanoin Ermera mesak mak Wao ka??

Ami Japaun mos Wao mak nee!!」

(みんな、エルメラだけがすごいって思ってない?

私たち日本も素敵よ!! って意味)

 

これを同僚が私に言わせて、その動画を撮っていたんですが

なんとYoutubeにあげていたようで…

 

そんなことはつゆ知らず

ある日お昼ご飯を買いに行ったらお店のお姉さんたちが

「Ermera Wao の子でしょ?」と声をかけてきました。

びっくり。そこで初めてYoutubeにあがってると知る。

 

続いては友達の大家さんが

「komiがYoutubeに載ってる!!」と連絡をくれ

 

さらには翌日食堂に入ったら通りすがりざまに

お兄さんたちに「Japaun mos Wao nee~~!!!」と言われる。

 

さらにその翌日にも電気屋街で電気屋の店主に

「Ermera Wao!!」と話しかけられる。

 

そしてこのところティモール隊員から相次いで

「職場のみんながこみさんの動画見て爆笑してる」と

連絡をもらっています笑

 

正直このギャグの何が楽しいのかは分からないんですが

気がついたら2万再生を超えていました。

 

一応ティモールのみなさんもこの動画を好意的に見てくれているようで

それは良かったです。。(炎上とかしたら怖いので…)

 

ティモールの人口が120万人なので

国民の60人に1人がみてると思ったら結構すごくないですか!?

 

そんなお話でした。おしまい♬

 

これは同僚がアプリで遊んで出来上がったものです。

おじさんになった小御門はどこかしら兄に似ています笑


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年7月29日

Moris iha Timor🇹🇱30〜痛まないハートになってた話〜

私のハートは痛みません。

RNC時代、ガラスのハートと言われていた私ですが

もう、あの時の私はここにはいません。

 

 

Bondia~~~

Diak ka las~~??(元気ですかー?)

 

私は元気です。なんとか。

 

 

週末、かなり感情が左右に振れまくって

とてもとてもしんどい事がありました。

 

自分がディレクターをしている番組の収録があったんですが

ロケそのものが大変なわけじゃないんです。

 

「ロケにこぎつける」までが信じられないほどの重労働なんです。

ロケが無事始まる事。それはすなわち「奇跡」を表します。

同時に「任務完了!」を意味します。

それほどに、この国でロケをするのは大変なのです。

たった1日のことなのに、日本で24時間テレビを挟んで12連勤するより俄然疲れました。

 

時系列で話すと、

まず水曜日に、土曜日にロケをする事が決定。

クルーに声を掛けると「OK!! 土曜9時に現地集合ね!!」ともれなく答えます。

みんな割と乗り気です。

ティモールに来たばかりの私だったら

それで安心しきった事でしょう。

 

でも、私はもうそんな生ぬるい気持ちは捨てています。えぇ

それから毎日「土曜日覚えてる?」「9時だよ」と

しつこく、えぇそれはしつこく言い続けました。

 

機材だって、誰かに任せていたら必ず痛い目を見ます。

例(当日になって)「機材庫の鍵がないんだ。

誰かが鍵を持って行ってしまったから開かないんだ」

「カメラが壊れていて使えないんだ」

「メモリーカードがないんだ」

「上司が今日は使っちゃダメって言ったんだ(多分嘘)」

 

なので自分で手配をします。

今回は一眼レフを使いたかったのでその旨をカメラマンに相談したら

「○○がカメラを貸してくれるって言ってたよ!」と。

その○○に掛け合った所「今バッテリーが不具合起こしてて使えないんだ。

Canonのバッテリーだけ□□に借りてくれないか?」

その□□に掛け合った所「週末はカメラを使うから貸せないんだ。

××もCanonを使ってるから借りたらいいよ」

××に掛け合った所「以前△△(私の部署の人)に貸したら

部品を無くされたからもう貸したくないんだ」

 

まぁ…それはそうだよね。。やむなし!

… 八!方!塞がり!!!

 

この国で一眼レフを持っている人は限られています。

最後は聞き込みを頼りに上司に助けを求めました。

 

上司「OKOK!でも今親戚が使ってるから明日(金曜日)に持ってくるよ」

 

これまでの私ならここで安心しきった事でしょう。

でも、そんな生ぬるい気持ちはもうティモールの海に捨ててきた!!!

 

明日万が一持って来てくれなかったことを想定してリスクマネジメントも忘れず。

(私が日本から持って来たSONYの業務用カメラが最終保険)

 

そして来たる明日(ロケ前日)

上司「今日はちょっと持ってこれなかったから明日の朝(ロケ当日)8時半に

会社に持ってくるよ」

 

もう私はこの時点で「これは信じない方がいい」と思ってしまいました。悲しいかな

 

 

そして、ロケ前日の夕方さらなる悲劇に見舞われました。

『カメラマン手配OK

ドローン操縦者手配OK

演者男性手配OK

演者女性手配OK』

これでもかというくらい用意周到に外堀を固めたつもりでした。

 

するとたまたま周りの会話が耳に入って来ました。

「■■(演者男性)は明日から地方に行くらしいね!」

 

え・・・・・?

