2013年9月9日

24時間テレビ

先月24、25日に行われた24時間テレビ。

今年も無事夏の一大イベントを終えることができました。

みなさまの温かいご協力、本当にありがとうございました。

 私は今年も岸さんと高松本社で進行を担当したんですが

くみっきーさんはじめ様々なゲストの皆さんにお越しいただき、

雨にも関わらず大勢の方に足を運んでいただき

例年通りの盛り上がりとなりました。

 

3年ぶりにブースを出展してくださったチャリティー命名短歌の堤谷梗華さんには

私の命名短歌も作っていただき、それがとっても素敵な内容で感動しました。

3年前のこの番組で荻野が作ってもらっていたのを見て、

素敵!!!と思っていたので今回書いていただけて本当にうれしかったです☆

 

 

「様々な絵の具彩るごとき人生」                   

いろいろな色で人生を描く… 私の両親が想いを込めてつけてくれた名前を

こんな風に表現していただいて、

改めて自分の名前を愛おしく感じることができました。

大切にします!!

 

さて、24時間テレビの醍醐味といえば、24時間マラソンランナーの

ゴールの瞬間!!ですが、森三中の大島さんが武道館へ向う姿を

高松本社募金本部で応援ソングを歌いながらみんなで応援する

一体感も醍醐味です☆

番組内でのゴールはできませんでしたが、大島親方のガッツに

勇気をもらった人は多かったのではないでしょうか。

本当にお疲れ様でした!!これからもイッテQ観ます!

これからも大島親方にはたくさん笑わせてもらいたいと思います♪

そのほか、様々なコンテンツ、家に帰ってしっかりと録画を観て

たくさん泣きました。

生かされていることに感謝。家族や友人がいることに改めて感謝。

夏の終わりにまたいろいろなことを考えました。

 

善意の募金を寄せてくださった皆さま。

FAX、メッセージなどくださった皆さま。

高校生ボランティアの皆さん、

改めてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る