え??????????

耳を疑いました。

今朝まで「明日、覚えてるよ!ロケね!OKOK!」と言っていた彼は明日

首都には居ないんだそうな。

 

一瞬の怒り、そして一瞬だけ悲しみがよぎったけど

今までよりも早く「あぁ、やっぱり…どうせそんなことだろうと思った」

という諦めの気持ちがやって来て、すっと感情が無になりました。

多分心のどこかで最初から信じてなかったから。悲しいかな

 

奇跡を信じて「明日来られるよね?」とLINEをしてみました。

無理だとは分かってたけど、せめて一言自分の口から言って欲しかった

謝って欲しかった。

来られないことは責めないけど、せめて自分の口から言って欲しかった。

 

LINEにはすぐに既読がつきましたが、結局無視でした。

普段は優しい青年なんですが、どんな気持ちで私のLINEを無視したんでしょうか。

 

でも、そんな事にいちいち落ち込んでる暇はありません。

怒ってる暇も悲しんでる暇もありません。

だってロケまであと15時間。

とにかく代わりを探さないといけません。

 

演者のイメージは、ティモール人らしい雰囲気を持っていて

背が高くて若い人。社内にはあまりいません。

 

若干泣きそうになりながら心当たりのある人に

社内外問わず当たってみました。

なかなか見つからず途方にくれながら社内をとぼとぼ歩いていると

目の前にスラッと背の高いハンサムなティモール人が!!

報道の記者でした。

ダメもとで「明日ロケをするんだけど出演してほしい」とお願いすると

なんと、快く承諾してくれたんです!!!!!!!!

「マロマク!!!!!!!!!!!!!(神様)」

 

テンションが爆上がりでございます。

ありがとうアレックス。このご恩は一生忘れません。

アレックスのおかげでどうにかロケを行うことができそうです。

アレックス、アレックス…いや、アレックス様!!!!!!

 

さて、これでクルーと演者は揃いました。

でもまだ油断はできません。

 

そしてやはり、その夜思った通りの結果が私を待ち受けていました。

夜10時。スマホに上司から一通のメッセージが。

「親戚がカメラをまだ使っていて明日は持っていけない。ごめん」

 

あぁやっぱり…。

もう別に驚きもしなかったし悲しくもなかったです笑

 

そうして、不安をぬぐいされないまま迎えたロケ当日。

まず会社に寄ってSDカードを取ろうと思ったら

私の部署の部屋の鍵がどれか分からないと守衛さんが言い出し

何本か渡されたから全部試したけど開かず。

「多分誰かが持って帰っちゃった!」と言われ出鼻を挫かれる。

(これは完全に前日にSDカードを取っておかなかった私の責任だと諦める)

 

 

 

ここからが最大の山場です。

そう。

 

【果 た し て 皆 来 る の か】問題

 

9時を回りました。

さすがマロマクアレックス、9時過ぎには到着しています。

ドローン操縦者も定刻すぎにバイクで颯爽と到着!!

演者女性(日本人)と私も現地で無事彼らに合流。

(そもそも8時半に会社に私と演者女性を迎えに

車が来てくれると言っていたが定刻すぎて来なかったのはもうご愛嬌。)

 

が!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

カメラマンが

 

こ!!!!!な!!!!!!!!!!いぃ!!!!!!!!!!!!!

 

私が4回電話。

彼の仲良い同僚も数回電話。

上司も電話複数回。

アレックスも電話。

みんなから電話の嵐!!!

なのに出ない!!ジーーーーーーーーニョ!!!(カメラマンの名前)

 

ジーニョは朝が弱いらしい。

だいたい起きるのが10時らしい。

だから多分まだ寝てるって、アレックスたちが笑いながら言っていた。

 

こんな時日本人の私はとにかく焦る。

『クルーみんなを待たせてる、、これはディレクターの私の責任だ…

暑い中みんなごめんなさい。。土曜日なのにごめんなさい(T_T)』

 

でもティモール人は違うんです。

「寝てるんだよ〜きっとあと1、2時間もすれば来るから気長に待とう〜!!」

なんです。なんて優しいんだ。

 

日本だったらみんな怒るしイライラしちゃうだろうに

彼らは談笑しながらのんびり待っている。

これには救われた。

黙って約束を破ったり、いい加減な部分はあるけれど

こういう大らかな国民性がその根底にあって

それも含めてティモールなんだなぁと再認識。

 

それがティモールなんだって思えるようになったから

いちいち傷つかなくなったんだと思う。

(諦めと紙一重だけどよく言えば国民性を理解したということで)

 

最終的にアレックスがジーニョのお兄ちゃんに電話してくれて

起こしてくれたみたいです。笑

 

午前11時。定刻から遅れること2時間

ジーニョは同僚のバイクで颯爽と登場。

すっごい眩しい笑顔で。笑

 

憎めない。笑

 

紆余曲折ありましたが、ロケを無事スタートすることができましたとさ。

(この時点で仕事ほぼ完了)

 

ロケの記録は改めて更新します!!

 

 

左からアレックス

ジーニョを乗せてきた同僚

ジーニョ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年7月24日

Moris iha Timor🇹🇱29〜後輩隊員の任地に行った話〜

Bondia~~~~

 

先々週の土曜日、ティモール隊員で唯一島で活動する

後輩隊員(陶磁器隊員)の任地へ行ってきました〜。

ティモールで一番仲良しの同期で同い年、

そのみちゃんの誕生日をお祝いする日帰り旅行でした。

 

とりあえず

船が完全にフェス状態だった笑

 

 

 

 

島での暮らしはのどかで気持ち良さそうだったけど

如何せん買い物ができる所も限られていて(小さな商店のみ)

島内の移動手段もほぼなく

片道3時間の船は週に2本しかないという島なので

生活するにはかなり大変そう…

 

家といっても壁は簡易的なもので屋根と壁には隙間があったり

洗濯は洗濯板を使ってやっていたり

なんと活動先には山を歩いて2時間かけて行くしか方法がないそうです…

 

そんな中でも持ち前の明るさで

しっかりと活動を頑張っている後輩に元気をもらいました。

 

夜はJICAのドミトリーで

そのみちゃんのお祝い!!

 

 

 

そのみちゃんは元々航空会社のグランドスタッフをしていて

今は首都の公立学校でホスピタリティを専門に指導しています。

さすがグランドスタッフ歴が長いとあって

本当にいろんなことによく気がつくし面倒見はいいし、私とは大違い!!笑

 

そんなそのみちゃんと、今日は活動終わりで

東ティモール唯一の映画館でライオンキングを観てきます!!

(英語かインドネシア語、多分内容理解できない

でもいいんだ。インドで映画見たときもヒンドゥー語分からなかったけど

なんとなく雰囲気で楽しめたし)

 

活動もあと449日!引き続き頑張ります!!


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年7月22日

Moris iha Timor🇹🇱28〜何かが走り出したお話〜

Botardi〜〜〜〜

 

水風呂に耐えられなくなり給湯器を購入したものの

設置して蛇口を握ったら感電したっていう事案が発生しましたが、

現地駐在の日本人猫友さんが

エレクトリックのプロフェッショナルテクニシャンズを招集して

直しに来てくださいました!!

 

おかげさまでここに来てようやくお湯を使えるようになりました!!

これでもうシャワーが1日で一番憂鬱な時間ではなくなった…ホッ

 

さてさて、活動の方も順調に?走り出しております。

まず一つ目はJICAの番組始まります!!

一回につき隊員1名の活動や人となりを紹介する30分番組です。

これのプロデューサーとディレクターを担当します。

今はとりあえず台本書いたりロケハン行ったり

あとオープニングタイトル考えたり(来週撮影かな?)

エンディング考えたり(曲はブルーハーツかな笑)してます。

 

番組の名前はスタッフからアイデアを募りました。

私としては「こんなところに日本人」(他局ですみません)的な

ちょっとキャッチーなのを欲していたのですが

(例えばマツコ会議とか月曜から夜ふかしとか有吉反省会とか

古いところでいうとマジカル頭悩パワーとか

キャッチーなタイトルって日本では普通じゃないですか)

そこは価値観の違いか、

ティモールではそういうタイトルは「内容がよく分からない」という

理由を筆頭に全くいいと思われないみたいなんです。

ものっすごく直球のタイトルが好きらしいです。

だからアイデアとして出てきたのは

「Japaun iha Timor」(ティモールにいる日本人)

「JICA iha Timor」(東ティモールにいるJICA)

「Atividade voluntariu JICA」(JICAボランティアの活動)

とかめっちゃ直球のばっかりでした笑

 

最終的に粘って絞り出してもらった

「Habelun ho Japaun」(make friends with Japanの意味)

に決まりました!!これは結構好き♡

ちなみにそのまま「ハベルン ホ ジャパウン」と読みます。

 

今はオープニング映像の作成に取り掛かってるところなんですが

優秀な編集マンが居るのでその辺は結構安心してます。

 

私のへったくそな絵コンテを

超イメージ通りに書き直してくれた

エディターのジーニョくん。

 

 

 

ジーニョくんの口癖は「えーっと」「はい!」(前任が教えたらしい)

テトゥン語の会話に結構挟んできます笑 可愛い。

 

そんなわけで、小御門、病欠明けで早速走り出したんですが

首都から8時間のティモール1の絶景ポイントへ行ったり

後輩隊員がいる島へ遊びに行ったり

友達の誕生日を祝ったり新隊員を歓迎したり

とにかく毎日予定を詰め込みまくっていたら風邪をひいてしまいました…反省。

 

今日は活動終わりでJICA東ティモール所長主催の勉強会に参加してきます!!

活動終了まであと451日!!明日からも頑張ります!!

 

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年7月11日

Moris iha Timor🇹🇱27〜ご報告と活動再開したお話〜

Botardi!!

ご無沙汰しております。

えぇ本当に。

実は病気(良性の嚢腫と筋腫)が見つかり(日本だったら経過観察で済むくらいの軽いもの)

手術などのために先月末まで活動をお休みしておりました。

重度の貧血も加わり、活動休止直前は正直記憶にないくらい毎日疲れていました。

 

全て直して、先月末ようやく帰任の許可が下りたため

無事に職場に戻ってくることができました!!嬉しい!嬉しすぎる!!

 

一時は帰任が難しく任期短縮の可能性も浮上し、結構毎日泣いて落ち込んでいました。

「2年間やり遂げたかった」

「みんなに盛大に見送ってもらったのに、不甲斐ない」

そんな気持ちとこの先の不安に押しつぶされそうでした。

 

それでも「絶対帰任できるから!大丈夫!待ってるから!!」と励まし続けてくれた協力隊の仲間たち、

JICA四国の皆さんやOB,OGの皆さん、

訓練所時代のスタッフさん、落ち込んだ私を励ましとにかく楽しませてくれた友達や後輩。

私の病気についてお知恵を貸してくださったJICAの先輩、健康管理員の皆さん、

最短で完治するためのプランを立ててくださった主治医や看護師さん。

 

そして、私の帰任を泣きながら喜んでくれた母、父。

みんなの温かい温かい気持ちに支えられ、今こうして帰任が叶いました。

本当に本当にありがとう。

 

私は大病もしたことがなく、2年間元気に活動を全うするなんて

当然のことだと思っていただけに活動休止はショックでしたが、

活動をお休みしたことで触れられた温もりもたくさんありました。

これまで新卒で働き続けること9年。

人生を立ち止まって振り返って、改めて今があることに感謝する貴重な時間となりました。

 

ということで、病気のせいで疲れやすかった体が良くなり

絶好調の小御門です。えぇ。それはもう。

 

今日からまた活動ブログ再開です!!

お付き合いください♬

 

帰任が決まり、久々海へ♡

同期、同い年のそのみちゃんと。

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年3月8日

Moris iha Timor🇹🇱26〜涙が出るほど嬉しかった話〜

Botardi~~~

今日は朝から生放送・KOICA(韓国にあるJICAのような組織)&国連関係の番組収録と

慌ただしく一日が過ぎて行きました。

いつもお昼休憩は2時間以上なのに今日は1時間ちょっと…

くぅぅぅぅーーーーーお昼寝ができなかった

 

さて、本題。

先週はパソコンが使えず何も作業が出来ないし気分も浮かないし

自暴自棄だったという話を前回しましたが、

実はそんな中で涙が出るほど嬉しかったことがあるんですよ。

いや、実は泣きました。

 

現在番組の企画書を3つ出していて

(決まれは週一ペースで継続放送の予定…できるかどうかは別として)

キーノートを使って作って部長と局長にプレゼンなんですが、

自分のイメージするものを、アイディアを、想いを

目一杯詰め込………

 

 

 

めない!!!!!!!!!!!!!!!!!!( ̄□ ̄;)

 

何故なら自分の思ってる事を明確にテトゥン語に出来ない事に加え

テトゥン語は単語数が少なく極めて表情に乏しいから。

例えば、「悲しい」「寂しい」「辛い」は全部「triste」だし

「嬉しい」とか「楽しい」とか「喜ぶ」とか「ワクワクする」とか

全部「kontente」だし

「作る」も「する」も「halo」だし

子どもが工作をする教育番組を企画してたんだけど

「工作」っていう概念と単語があるのかも分からず

「ものを作る」っていう直訳になって

いや、「もの」じゃざっくりしすぎだから…

多分これじゃあ上司も「?????」だろうな

じゃあ「おもちゃ」??いや、工作は「おもちゃ」とは違う気もするし…

「halo」「kontente」連発の企画書笑

 

 

←こんな感じで

いくつか作ってました

 

 

 

 

「やりがいがある」「ティモールの将来は子どもたちにかかっている」

なんて言葉もテトゥン語でうまく表現できないし

想いとは裏腹に中身が薄っぺらい企画書笑

絵コンテを書いてみたが、画力のなさから悲惨なものに笑

「これじゃ伝らないだろうな…

それに同僚たちのやる気は地の底だし、新番組なんて興味ないどころか

仕事が増えるとさえ思っているだろうな」と

しょんぼりコーヒーを飲んでいたわたし。

 

 

そんな時、たまにおしゃべりする仕事にも人にもクールな同僚がやってきた。

「こみ、何してるんだ?」

私は企画書を書いてる事を話した。

「どんな番組だ?コンセプトは?内容は?」

彼はとても熱心に聞いてくれた。

そして私に企画書を持ってくるように言うと

「気持ちとやりたい事は分かったけど

これじゃぁ上司に理解してもらうのに時間がかかりすぎる。」

そういって、何枚もあるキーノートを一行ずつ、一枚ずつ

丁寧に私の考えを聴きながら添削してくれたのだ。

それだけで充分嬉しかった。

みんなに頼むと仕事を増やして迷惑になってしまうだろうからと

一人でやろうとしていたけれど、

手を差し伸べてくれる人がいた。

そして彼は「一番うまく伝えるために

この番組のパイロット版(ショートバージョン)を実際に作ろう!

アナウンサー役はジャーナに頼もう。

俺が編集をするからこみがディレクションをして!」と言ってくれた。

 

「そんなこと言ってもその一瞬のやる気はティモール人特有の気まぐれで

明日になったら忘れてるしめんどくさくなってるはず(これまでの経験から笑)」

なんて思ってしまった私。

期待すると外れた時に辛いので期待はしないようにしている私。

 

でも!!でも!!!!!翌日も彼は忘れていなかった。

その翌々日も…

手際よく撮影と編集にかかり、あっという間にパイロット版が完成。

硬く握手を交わし、完成を喜びました。

 

 

 

もう言葉も分からないことが多すぎて理解できないし、

みんなのやる気の無さに正直お手上げし、気持ちが荒みかけていたけれど

嬉しくて嬉しくて、涙が出てきてしまった。

 

「一人でやらなきゃと思ってたから、すごく嬉しい

4ヶ月経つのに言葉も全然上達しないし、心細いし辛かったから

すごくすごく嬉しい。感謝の気持ちを伝えたいけど、

なんと言っていいか分からない」と伝えると

 

「今こみはティモール人である俺たちの方に一生懸命歩いて来ようとしている。

一度こけても立ち上がればいい。そしてまた歩けばいい。

まだ一歩を踏み出したばかりじゃないか。

俺たちはいつでもこみを助けるし、待ってるから

ゆっくりゆっくりでいいから歩いていこう」と!!

(しかもジェスチャーつきで)

 

参ってる時にこんな事を言われて人が泣かないはずがない。

私には彼が一瞬神様に見えた笑

言ってみればちょっとクサいこんなフレーズに涙すると思わなかった。

そして思った事は

「困った時は頼ればいいじゃないか。

だって私日本人だし分からなくても当然なんだから」

 

ビビらずに、もっともっと自分の想いを、

話してみようと思った出来事でした。

パソコン壊れたとかあったけどプラスマイナスでプラスです!!

人生ってよくできてるね!!

 

ちなみに、上司の反応はかなり良く実現に向けて動き出してる感じです。

どうか白紙になりませんようにと祈る毎日です(この国ならありえる)

 

 

 

 

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年3月5日

Moris iha Timor🇹🇱25〜何もしてない先週の話〜

Bondia~~~~

先週は活動に挫折し、疲れ、ただただ自分を甘やかし→これではダメだと落ち込み

一方でパソコンに不具合が生じ、

「もうアップルストアに行きたい」と思えどアップルストアはなく

ICTの部署の人たちが一週間掛けても直らず、

途方に暮れて自暴自棄になっていました。

 

ようやく昨日直りました。

ICTの部署の人たちが総出であの手この手で復活させてくれました。

データは何とか外付けに移すことができ無事でした。

色々浮かない事ばかり、悶々とする毎日だった…

と綴りましたが、いいこともありました!!

帳尻合わせのようにめっちゃいいこともありました!!

 

続きはまた♫

 写真は家からの見晴らし

休日ビールを飲みながらのんびりしてると本当に気持ちがいい!


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年2月20日

Moris iha Timor🇹🇱24〜ニュアンス伝わらない問題〜

Bondia~~~~~

今日は、ティモール人と会話しててたまにある

「ニュアンス伝わらない問題」について。

 

週末、たまたまお店で数人でコーヒーを飲んでる同僚に遭遇したので

「おー!偶然だね!何してるの?」って聞いたら

「コーヒー飲んでる!」って言われた。

 

それは見たら分かる。笑

 

ここで数人集まって何してるの?って聞きたかったのだけど…

これは私の感覚がおかしいのか?

ということにするとしても

 

この間は収録に軽食(クルという野菜を揚げたもの)が出て来て

美味しかったから

「誰が揚げたの?」って聞いたら

「ema!(人っていう意味のテトゥン語)」って言われた。笑

 

お、、、おう。

誰も人以外が揚げたとは思っていないよ…

 

言葉の壁なのか、

はたまた日本人がハイコンテクスト文化に染まりすぎなのか!?

 

たまにこういう事があって困惑する。

そんなお話でした。

 

ちなみにこれがクル。

切るとタケノコのような見た目だけど味は芋系

美味しいです。


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年2月19日

Moris iha Timor🇹🇱23〜鼻くそ爆弾をくらった話〜

Botardi!!

いかがお過ごしですか??

私は3日前に誕生日を迎え、

気持ちも新たに活動に臨んでいるところです!

さて、タイトルですが先日のことです。

要は歩いていたら卵売りの少年に鼻くそ爆弾をピッと飛ばされ

見事首に命中(付着)という話です。

この国を歩いていると「シナ!シナ!(中国人)」と言われる事が多く

「チンチャンチョン!」と茶化されることもしょっちゅうです。

これはいわゆるアジア人に対する差別用語で

こういった問題についてここで話すことは控えますが

とにかく、一日何回も右から左から

「チンチャンチョン!」「シナシナ!!」とか「アンニョハセヨ〜」が

飛んで来ます笑

正直50回に一回くらいしか「ジャパン」って言われません。

(多分この国に日本人が少ないから)

まあそれは慣れたしいいんですが

鼻くそ爆弾はまいった。

通りすがりざまに笑いながら小学校中学年くらいの子が

飛ばして来たんですよ。驚いた私を見てケラケラ笑ってます。

 

なんかもう、道歩いて急におどかして来て

驚いた私を見て爆笑してくる大人もたまにいるし、悲しい。

 

私も子どもと言えど初めて見知らぬ人に怒りました。

「これは人としてやったらあかん!!」

咄嗟に出て来たのはやっぱり日本語でした。

まぁその少年、怒った私を見て笑って逃げて行きましたけど…

 

なんだかモヤモヤしません?

多分だけど、私が外国人だからされたと思う(違うかもしれないけど)

仲良くしたいのに、そのために来たのに。

なんやねん!ってなりました。

次見つけたらとっ捕まえて説教だー!!っていうのは嘘です。笑

はぁ… がんばろ。

 

ちなみに写真は、ティモールでテレビデビューした私です笑

同期の家でお泊まり女子会しているときに突然流れてびっくり!


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年2月14日

Moris iha Timor🇹🇱22〜尊敬する先輩と仕事した話

Bondia!!

ブログのタイトルにサブタイトルを加えてみました!!

今日はバレンタインという事で朝からみんな

「ハッピーバレンタイン♡」と言いながら

互いに両頬を合わせる挨拶をしています♫

 

さて話は変わりますが、最近JICAボランティアの活動の一環として

UNDP(国連開発計画)関係の番組制作に参加させてもらっています。

番組の名前は「LIAN FOINSAE」(若者たちの声)。

若者たちが東ティモールにおける様々なテーマで議論をする、と言う番組です。

この番組を作っているのが

私の勤める東ティモールの国営放送RTTLで

初代番組制作ボランティアとして活動した先輩です。

彼はかつて日本の制作会社に勤めていて

テレビ朝日の朝の番組でディレクターとして第一線で活躍したのち

青年海外協力隊へ参加。

その後、現在まで東ティモールでUNDPの番組作りに携わっています。

 

 

協力隊では3ヶ月に一回JICAへ報告書を提出するのですが

彼の報告書はとにかく熱い!!!!

彼が活動期間中に書いたものを読んだのですが

情熱がほとばしっていて

触っただけで火傷しそうなくらい熱い報告書でした笑

ディレクター業、カメラや音声など技術、

オープニングタイトルやセットも自分で考えて作ったりと

本当にかっこいい先輩です。

そんな先輩からお声がけいただき今回「LIAN FOINSAE」に

参加する運びとなりました。

 

昨日はこの番組の初収録!!

ロケ地はSUCO(村)のコミュニティセンターのような場所。

毎話ごとにSUCOを変えて収録します。

 

 

 

 

 

恐れ多くもジンバル(動きがスムーズでブレのない動画をとれる

カメラ用アクセサリ)に取り付けたカメラを担当させていただきました。

スタジオロングショットや

オープニングのカメラクレーンのように俯瞰からの映像を撮ったり…

ジンバルの扱いが難しかったですが

練習とイメトレをしっかりして収録に臨みました。

 

しかし実際の収録ではサイズを決めきれなかったり

カメラを動かした後最後がビシッと決まらなかったりと、

イメージ通りとはいきませんでした…が

次回はもっとバリエーションをつけていい絵を撮れたらと思います!!

 

先輩は来週中には編集し納品したいと話していましたが

日本人ひとりでテトゥン語を使って取材交渉やブリーフィング、

現場の仕切りなどをする事は並大抵の事ではない思います。

私もいつかあんな風になれるのかなぁ。

 

先輩に言われた事で私が活動の支えてしている言葉

『恥をかけ』

要するに「置きに行くな」という事。

わざわざここに来たからには、

恥をかく事を恐れて中途半端な活動はするなというメッセージです。

(日本だとこの歳では恥をかく事は避けて通りがちですが

こっちなら思い切ってできるに違いない!!)

 

こちらに来て、日本でアナウンサーとして仕事をしていた時には

経験する事のなかった沢山のことを経験する機会があります。

30歳になって今更「青年海外協力隊」って…遅すぎ??

なんて思ってましたが、

この歳だからこそ分かることや挑戦できるありがたみを感じたりと

良いことも沢山あります。

周りの多くの友達が結婚出産と人生の転機を迎える中

焦りを感じないと言えば嘘になりますが

目の前の事を楽しんでいけたらと思います。

「行き当りばったり」

それが私なので!!笑

こみかどんまい♡


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年2月13日

Moris iha Timor🇹🇱21

Bondia~~~~~~

東ティモールには(というか途上国にはなのかな?)

職場での報告・連絡・相談、いわゆる「ほう・れん・そう」が

皆無なのはこっちに来てすぐ分かったし

それを念頭に置いた上で活動を行っていたので

多少予定が狂おうが事前に言われていたことと違おうが

あまり気にしてませんでしたが

 

昨日、ちょっとそれはあんまりだぜ!!と思うことがありました。

 

配属されてこのかた

「今は予算が無くてロケにも出られない、新番組を作るなんて無理」

私は常々こう聞かされていました。

それでもいつか必ずと思って少しづつ番組の企画書を書いていました。

まずアイディアを出して日本語で書き起こして、

実現可能性を探っているところでした。

 

そんなとき急に。ほんと急に。

「新番組について明日部長と局長にプレゼンして。

明日しないと今年はもう番組作れないから」

って言われました。

 

「え????????????唐突すぎん??????」ってなりました。笑

 

全く聞いてない。何その情報。

 

日本語で書き起こしてはいるけど(2〜3案)

それを全て一晩でテトゥン語に訳してパワポを作って

テトゥン語でプレゼンできるようにするなんて途方もなさ過ぎる…

 

上司はどうして言ってくれなかったのだろう。

ここに来たからには何かを少しでも変えたいと思って

自分なりに考えて来たのだけれど

こんな形であっけなくチャンス逃しちゃう感じ??????

明日プレゼンしないと2019年いっぱいは作れないとか

そんなシステムなの?????!

 

言葉を選ばずに言うと、正直モチベーションゼロの同僚たち。

日々感じる温度差。

昨日の一件でちょっとやさぐれそうになった私は

まだまだあまちゃんなのだろう。

 

結局上司にお願いしたら少し待ってくれることになった。

(それも信じていいのか分からないってゆう笑)

 

 

写真は午後3時くらいのスタジオ


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年2月7日

Moris iha Timor🇹🇱20

Bondia~~~~~~

きょうも暑いです!!

さて、今更ではありますが、

RNCのホームページに載っているアナウンサープロフィール。

私のページは香川に住んでいた頃のプロフィールになっていたのですが

この度更新いたしまして最新のものになりました!!

あんまり変わっていませんが、よかったら覗いてみてください♪

 

話は変わりますが、きょうは久々のロケだったのに、だったのに!!!!!!!!

1時間以上遅れて現場(お店)に着くと

お店の人に「今から始めると店を開ける時間に間に合わないので…」と

言われ、本日ロケ中止。ロケが明日になりました。

 

 

 

 

 

いや、そうですよそりゃ。

先方さんは時間を作って待っててくださってるのに…

日本だったらありえない。信用問題。

そもそも現場に行ってもディレクターとアナウンサー来てないし。

どのみちロケできないじゃん。

一体どないなっとるのーーーーーーー(かどうかを確認しようとしても

言葉の壁と価値観の壁に邪魔されて結果納得のいく答えが得られない)

こののんびり具合が良いところでもあるんだろうけどなぁ。

 

そして帰って来て、この状態で機材をしまおうとする。

こういうことするからすぐ機材がダメになるんだってば。

 

 

 

 

ちょっとこうしたらいいだけじゃないのか(笑)

 

 

 

 

こっちの人たちゴミを車の窓からポイしたり

ペットボトルを川に投げたりとかもするけど

そういうのをしないようにして行くって難しいよね。

とっても地道だよね。

そう思ったら日本ってかなりすごい。いやすごすぎる

 

活動に対して、燃える気持ちに対して空回る虚しさに苛まれる毎日。

いかんかいん。今日は夜、ゆっくりビールを飲んでリセットしましょう!

 

Adeus!!!


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年2月6日

Moris iha Timor🇹🇱19

Botardi~~~~~!!!

昨日先輩に染めてもらいましたー!!

日本で会社員をしていると到底出来ない髪色ですが…

毛先の色を変えました!!

←服飾隊員の先輩宅にて

 

 

 

さて、先日3ヶ月に1度の新隊員到着日でした!!

私たちが2018年度2次隊で、去年の10月にティモール入りし、

初めての後輩がやって来ました!!

陶芸隊員や学芸員隊員など総勢6名が仲間入り。

これから1年9ヶ月を共に過ごす仲間達。わくわく。

ドミトリーでの歓迎会に続き

正式な歓迎パーティがありました。

 

 

私たちは幹事で、司会も担当させてもらいました♬

ティモールに来て3ヶ月。

そういえば、来た当初は毎日ワクワクドキドキと

緊張と刺激にまみれていたけれど

このところ良くも悪くも慣れきっちゃってたなぁと。

たった2年。なんなら後たったの1年9ヶ月。

(もう優に100日以上が経過している)

現職参加で背中を押してくれた会社。

帰りを待ってくれている仲間。

私の意思を尊重してチャレンジを何も言わずに受け入れてくれた家族、

只今冬毛祭り開催中で絶賛もふもふ中の最愛の猫。

みんなの顔を思い浮かべながら、

今日も一日頑張ります!!!!!

Ate logu♡

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年1月28日

Moris iha Timor🇹🇱18

Botardi♡

 

悲報と朗報!!

悲報はプライベートでダメージを受けることがあり、

日本だと解決することでもここでは解決できない問題で

ただただ心病んでいたのですが

朗報は、活動に進展がありそうなのです!!

というのも、番組制作に全くと言って乗り気でない仲間たち、

何を言っても「お金がないから」としかならないこの状況に

女神が降臨したのであるーーーーーーー!!!!

彼女は私の一つ歳下のディレクター(時々アナウンサー)で

産休明けでこの間帰って来て、私は今年になってから知り合いました。

彼女はこのテレビ局の現状を憂いていて

現行の番組と会社の組織をまずどうすればいいかと考えていて

お金がない中でもまずどうすれば現行の番組が良くなるのかを

私に一緒に考えて欲しいと伝えてくれたのです。

それはそれは嬉しかった。

暗闇にまさに一筋の光です。

この調子で真っ暗なトンネルを抜けられるといいな!!

山あり谷ありを楽しんでいきたいな〜〜〜〜!!

 

それから、話は変わりますが

大学時代の友人から結婚報告をもらいました!!

仲の良かった子で、私に司会も頼みたかったと言ってくれて

(会社の規則や帰国のタイミングにより司会と参加は難しいと思われますが)

本当におめでたい!!幸せのおすそ分けをありがとう!!

 

今日は、被服隊員の先輩に髪を染めてもらいます!!

気分転換^^リフレッシュして明日からがんばろー♡

Ate aban!!

 

 写真は、近所に生まれた猫!

いつも癒しをありがとう♡♡♡


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年1月24日

Moris iha Timor🇹🇱17

bondia~~~~~

 

今日も元気に7時出勤!!

外での生放送を終え会社に戻ろうとしたところ…

「こんにちは〜!!」と日本語が!!

 

偶然、旅行に来ていた日本人グループに遭遇しました!!

「な、なぜ東ティモールに旅行を…?

何にも無い国ですし、旅行先に選ぶ人はなかなかいないかと…」

と、真っ先に質問笑

 

実はメンバーの中に関西地方で市議をされていた方がおり、

その頃東ティモールへ送った中古の消防車が

今どのように活用されているのかを観に来たんだそうです!

 

(でも東ティモールでまだ消防車って観たことが無いなぁ)

 

明日観に行くそうなのですが、しっかりと活用されていると嬉しいですね♬

 

 

ところで何よりびっくりしたのはその方が

香川県琴平町ご出身ということ!!!!!!

多度津工業の卒業生で、18歳まで香川県にいらしたそうです。

 

 

RNCに所属していることを伝えると

「なつかしいな〜〜〜〜!!!」なんておっしゃっていて、

私もとってもほっこりした気持ちになりました♡

それから偶然にも他のメンバーの息子さんが

かつて協力隊でトンガへ派遣されていたそうで…

色んなところで繋がるもんだなぁと。

久しぶりに隊員以外の日本人と話して新鮮でした。

 

そしてその方々から白い恋人をいただきました!!

会社に持っていくとすぐさま無くなってしまいました。

ありがとうございました^^

 

Ate logu~~~♡

 

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2019年1月23日

Moris iha Timor🇹🇱16

Bondia~~~~~雨季!ウキウキ!!(ごめんなさい)

 

さて先日、2年間の任期を終え帰国を控えた先輩隊員の

活動報告会がありました。

帰国隊員は

・料理隊員

・体育隊員

・理学療法士隊員

・コミュニティ開発隊員(地域コミュニティの生活向上)

・農業隊員2人

 

言葉の分からない中、ゼロから人間関係を作り

壁にぶつかってぶつかって時には涙しながら活動を全うした6人の先輩たち。

表情は達成感と清々しさに溢れていました。

 

活動先にお金がない、ものがない、やる気がない…

そんな中で思考錯誤しながら任期を終えた先輩たちの活動報告からは

多くの学びがありました。

3日坊主になりがちですが、ちゃんと活動日記つけようって思いました…

私の活動ノート♡

ティモールの伝統的な布「タイス」が使われていて

木彫りのワニ(ティモールで神聖な生き物とされています!)がついています!!

 

 

 

報告会が終わった後は、送別会!!

若手の男子隊員たちによる「LOVEマシーン」や

1991年生まれの女子隊員たちによる可愛いダンス、

先輩自作の歌とダンスなどで盛大に送り出しました!!

(私は見てただけです)

 

 

 

 

 

 

たった3ヶ月間でしたがお世話になりました。

2年後自分もあんな風に送り出してもらえるよう頑張ります。

 

そして翌朝久しぶりに同期7人全員で集まりました♬

なんのためかと言いますと、

12月、1月生まれの男子2人の誕生日を

サプライズでお祝いする為です!!

 

それぞれ25歳と23歳になった可愛い弟たち(若っっ!!!!)

 

 

 

 

一人は大学時代途上国にボランティアに行ったことがきっかけで

新卒で協力隊に参加していて、

私が大学にいる頃はそんな選択肢一度も考えた事なかったなぁと。

彼ら若い男子たちの視野の広さや行動力に脱帽です。

まだケーキが準備できてないのに主賓がやってくるという

ハプニングはありましたが、喜んでくれて良かったです。

そして、久しぶりに同期全員が集まって(地方隊員はなかなか首都に来られないので)

色んな話をしてたくさん笑って、すごくいい時間を過ごすことができました。

訓練生活を共にした仲間と過ごす時間はやっぱり落ち着きます!!

 

 

 

 

 

 

とりあえず、今日から

市場調査用アンケート(視聴者からRTTLへの印象や要望などを吸い上げる)の

作成に入りたいと思います!!

千里の道も一歩から

esforus an!!

 

 

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る